文芸/純文学 短編集 連載中

童話集

D

作者からの一言コメント

自作童話・説話の傑作選です

童話集の表紙

他の小説投稿サイトで、ランキング入りした自作童話や説話の短編集です。 『逆さの森と真っ直ぐな気持ち』 ……人が良いキツネは、群れでは失敗ばかり。 人を騙すことが仕事のキツネが、お人よしではなにもできません。 失敗ばかりで、おちこんでいたある日、彼女は逆さにかかる虹を見るのでした……。 逆さの虹に導かれて、彼女がたどり着いた場所は、変な動物ばかりが住む森でした。 悪戯好きなリス、臆病な熊、怒りっぽいアライグマ。 そして、キツネはひとつの感情が芽生えていく。 など収録。 ※小説家になろうさん・カクヨムさん、アルファポリスさんにも投稿しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 童話集
作者名 D
ジャンル 文芸/純文学
タグ ほのぼの シリアス 人外 日常 童話 ダーク
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年2月20日 16時27分
最終投稿日 2021年2月1日 20時44分
完結日 -
文字数 55,689文字
ブックマーク登録 74件
コメント 191件
スタンプ 1,028件
ビビッと 2件
応援ポイント 452,950pt
ノベラポイント 6,870pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 旋風のルスト ~逆境少女の傭兵ライフと、無頼英傑たちの西方国境戦記~

    気高き美少女傭兵のサクセスストーリー!

    1,045,200

    20,441


    2021年4月14日更新

    『私は家畜にはならない。たとえ飢えて痩せ衰えても、自らの意思で荒野を歩む狼の生き方を掴み取る!』 ■17歳の銀髪・碧眼の美少女ルストは重い病の母の治療費のために傭兵として懸命に働いていた。屈強な男たちと肩を並べて戦うが、女性としても小柄であり、実績も無く、名前も売れていないルストは傭兵として仕事を得るのも困難を極めていた。 だが、諦めない前向きな心を持つルストは、ついに未来へとつながる大きなチャンスを掴む。 『小隊長を任されたエルスト・ターナーです。よろしくお願い致します!』 ■そんなルストは、女の子故に腕っぷしや武力では屈強な男たちには敵わない。だが優れた洞察力と包容力と指導力、そして精霊科学『精術』を武器に困難な事態を次々に打ち破り、人々のために確かな明日へと繋がる未来を切り開いていく。 『みなさん! これは困難ではありません! 千載一遇のチャンスです!』 ■気高さに溢れた美少女傭兵が、精霊科学の残る悠久の大地フェンデリオル国で砂漠の大帝国と戦い、人々を幸せへと導く! 孤独な道を歩んでいた一人の少女が、傭兵となり救国の英雄となり、幸せの絆を取り戻すロマン溢れるサクセスストーリー! 《改稿/改善情報》────────────── 現在、特にありません ──────────────

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:28時間58分

    この作品を読む

  • 空き机の祥子さん

    五十嵐浜高校一年三組には伝説があった。

    379,601

    7,871


    2021年1月20日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

    読了目安時間:2時間19分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 習作千文字

    毎日書いて練習するのだ

    7,800

    0


    2021年4月14日更新

    毎日千文字の文章を書くだけ。でも毎日続ければ36万5千文字だ!

    読了目安時間:1時間58分

    この作品を読む

  • 蝴蝶ノ夢

    この世は所詮蝴蝶の夢でありんす。

    266,400

    7,405


    2021年4月14日更新

    いつ、誰が言い出したのかは定かでないが、人々の間で囁かれている噂が一つ。 曰く、この世のどこぞに人の一生を見通せる魔女がいるとか。 曰く、その魔女に分からない事はないのだとか。 曰く、その魔女の元へは強く望んだ者しか辿り着けないとか。 曰く、その魔女は誰をも虜にする絶世の美女だとか。 曰く、曰く…… * どの世界にも存在し、どの世界にも属さない狭間の異境ーー朧邸。 魔女が住むと言われているその邸に、ある日『少年』がヒトリ流れ着く。 邸の女主人と訪れる様々な客たち。出会いと別れを繰り返す中、記憶をなくした『少年』の選択は…… 「この世は所詮蝴蝶の夢。合うも不思議、合わぬも不思議。ただ何事もはかない夢の浮世でございんす」 *この作品は純文学×キャラ文芸。二人の人物の視点が三人称と一人称でそれぞれ語られる作風になっております。 *表紙はあさぎかな様にいただいたものです。

    読了目安時間:2時間32分

    この作品を読む