完結済 短編

黎明の遊戯

作者からの一言コメント

短編の暗号解きミステリーです。

デビュー作以降ヒット作もない売れない推理作家の相原雅臣の元に一通の手紙が届く。封筒にはUSBメモリが同封されていた。 女子大生、白戸愛莉と出会った雅臣は、彼女と共に手紙の謎を解いていく。 エブリスタでも掲載中。 超妄想コンテスト「手紙」優秀作品に選出。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 黎明の遊戯
作者名 七夜久遠
ジャンル ミステリー
タグ ミステリー 暗号 一人称視点 USBメモリ 手紙 推理作家と女子大生 短編 完結
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月29日 16時48分
最終投稿日 2019年11月29日 17時23分
文字数 8,990文字
ブックマーク登録 2件
コメント/スタンプ 6件
応援ポイント 2,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年7月11日更新

    私の兄、新藤マコトはグローバル企業の天才経営者だった。 コンビニに行くときに大型のトラックに轢かれるという、どこかのライトノベルのテンプレのような方法で短い生涯を終えた。だが、私は彼が天国で安らかに私たちを見守ってくれると信じている。 異世界転生? そんなのは飽き飽きだ。 いい加減、大人になろうよ。そんなものは存在しない。 トラックに轢かれようが、誰かに殺されようが、コンビニの帰りに突然異世界転生していたとか、あり得るわけがない。そんなのはフィクション、偽物、作り物なのである。 株主たちはカリスマ的経営者である兄を失ったことに嘆き、兄のファンたちはまるでジャ〇ーズが電撃結婚したかのように狂乱し、世界は大不況に慌てふためいていた。 それほど、兄の存在は偉大だったし、世界は兄に依存していた。 でも、それも一時だ。 私にとっては、最愛の兄を失った悲しみと、心の重荷は一生続く。 強くなるのよ、コトミ。 これから私はこの苦しみを背負いながら人生を歩んでいかなきゃ。 そう。 天使に私も道連れに殺されて、兄と一緒に異世界に転生し、異世界転生費用として膨大な借金を負うなんて展開、絶対に、絶対に、ぜっっっっっっっったいにないんだから。 ないよね? ないよね? もぐらさん?

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡376,150

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 梅雨晴れの夏、熾天使が僕に落ちて来た。

    ♡3,500

    〇0

    ミステリー・連載中・2話 氷口雪

    2020年7月12日更新

    『真理を探求するには、生涯に一度は全ての事について、出来る限り疑うべきである。』(デカルト著、哲学原理より) 僕の幼馴染、大路留徒(おおじ ると)はそんなデカルトの哲学の根本的思想が具現化した様な美少女だ。 つまり、異常に疑り深い厄介な性格なのである。 そんな面は普段は隠しているものの、彼女のフラストレーションが限界を迎えると、僕にそれをぶちまけるのだ。 僕は傍観者。彼女という天才の受け皿に過ぎない。 どうやら大路留徒は最近頻発しているらしい小さな紛失事件が気になるようで……って!外!外見て! 天使が自殺を図ろうとしてる!? 梅雨明けの季節、猛暑を間近に控えたその日、僕に天使が落ちて来た。 これは僕の日常が目紛しくその様相を変える天国と地獄の様な一日についての青春黙示録である。 ※字数制限の為、一部内容を修正する可能性があります。

  • 過去に書いた殺しの美学の改訂版

    ♡100

    〇0

    ミステリー・連載中・21話 村上未来

    2020年7月12日更新

    感情の無い園山美玲は、産まれて初めて興味の持てるものを見つけた。それは人を殺す事。絶対無二の美しさを持つ彼女は学習する為、様々な生物を殺し始める。そして… 皇伊織は神になりたかった。頭脳明晰な彼は神になりうる手段を模索していた。そして催眠術と出会った。不可能と言われる催眠術を使っての殺害を繰り返し続ける伊織は、美玲と出会う。 美玲と伊織が出会った瞬間、何かが起こった。 寝た切りの絶対的存在の父親に殺人を強要される少年 記憶を無くした美少女 愛する者を殺され心が壊れた少年 幾人もの普通とは異なる人種達のストーリーが、やがて1つになる 過去に書いた殺しの美学の改訂版です。内容が少し変わります。