現代/その他ファンタジー 長編 連載中

ダンジョン・ストリーマーズ

作者からの一言コメント

ダンジョン配信を通じた少年少女の三角物語

読了目安時間:27分

総エピソード数:3話

ダンジョン・ストリーマーズの表紙

 ダンジョン、それはある日突然出現したもの。平和だった街を一瞬で地獄に変えたそれは、地上からモンスターが一掃されると、未知の財宝が眠る金脈へと変貌した。とある者は億万長者になるために、とある者は家族が患う不治の病を治すために、ダンジョンに挑んでいった。  そんなダンジョン・ドリームが謳歌する中、藤代涼仁は目標を見失い、その波に乗ることを拒んでいた。しかし、夢もなく自堕落な日々を送っていた。それを見かねた姉、藤代穂乃香(配信時はカノン)が親友で涼仁の同級生である金澄舞(配信時はアイ)と共謀し、ダンジョン系配信者(ダンジョン・ストリーマー)をすることを宣言する。  ダンジョンへの興味がない涼仁なのだが、美少女二人がダンジョンに挑むのは心配でしかなく、渋々、指導員兼カメラマンを引き受ける。  この物語は、心に傷を負い目標を見失った少年が、彼女たちを見守ることで自分の在り方を見つめ直す物語である。 ※なお、舞がアイであることは速攻でバレているのだが、涼仁は気が付かない振りをしております。 事前事項 ・作者は気分やでこだわりが強く出るタイプなため、一度投稿してから度々、大幅改定することがしばしばあります。 あらかじめご了承ください。 ・一人称形式だと不都合があると感じたので、三人称に変更しました。 プロット・設定はこちらに記載 https://novelup.plus/story/427557642 Twitterや所属しているコミュニティで度々相談することがありますので、参考用にあげてあります。 近況報告 ・色々あって更新が遅れましたが、22年8月15日をもって連載を再開します。 ・表紙をkuri様に描いていただきました。

総エピソード数:3話

作品情報

作品名 ダンジョン・ストリーマーズ
作者名 虎井猫斗
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ アクション/バトル 男主人公 現代日本 ダンジョン ラブコメ 美少女 青春 冒険 配信者 三角関係 巨乳 R15 ブラコン
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年12月24日 8時00分
最終投稿日 2022年9月25日 18時30分
完結日 -
文字数 13,651文字
読了目安時間 27分
総エピソード数 3話
ブックマーク登録 13件
コメント 3件
スタンプ 21件
ビビッと 0件
応援ポイント 22,200pt
ノベラポイント 15pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 必要悪のトロイメライ

    machine headの続編(おまけ)

    186,000

    330


    2022年10月7日更新

    【※当作品はmachine headのおまけ的続編となっております。 凄くすばらしい本編を未読の方は、作品一覧へアクセスし、そちらを先にお読みください。】 『machine head』事件の終幕からおよそ2ヶ月が過ぎた。 特殊能力部隊S.W.A.L.O.W.の尽力もあり、傷ついた人々や街が少しずつ前に進み始めた頃、若者を中心にとある妙な噂が立ち始めた。 “とある場所に行けば、空想の存在に出会うことが出来る場合がある” 最初は馬鹿げたオカルト話かと思われていたが、その噂は徐々に現実味を帯び、そして、実際にトラブルが発生し始めて……。 表紙絵=三ツ葉きあ 様

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間57分

    この作品を読む

  • ブレザーと機関銃

    快☆感!となるかは不明

    7,800

    50


    2022年10月7日更新

    内部抗争の末生き残った少女が、家族の仇をとるために暴れる話。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:24分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 病印 忘却の花嫁

    怪異と戦う一人の少年の物語

    261,800

    79,530


    2022年10月4日更新

    第零部 ある日、霧崎=悠は夢を見た長い黒髪の幼き少女が悠に「遊ぼ」と声をかける。すると手の甲に時が刻まれ、それが零になると悠は「死」ぬと少女が言う。 その遊びの内容は怪異と戦うことだった… 霧崎悠は異能力「黒レコード」を使って怪異の謎を探り推理して怪異となった犯人の正体をみつけて戦う。 第一部

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:10時間40分

    この作品を読む

  • 第三のローマ ~ テルティウス=ローマ

    アンカラの戦いをめぐる物語

    64,500

    164


    2022年10月6日更新

    時は十五世紀初頭。西ヨーロッパ諸国は東のイスラーム教国であるオスマン帝国の圧迫を受けていた。防波堤であるビザンツ帝国は衰退はなだしく、その対応が求められていた。レコンキスタの途上にあってイベリア半島の雄でもある新興国カスティリヤ王国はさらに東から勃興しつつあったティムール帝国に目をつける。彼の国はかつてユーラシア大陸を席巻したモンゴルの末裔を称し、領土を拡大していた。さらにオスマン帝国の領土も狙い、両国は雌雄を決する対決に向かっていた。この状況を踏まえ、カスティリヤ王国はティムール帝国との同盟によりオスマン帝国の圧迫に対抗することを決意する。派遣された外交団を狙う刺客。その窮地を救う謎の集団。オスマン帝国の『稲妻』とも称されるスルタンバヤジットと、暁のごとき勢いで西に領土を拡大するティムールの対決。アンカラの戦いの中に埋もれた、忘れられた物語を、今綴ろう。

    読了目安時間:1時間6分

    この作品を読む