異世界ファンタジー 長編 完結済

読書キャンペーン開催中!

護衛士ハルトとふたりの姫様

作者からの一言コメント

守る。それが俺にできるただひとつのこと。

読了目安時間:20時間5分

総エピソード数:223話

護衛士、それは誰かを守る職業。 駆け出しの護衛士であるハルトは、ある出来事から王国のふたりの 姫様を護衛し国へ送り届ける使命を負った。 王国までの長い旅。 護衛士でありながら召喚士でもあるハルトは、「ヒトナキモノ」 と呼ばれる存在を召喚して立ちはだかる敵を倒しながら先へ進む。 その中で交わる様々な人間模様。 命を懸けて二人を守るハルト、そして姫達の想い。 不思議な魔法少女と出会い、そして導かれる自身の運命。 様々な人に出会い助けられながら、魔王や魔人といった絶対的力に抗うハルト。 そして発動する見たこともない自分の力。 知らされる本当の自分とは? ――守る。それが俺にできるただひとつのこと。 護衛士として大切な人を守ることに命を懸けるハルト。 これは壮大な愛を描いたハイファンタジー。 今、その幕が上がる。 ※王道ファンタジー好きな方オススメします!!

総エピソード数:223話

総エピソード数:223話

作品情報

作品名 護衛士ハルトとふたりの姫様
作者名 サイトウ純蒼
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 男主人公 魔王 護衛 召還 ツンデレ 魔法 ヒューマンドラマ ボクっ娘 ファンギルド小説
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年7月28日 7時28分
最終投稿日 2022年3月4日 19時09分
完結日 2022年3月4日 19時09分
文字数 602,574文字
読了目安時間 20時間5分
総エピソード数 223話
ブックマーク登録 14件
コメント 84件
スタンプ 152件
ビビッと 1件
応援ポイント 35,600pt
ノベラポイント 25pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • リューザの世界紀行

    少年リューザの旅物語

    1,400

    0


    2022年5月28日更新

    辺鄙な山中に位置する小さな湖畔の漁村、フエラ村。この村では何時も平穏な時間がゆったりと流れているのだった。 そんな村に住む少年リューザは、ある日のこと湖岸の洞窟で薄ら蒼く光を放つ不思議な金属の棒切れを見つける。その光に導かれるがままに進んでいった湖畔の深い森の先でリューザと幼馴染の少女ブレダが目にしたのは荘厳かつ神聖な佇まいをした神殿だった。二人は好奇心からその神殿へと侵入する。 そこで見つけたのは、不可解な文字列に奇妙な生き物を描いた絵画、挙句の果てに不気味に光る光源が現れる始末だ。 この先、何が二人を待ち受けているのか……。 お人好しな少年リューザと、我儘な村のお嬢様ブレダの不思議な冒険が今始まる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間11分

    この作品を読む

  • 虹の騎士団物語

    ちょこちょこ&ほのぼの進むファンタジー

    2,100

    0


    2022年5月28日更新

    昔々、神様は世界をひとつにできる架け橋、虹を作りました。 けれど、いつまで経っても世界から争いはなくなりません。 悲しんだ神様が流した涙が虹に落ちると、虹は砕け、空から消えました。 それから、虹が空に現れることはありませんでした。 でもある日、虹のカケラが、ある国の9人の少女の元にとどきます。 虹の騎士団と呼ばれた彼女たちが世界をひとつにしてくれる、最後の希望になった。そのときのお話です。

    読了目安時間:3時間12分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 最終決戦 壮大に何も始まらない

    頭の悪い勇者と頭が痛い魔王の最終決戦です

    204,600

    1,640


    2022年5月28日更新

    人類の希望、世界の希望を背に魔物に立ち向かう勇者。 全ての魔を統べる王――魔王。 長きに渡る人間と魔物の最終決戦が――壮大に、何も始まらない! 何故なら勇者のパーティ、何か変だから!

    読了目安時間:2時間43分

    この作品を読む

  • 遺書と言って渡されたのはライトノベルでした。

    小説投稿サイトを舞台に繰り広げられる物語

    46,200

    4


    2022年5月28日更新

    葬儀はしめやかに行われた。 友人は余り多く無かった様で、 本人も家族もそれほど信心深い方では無かったのか 家族葬という形で静かに行われた。 私はその死をとても受け入れられずにいた。 ・・・ それから暫くして家にある男が焼香に現れた。 そして一束の小説原稿を私の前に差し出した。 その男は言った。 「これは彼女の遺書です」 それはライトノベルだった。 私は何をふざけているんだと憤った。 そして男を睨みつける。 すると男は真剣な顔で言う。 「そして彼女の生きた証です」 その真剣過ぎる姿に私は怒る気も失せた・・・。 ************** 小説投稿サイトを舞台に、とある女性の死を中心に そして一つのライトノベルによって伝えられる想いから 繰り広げられる物語。 *************** ※このお話はフィクションです。 大事な事なので2回言います。このお話はフィクションです! 追記: 私の作品リストに掲示板用の作品を作成しました。こちらにコメントし難い場合はそちらをご利用下さい。 ※ライトノベルの定義について:明確な定義はないそうですが、 本作に置いては『軽い文体でわかりやすく書いた小説』とさせてください。

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む