異世界ファンタジー 長編 連載中

異世界SNS

作者からの一言コメント

魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

異世界SNSの表紙

異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 ※〈第1回ノベルアップ+小説大賞〉に応募しているこちらの作品もぜひ! 『伝説の勇者ポイントカード』 https://novelup.plus/story/261249263 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

前へ

次へ

前へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 異世界SNS
作者名 ぽてゆき
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ほのぼの 魔王 日常 勇者 群像劇 コメディ 魔法 魔物 モンスター 届け、言葉の力PJ
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年5月30日 22時54分
最終投稿日 2021年4月14日 9時07分
完結日 -
文字数 1,013,900文字
ブックマーク登録 188件
コメント 98件
スタンプ 2,353件
ビビッと 225件
応援ポイント 1,013,176pt
ノベラポイント 15,845pt
応援レビュー 5件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • オートマティズモ〜社会主義国家日本で召喚獣が思想バトルする話〜

    初連載。テンションMAXでゆきます。

    4,000

    0


    2020年12月4日更新

    架空の歴史を辿る異世界日本。 第二革命は社会主義国家「共産党バレー」を生み出し、「ザ・パルタイ」による独裁が続いていた。 人民たちは様々な制約の中、退廃と繁栄をつづけている。 今、2020年。 首都トキオグラードで原因不明の怪奇事件が相次いで勃発した。 人民が怪物へと変貌し、暴れ回った末に、外傷のない精神の自殺を遂げる。 ーーいつしか「ツァイトガイスト現象」と呼ばれ始めたこれらの事件は、人民と政府を震え上がらせていた。 そんな中、ポポル、ダフ、メビウスの3人は動画配信サイトで覆面バンド「オートマティズモ」としての活動を始めるようになる。 実はその裏の顔は「ツァイトガイスト現象」を解決する悪霊ハンターであった。 禁じられた思想家たちが姿を変えた「思想獣」を召喚し、「ツァイトガイスト」と闘う。 「思想カッター!」「思想ビーム!」 オートマティズモの3人は、トキオグラードを巡礼しながら、新たな音楽、新たな思想獣を手にし、成長してゆく。

    読了目安時間:3時間31分

    この作品を読む

  • 空き机の祥子さん

    五十嵐浜高校一年三組には伝説があった。

    379,001

    7,861


    2021年1月20日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

    読了目安時間:2時間19分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 叛逆ノ猫神

    ──これは干支ならざる神の復讐劇。

    9,300

    100


    2021年4月14日更新

    時は古。最古の二柱、人神と魔神が誕生した。 それから数千年が経過した頃、世界は神によって四つに分断される。 神界、精霊界、自然界、地国の四つに。 神界では神格を与えるための選別――干支競争が始まった。多くの生物がこぞって参加し、裏切りと蹴落とし合いの末に勝利したのは十二の生物、通称十二支。彼らは神としての力とそれを象徴する【神刀】を授けられた。 それからまた時が経過して、新たな争いが起こる。 争いに負け、自然界に堕とされた十三番目の神、猫神の猫雅(びょうが)は神を断罪するために立ち上がる。 ――俺の絶望がお前の力を喰い破る!! 新たな神話、ここに誕生。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む

  • ウィッチ・ザ・ヘイト!

    魔法って良い事ばかりじゃない

    161,300

    690


    2021年4月14日更新

    「親父! 俺、冒険にでたい!」 「は? 無理だろ常識的に考えて」 冒険者に憧れる少年タクトは冒険に出たかった。しかし世界の常識が邪魔をする。“男は”冒険者になれない……魔法が使えないからだ。女だけが魔法を使える。それが十五年生きて知った常識だった。 ある時、夢を否定され意気消沈するタクトの前に一人の老婆が現れる。老婆は自分の事を“魔女”と言った。 「お前さんに魔法を使わせてやろう」 魔女の言葉にタクトは半信半疑だったが、村に帰った時それは確信に変わった。 「お前はもう息子ではない! 今すぐ村を出て行け!」 村の全員が豹変し両親でさえタクトを憎み、侮蔑する。魔女から与えられた力は普通の魔法ではなかったのだ。『敵視《ヘイト》を自身に向ける魔法』。使えば周りは敵だらけになる。 両親から憎まれ、村を追放されたタクトは一人決意する。「最強の魔術師になって、馬鹿にしてきた奴らを見返してやるッ!」 これは、与えられた特異な魔法を武器に、世界でたった一人の“男の魔術師”を目指した少年の物語。 *二章完結しました *三章執筆中 *ハーレム展開は三章から

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:8時間55分

    この作品を読む