SF 長編 完結済

フェリシアン・シンドローム

作者からの一言コメント

欲望の果て、人はどこへ行き着くのだろう…

読了目安時間:7時間0分

総エピソード数:135話

警察官だった兄が不審な死を遂げた。死因は薬物の過剰摂取による中毒からくるもの。 あまりに突然のことに茫然とした日々を送る群司は、次第にその死因に不審の念をおぼえはじめる。 そんなあるとき、大学の同級生たちから偶然耳にした噂。 人間のありとあらゆる欲望を叶える魔法の薬―― 兄の死に疑問を抱いた群司は、独自にその噂について調べるうち、ある製薬会社の存在へとたどり着く。そして浮かび上がる疑念。 兄は、違法薬物を巡る事件に巻きこまれて殺されたのではないか。 真相を探るため、研究アシスタントとして会社に潜りこんだ群司は、そこでひとりの研究員と出会う。一見したところ、地味で目立たない存在である早乙女という名のその男は、会社役員に名を連ねる社長令嬢に目をかけられ、社内でもごく一部の人間しか知らない極秘プロジェクトのメンバーに選ばれていた。 異なる部署の学生アルバイトに過ぎない郡司を、出会った当初から目の敵にする早乙女。 だがその素顔は桁外れの美貌の持ち主で、人知れず、兄の墓前にも参っていた。 社内での立場を次第に確立していった郡司は、翌春からの新卒採用枠での内定が決まり、評判を聞きつけた社長令嬢によって極秘プロジェクトのメンバーにも抜擢される。 しかし、なにもかもが順調に見えるその裏で、世間では特権階級の者たちによって引き起こされる凶悪事件が急増していた。 魔法の薬の正体とはいったいなんなのか。 亡くなった兄と早乙女の関係は。 人類にいま、なにが起ころうとしているのか。 着実に事件の真相へと近づいていく中、郡司はやがて、人類社会を揺るがす陰謀へと巻きこまれていく―― BOYSFAN: BLコミック原作小説コンテスト「バディ」

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

作品情報

作品名 フェリシアン・シンドローム
作者名 九條 連
ジャンル SF
タグ BL シリアス ダーク 男主人公 現代日本 近未来 ドラッグ 遺伝子改良 マトリ 大学生 年下攻め BOYSFANコン
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2021年10月3日 22時25分
最終投稿日 2021年11月27日 21時10分
完結日 2021年11月27日 21時10分
文字数 209,783文字
読了目安時間 7時間0分
総エピソード数 135話
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 46件
ビビッと 7件
応援ポイント 40,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 絶対温度マイナス99°

    魔法と物理現象について真剣に考えました

    500

    0


    2021年11月30日更新

    「魔法はエネルギー保存則を破れない」その制約に挑戦する者たちの物語 温暖化の暴走した近未来、核融合は未だ実用化できておらず、人類の手には役に立たない魔法しかなかった。 海水面は上昇し防潮堤でかろうじて防いでいた。極地では陸氷の融解も極限に達し荷重が減った大陸の上昇による地震や、巨大陸氷の落下による津波が危惧されていた。海面が上昇している今、些細な津波も壊滅的被害を与えうる。 嵐は大型化し、災害対策のためにエネルギー消費は増加していた。不安定な天候は大規模な再生可能エネルギー導入の障害となっていた。そして、希望の核融合はまだ実用化できていなかった。 エネルギー保存則を破れない魔法の制約を破ることで、人類の危機に対処しようとする者たちの物語です。 少し未来の話になります。この世界は現実の日本と少し違い、20世紀初頭から分岐しています。本編には出てきませんが、社会としては現実の日本と魔法の存在以外はほとんど違いがない世界になっています。 お約束のお断り。 この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

    読了目安時間:3時間21分

    この作品を読む

  • レジェンド・オブ・ダーク遼州司法局異聞 

    アラサー女子上司達に鍛えられる物語

    539,635

    1,931


    2021年11月30日更新

    感想コメントで『キャラ多すぎで覚えらんねえ』と言うことで減らして『特殊装甲隊 ダグフェロン『廃帝と永遠の世紀末』 甲武の闇』となりました ほとんど事件の内容は同じですが、キャラは覚えやすいよう『濃く』しました ギャグも増えました 地球人類が初めて地球外人類と出会った辺境惑星『遼州』の連合国家群『遼州同盟』。 その有力国のひとつ東和共和国に住むごく普通の大学生だった神前誠(しんぜんまこと)。彼は就職先に困り、母親の剣道場の師範代である嵯峨惟基を頼り軍に人型兵器『アサルト・モジュール』のパイロットの幹部候補生という待遇でなんとか入ることができた。 しかし、基礎訓練を終え、士官候補生として配属されたその嵯峨惟基が部隊長を務める部隊『遼州同盟司法局実働部隊』は巨大工場の中に仮住まいをする肩身の狭い状況の部隊だった。 さらに追い打ちをかけるのは個性的な同僚達。 直属の上司はガラは悪いが家柄が良いサイボーグ西園寺かなめと無口でぶっきらぼうな人造人間のカウラ・ベルガーの二人の女性士官。 他にもオタク趣味で意気投合するがどこか食えない女性人造人間の艦長代理アイシャ・クラウゼ、小さな元気っ子野生農業少女ナンバルゲニア・シャムラード、マイペースで人の話を聞かないサイボーグ吉田俊平、声と態度がでかい幼女にしか見えない指揮官クバルカ・ランなど個性の塊のような面々に振り回される誠。 しかも人に振り回されるばかりと思いきや自分に自分でも自覚のない不思議な力、「法術」が眠っていた。 考えがまとまらないまま初めての宇宙空間での演習に出るが、そして時を同じくして同盟の存在を揺るがしかねない同盟加盟国『胡州帝国』の国権軍権拡大を主張する独自行動派によるクーデターが画策されいるという報が届く。 誠は法術師専用アサルト・モジュール『05式乙型』を駆り戦場で何を見ることになるのか?そして彼の昇進はありうるのか? 表紙絵 ぶぶききさん

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間23分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードーTachyon Swordー

    剣と銃、幻想と科学が織り恋愛ファンタジー

    455,750

    1,900


    2021年7月27日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。 【第二部以降の続編も追加し、一作品として連載再開しました】

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間34分

    この作品を読む

  • 国立大学法人東京魔術大学 ─血継魔術科─

    魔術師と言えど、大学生は阿呆である。

    80,100

    10


    2021年11月30日更新

    「人類が魔術という異能を得て幾星霜。──未だに二日酔いは克服できていない」 伊庭八代はパトカーの中で全裸でそう呟いた。 魔術が一般に普及した現代。 科学が発展すると共に少しずつ魔術が衰退している世界で 日本の魔術学校の最高峰、国立大学法人東京魔術大学【血継魔術科】では今日も問題が発生していた。 生徒が逮捕されるわ。テロは起きて最前線に駆り出されるわの慌ただしい日々。 この物語は、そんなたった七人しかいない血継魔術科の怠惰な日常と栄光の日々を描いた物語である。 表紙画像は相内充希(@AiuchiMituki)様から頂いたものです。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間10分

    この作品を読む