現代/青春ドラマ 短編 完結済

swim creator

作者からの一言コメント

コンテスト用です。

憧れの兄を亡くした葵。 葵は、その背中を追うように兄の水泳選手としての夢も一緒に追う。少しでも兄に近づきたくひたむきに頑張るが、中々、成果を上げられない葵は仲間からのある一言で全てを捨てることに。 そして、高校二年の夏――葵は、とある女子高校生と出会い、自分の本当の〝夢〟を思い出すのだった。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 swim creator
作者名 癒月
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ AMG夢コン
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月31日 13時33分
最終投稿日 2020年8月31日 13時34分
完結日 2020年8月31日 13時34分
文字数 1,519文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私がロボって言うのは秘密です。そう言う設定にしなさいって博士が言ってた。

    ロボ百合

    26,700

    0


    2021年4月19日更新

    魔法(呪文)を唱える『天然系美少女アンドロイド』に振り回される女子高生のちょっぴりエッチで愉快な物語 お嬢様キャラが崩壊していく『あかね』と、自由奔放な天然キャラのロボ『みかん』のダブルヒロインでお送りするちょっぴりエッチな学園ロボットSFコメディ!!(って言う設定にしておけって、博士が言ってた) ~あらすじ~ 胡桃沢(くるみざわ)あかね16歳。 東京都内でもトップクラスの慶蘭(けいらん)女子高校1年生。 成績優秀、品行方正、スポーツ万能と非の打ち所のない美少女だけれど、あくまでもこれは表の顔。 本性は乙女ゲーム、アニメ好き、中でもBLが大好きな『腐女子』だ。もちろん、これは自分だけの秘密で、友達、家族には絶対にバレてはならない。 そんなある日、突然あかねの前に『自分はロボだ』と言う女の子が現れた。 子供の居ない家庭にロボを提供するビジネスを開始することに向けての試作品であると言う。あかねと一緒に暮らして、人間の女の子のデータを取得する目的だと言う。 画:空想代理人達のアトリエ/松本烈〈わい〉様、嶋田美由様

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間42分

    この作品を読む

  • すべて世はこともなし

    大学生の妖怪日常ファンタジーです。

    38,200

    0


    2021年1月15日更新

    妖が人と共存している世界。 そこで妖怪学を学ぶ学生たちの日常を描く。 未熟ながらも元気溌剌なカガリ。 高い技量を持つがひねくれ者のアシヤ。 二人の出会いによって、物語は大きく動き出す。 人と妖との縁、業、思惑が複雑に絡み合い、 奇妙な紋様を作り出していく。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間25分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お茶を飲みながら ー季節の風にのってー

    様々な出会いを通し、主人公の成長を描きま

    28,500

    21


    2021年4月21日更新

    les quatre saisons フランス語で 『四季』 と言う意味の紅茶専門のカフェを舞台としたお話です。 主人公茉莉香は、ふとしたきっかけで、ここでアルバイトをすることになり、いろいろな人に出会います。 全編を通して、美味しい紅茶と甘いお菓子が登場し、読者の方も、ほっと一息ついていただけると思います。 ぜひ、お立ち寄りください。 ※なろう、カクヨムにても連載中です。

    読了目安時間:7時間3分

    この作品を読む

  • 東雲とばりは諦める

    高校生が何かを『諦める』青春ストーリー!

    77,900

    158


    2021年4月21日更新

    【電撃大賞3次選考進出作品(一部改稿しています)】 【基本的に月・水・金の朝7時ごろに更新します】 「生きるということは、諦めることよ」 天文部部長、東雲とばりはそう言って、部室で『諦め屋』を営んでいた。 『諦め屋』――そこを訪ねれば、なんでも諦めさせてくれると噂される場所。 だが、同じく天文部員であり後輩の宵山晴人は、天文部が『誰かを諦めさせる場所』として使われることを好ましく思っておらず、今後の部の在り方を決めるため、東雲とばりと『賭け』をする。 そんな時、晴人の幼なじみである星宮夕月が、ひとりの女子生徒を連れてくる。 彼女はここへ来た理由は『諦め屋』を訪れるためであり、『何かを諦めるため』だった。 東雲とばりは彼女の依頼を聞き、『諦め屋』の活動が始まる。 一人、また一人とやって来る依頼者。彼らが『何かを諦める』のを見ていくうちに、晴人は「諦めるということは何を意味するのか」、「諦めた先に何があるのか」を知っていく。 揺れ動く晴人の心。 東雲とばりはなぜ『諦め屋』をしているのか。 そして晴人たちは最後に何を『諦め』、何を『諦めない』のか――

    読了目安時間:2時間20分

    この作品を読む