恋愛/ラブコメ 短編集 連載中

140字のふたり

作者からの一言コメント

「彼」と「私」の140字恋愛小説

140字のふたりの表紙

「彼」と「私」のあいだに流れる時間は、いつもゆっくりしていて。 でも気がつくと、すっと進んでいて。 ふたりの日常を描いた、恋愛140字小説です。 (2021/03/18 ジャンルを変更しました) * * * * * * * 読者様のアンケートを元に、最もきゅんきゅんするエピソードを厳選した 「140字のふたり ベストセレクション」 を公開中。純度の高いきゅんをお求めの方はどうぞ。 * * * * * * * 表紙イラストは、アメユジさんに制作いただきました。 アメユジさんのポートフォリオはこちら→ https://ameyuji.myportfolio.com/ 大人の絵本のような素敵な世界です!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 140字のふたり
作者名 代官坂のぞむ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ほのぼの 現代日本 140字 恋愛 高校生 女主人公 イラスト付き
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月25日 19時20分
最終投稿日 2021年4月20日 6時45分
完結日 -
文字数 19,979文字
ブックマーク登録 34件
コメント 120件
スタンプ 666件
ビビッと 115件
応援ポイント 225,400pt
ノベラポイント 1,382pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界逃避ーTHE ONLY WAY IS UP IN ANOTHER WORLDー

    逃げ出したっていいじゃない 人間だもの

    8,123

    150


    2021年4月20日更新

    気が付けば夜の電車の中。 何故此処に居るのかという事は思い出せない。 そんな時に出会った『神』に自分は死んでいるのだとを教えられる『僕』 そして神に誘われたのは、自分の見知ったものとは何もかもが違う世界であった。 新しい家族に与えられる新しい名前。 鏡に映る新しい顔。 いつの間にか覚えてしまった新しい言葉。 気の許せる新しい友人。 そして少しずつ思い出す過去の自分。 記憶を失ったまま色々な物を手に入れていく僕が、『過ち』と『幸せ』を思い出す、剣と魔法と傷の物語。 表紙はウエサカ様に描いて頂きました。

    読了目安時間:1時間21分

    この作品を読む

  • マリー・ウィンゲートのおてんばライフ

    日常系恋愛ファンタジー……多分。

    65,100

    3,600


    2021年4月20日更新

    わたくしは、わたくしに生まれて良かったと思うわ。 わたくしで無いと、出会えなかった人、出会えなかった出来事が沢山あるのですもの。 生まれたときが、マイナスだからって何だというの。 生きているのでしょう? だったら、プラスに書き換えれば良いじゃない。 楽しみましょう。せっかく、ここにいるのだから。 あらすじ 『王妃候補のなり損ない、田舎に捨て置かれたご令嬢』の異名を持つマリー・ウィンゲート公爵令嬢。 片や『剣を振るわせれば、一振りで4~5人は斬り殺せる』という噂の剣豪指揮官エドマンド・マクファーレン辺境伯。 年の差は15歳。王妃様の命令で、報奨品としてエドマンドと婚約をすることになったマリー。 最初は、戸惑いつつも素朴で女性に対し不器用なエド様に惹かれ『いつか私が妻で良かったと思って頂けるように頑張るわ』という意気込みを見せるマリー。 そんなマリーをいつしか、切なく愛おしく想い包み込むように守りたいと思うエドマンド。 そんな中『お前、俺の女にならないか?』という大悪党があらわれる。 王妃様ですら、物事に素直に感謝できる心が愛しいと言われるマリーの、波乱万丈なおてんばライフ。 毎週火曜日 20時更新中。

    読了目安時間:4時間29分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 水神伴侶と最後の恋を

    最後の恋を願ったら夫婦になってた

    9,700

    0


    2021年4月21日更新

    最後に、素敵な恋がしたかった。 世を儚んで龍が淵の滝壺に身を投げた、 アラサー女子の深琴(みこと)。 飲み込まれる寸前に零した未練に応える声があった。 「──その願い、聞き届けた」 目覚めてみれば水底に佇む薄暗い日本家屋。 周りは水に囲まれて魚群が泳いで通り過ぎた。 どうやら身を投げた龍が淵川の川底らしい。 其処にいたのはおかっぱ頭の美少女、水希と、 色素の薄い髪をした美青年、雨竜。 目覚めた場所は水神さまの住まう宮。 身投げを人身御供と間違われ、未練は願いと捉えられ、 水神の雨竜と夫婦になったと言われて……!? 人とでさえ上手く関われないのに、 神様相手にどうして良いか判らない。 人の世には戻れなくても構わないし、 未練はないと思っていた。 だけど目的のためとはいえいっぱいに愛されて 温かさを知ってしまった。 零した想いが未練なら、 最後の恋をすればこの身はどうなるのだろう。 寂れ、社もない水神に供物はなく、 後はただ朽ちるに任せるだけの旧い命。 身勝手な振る舞いで其処に座す者を引きずりおろせば、 空席を許さぬ後継にその座を指され座り続けた。 いつか来る終焉を待ち望んでいたはずなのに、 最後の華と愛でる内に先を望むようになる。 永遠を望むなど赦されるはずもないのに。 願ったのは永く苛む苦渋と悔恨。 針のむしろに座らせ見張る。 その罪咎から目を背けさせないために。 向けられた情は深く、慈しまれ、 望んだものとは少しばかり形を変えたそれに 包まれたのが事実ならば。 己が罪の深さは測れるものか。 静かな水底でとりあえずの生活を始めるものの、 三者三様に想いを秘めて、巻いた渦の向かう先には何があるのか。 見守って頂ければこれ幸い ※カクヨム様でも公開中です

    読了目安時間:3時間11分

    この作品を読む

  • ヤンデレの皮をかぶった女の子。

    ……のように見える

    1,000

    0


    2021年4月21日更新

    高校二年生の春、僕は勇気を振り絞ってとある後輩に告白した。 返事はOK。これで僕にも華やかな高校生活が!……と思っていたけれど。 彼女の言動はちょっと重たくて、何故か身の危険を感じていた。 週1~7投稿となります。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:55分

    この作品を読む