恋愛/ラブコメ 短編 連載中

仁くんと私

作者からの一言コメント

ホストの色恋にハマりすべてを失った女

基本はホストの色恋営業にハマるほど馬鹿じゃない。だけどあの時だけは違った。。。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 仁くんと私
作者名 まりこ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ダーク ホスト すすきの 歌舞伎町 色恋 ミナミ 詐欺師 借りパク シャンパン
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月30日 13時05分
最終投稿日 2020年9月23日 9時51分
文字数 29,937文字
ブックマーク登録 5件
コメント/スタンプ 8件
応援ポイント 3,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • アンパンなんてクソ喰らえ

    ♡29,300

    〇155

    異世界ファンタジー・連載中・3話・4,399字 ほしのななか

    2020年9月23日更新

    成人の儀に貰った食べ物が、その子の『ギフト(チート)』となる世界『ヤーナ』 ある少年は『アンパン』を選び、魔王を討つ旅に出る。 ある少年は『ゴミ』を投げつけられ、全てをコロス旅に出た。

  • 2020年9月24日更新

    ある日、親の仕事の都合で霊峰院グループ財閥が管理・運営する偏差値が高いと評判の『私立霊峰院学園』に編入することになった御子柴 渉(みこしば わたる)。彼は同じクラスの『麗氷姫』と呼ばれる"金髪縦ロール"のクール系お嬢様、霊峰院 明日香(れいほういん あすか)から自己紹介後のとある言葉が原因で目を付けられることになる。 「うっわ、バネ見たいなすっげぇ髪型してる……!」 「――――――」 学園内では成績トップで優秀な美少女である明日香。そんな凛とした美貌を持つ彼女だが塩対応・高飛車・クールなお嬢様の三拍子が揃っているせいで全校生徒から敬遠されていた。しかし観察眼が優れている渉は、彼女を後ろの席から見つめていたおかげである一つの疑問を抱く。『―――関わらない方が良いという程、本当に彼女の性格は冷たいのだろうか?』と。 そうして渉は、ひょんな出来事から明日香と放課後の時間だけ一緒に過ごす関係となる。 「無い無い尽くしでどこまでも失礼な貴方ですが―――それでも変わることは出来ます。その意思はありますか?」 「……あぁ、俺は変わりたい。上位の成績を維持するだけの力を、身に付けたい!」 始めは冷たい言葉と態度で渉に接していた明日香だったが、渉と一緒の時間を過ごすうちにその態度は次第に柔らかくなっていき……。 この物語はある事情を抱える平凡な男子高校生とクール系お嬢様が、二人だけの放課後を通して歩み寄る内に互いに惹かれていくお話。 ※この作品はギャルゲーをイメージして頂けると分かり易いかと思います。つまり序盤はまだ好感度は低い状態です……。話数を重ねるにつき少しずつデレていきますのでその変化を楽しんで頂ければと思います。 ※この作品はギャルゲーをイメージして頂けると分かり易いかと思います。つまり序盤はまだ好感度は低い状態です……。話数を重ねるにつき少しずつデレていきますのでその変化を楽しんで頂ければと思います。 ※この物語のターニングポイントはおそらく第7話からです。 ※『小説家になろう』『カクヨム』様でも公開しております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年9月25日更新

    幼馴染の聖女セレーナは前世の記憶を持つ転生者。 それを打ち明けられた時、それはもう驚いた。 だが、俺の想いは変わらない。 ずっと君の側で君を守る。 そう約束した数年後、神託通りに異世界から勇者が召喚されてきた。 しかし勇者として召喚されてきたニホンジン、ユイ殿はとんでもない我が儘娘。 なんと、婚約者のいる俺に言い寄ってきた。 拒むとなぜかセレーナをパーティーから追放すると言い出したので、俺も我慢の限界を迎える。 こうなったら、セレーナと一緒に故郷へ帰ろう。 魔王? 知りません。 「結婚前の独身最後の旅行にしようか」 「ヤダー、もうライズったらぁー!」 勝手にしやがれ。

  • 初恋の相手にとんでもない勘違いをされ……

    ♡58,800

    〇150

    恋愛/ラブコメ・連載中・159話・454,747字 朽縄咲良

    2020年9月25日更新

    ・恋愛/ラブコメ部門ランキング日間7位にランクイン!(2020/6/19) ・総合ランキング日間56位にランクイン!(2020/3/9) 高坂晄(こうさかひかる)は、どこにでもいるような、正にモブキャラと呼ぶに相応しい高校一年生だ。 そんな彼がある日、学年一の美少女・早瀬結絵(はやせゆえ)から、「放課後に、A階段の踊り場まで来て」と、呼び出しを受ける。 地味な自分とは、全く縁が無いと思っていた早瀬からの突然の話に、激しく狼狽え戸惑った晄は、幼馴染の工藤秀(くどうしゅう)に相談し、その背中を押された。 勇気を振り絞って待ち合わせ場所に来た晄に、早瀬は、とある質問をしてきたのだった。 「ねえ……高坂くんと工藤くんって、どっちが“受け”で、どっちが“攻め”なの?」 ――と。 初恋の人に、幼馴染の親友との仲をソッチ方面に誤解されてしまったヒカルだったが、だからこそ、憧れの人と接点を持つ事が出来た。しかし、シュウとの仲を否定してしまっては、彼女との縁もそれっきりになってしまうだろう……。 そう考えたヒカルは、シュウと相談の上で、『早瀬の誤解の通りに、ヒカルがシュウに片想いしている体を演じつつ、自然にその誤解を解き、何時の日か彼女に告白する』事にしたのだが、その前途は実に多難であった――。 想い人に、とんでもない勘違いをされてしまった凡庸な高校生と、そんな彼を取り巻く様々な人間達が巻き起こす、すれ違いラブコメ、ここに開幕! *表紙イラストは、梨乃実様より頂きました! *第一話の挿絵は、神野ナツメ様より頂きました! *「小説家になろう」でも連載中です。