連載中 短編集

Glorious Saga

作者からの一言コメント

ファンタジー✖️SF 冒険者✖️ロボット

"栄光の宴" 後の時代に都市同盟史上最強と謳われる冒険者ギルド。 出自や種族、年齢層もバラバラな冒険者たちの寄り合い所帯で、人数も40名程度と中堅規模。 しかし、いずれも劣らぬ凄腕ばかりで、数々の偉業と戦績を残した。 これはとある軍師が残した手記より紡がれる物語。 混迷の時代を駆け抜けた英雄たちの足跡である。 世界観wiki https://w.atwiki.jp/souhei_world/

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 Glorious Saga
作者名 Elto
ジャンル SF
タグ ファンタジー SF ロボット 操兵ワールド ポストアポカリプス 短編集 模型 挿絵 ミリタリー 冒険 バトル ノベプラオンリー 男主人公 戦記 ミステリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年7月2日 22時13分
最終投稿日 2020年4月28日 17時23分
文字数 200,803文字
ブックマーク登録 67件
コメント/スタンプ 639件
応援ポイント 535,780pt
ノベラポイント 1,220pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡376,150

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

  • 一ページ読みきり、医療現場あるある

    ♡191,150

    〇3,400

    現代/青春ドラマ・連載中・105話 竹比古

    2020年6月25日更新

    クリニックに訪れる患者と、受け付けの華たる栗栖理子女史とのやり取りを、俺――東城慎也の視点から見た物語である。 一話読みきりスタイルでお届けしますので、お気軽にお立ち寄りください。 ※この物語はフィクションであり、登場する人物、団体等の名称は、全て架空のものです。 ※2012年12月02日から2016年07月19日まで小説家になろうに掲載していた作品の再掲になるため、現在の事情とは異なります。 ※現在は当サイトでのみ掲載中。 ※89話より、新規創作話です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ネトゲ廃人が送る前代未聞の詐欺ストーリー

    ♡4,800

    〇10

    SF・連載中・16話 パインブック

    2020年7月16日更新

    天才女子高生のレイナは、高校での退屈な授業に飽きてVRMMORPG「ニューワールド」をはじめてみる。 ただし、彼女の遊び方は普通とは違い、ゲーム内で他のプレイヤーを騙し、いかにスリリングな体験をするか、ということに主眼を置いていた。 彼女のキャラ、レナは詐欺により、モンスターを倒し、装備をそろえ、仲間を従えていく。 いつの間にか、彼女は「ニューワールド」において強大な権力を持っていくのだった。

  • 音楽 × 冒険 × スチームパンク‼

    ♡194,450

    〇5,462

    SF・連載中・57話 トモユキ

    2020年7月16日更新

    あらすじ: 時は20世紀初頭、イングレス連合王国首都、ロンドン。 産業革命による蒸気機関の急激な発達によって人々の暮らしは豊かなものとなり、 芸術文化の花開く土壌が、上流階級から労働者にまで幅広く広がっていた。 パトロン付きの十七歳のピアニスト、アンジェラは、一ヶ月後に迫るロンドンピアノコンペティションで優勝しないと家を追い出されてしまう。 しかし調子は絶不調。諦め気味のアンジェラは夜になると屋敷を抜け出し、街のバーでジャズピアノを弾く毎日。 そんなある日、ピアニストとしても一流の調律師、アドニスと出会う。 とある依頼でアンジェラは、超絶技巧の右手専用ピアノ曲『右手のためのピアノ独奏曲』を演奏しなければならなくなり、 アドニスのレッスンを受けて、その才能を開花させていくのだが。 ……その裏では、大きな陰謀が渦巻いていた。 曲に隠された謎。 謎多きピアノ調律師。 霧煙るロンドンで暗躍する男達。 蒸気の街ロンドンで、人々の思惑は交錯し、複雑に絡み合う。 十七歳の少女が奏でるピアノが、それを解きほぐす鍵になるとも知らずに。 -------------------------------------------------------- コンセプトは、音楽 × 冒険 × スチームパンク‼ 読んでてワクワクする! 続きが気になる! そんな気分になってもらいたくて書いてます。 第二部連載、始まりました! (2020/05/28) -------------------------------------------------------- 【更新履歴】 2020/1/23 第一部完結しました。 2020/2/2 第二部 予告編を更新開始 2020/2/14 第二部 予告編終了 2020/5/15 第二部 プロローグ公開、予告編を第一章として改稿、公開 2020/5/28 第二部 連載開始 ※作者Twitter: https://twitter.com/tomoyuki2019 ※表紙写真: https://pixnio.com/ja by Tama66