恋愛/ラブコメ 長編 連載中

モブ令嬢の旦那様は主人公のライバルにもなれない当て馬だった件

作者からの一言コメント

コミカライズ決定しました。

読了目安時間:35時間0分

総エピソード数:216話

 没落寸前の貴族、エヴィデンシア伯爵家の令嬢、フローラ。  彼女の旦那様は、美少女アドベンチャーゲーム『白竜の愛し子』で、主人公の攻略対象であるヒロイン達に節操なく言い寄り、どのルートをたどっても主人公やそのライバル達に叩きのめされ破滅する当て馬、グラードルだった。  そう、フローラはゲーム中で、名前と遠目の後ろ姿しか登場しないというモブ嫁だったのだ。  彼女は、この世界で貴族にはまず現れない、農奴のごとき茶色の瞳と髪色を持つ令嬢で、農奴娘と蔑まれる存在だった。  婚姻の儀の当日、伯爵位を得るためだけに、嫌々結婚することを了承したという初対面の結婚相手グラードルは、フローラを見て驚きの表情を浮かべると、不思議な響きの言葉で呟いた。  「『おいおいマジかよ。コイツこんなに可愛い嫁もらってたのにあんなことやってたのか? えっ……もしかしてこの世界って美的感覚が違うのか!? ちょっとソバカスがあるけど、かわいいよなこの娘』」  これは、農奴娘と蔑まれる没落寸前の貴族令嬢フローラが、前世の意識が甦ったという旦那様と共に、破滅の運命を乗り越え幸せな未来をつかみ取る……そんなお話。 ※【本編完結いたしました】 この後、不定期掲載になりますが、脇のキャラクターたち視点のサイドストーりを投稿して行きます。 ※コミカライズ決定しました! ※小説家になろう様、カクヨム様、ノベルバ様にも同時掲載させて頂いております。

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 モブ令嬢の旦那様は主人公のライバルにもなれない当て馬だった件
作者名 獅東 諒
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 女主人公 あまあま モブ令嬢 転生 当て馬 異世界 学園 異世界 無自覚ざまあ ハピーエンド
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月12日 20時21分
最終投稿日 2021年12月5日 17時38分
完結日 2021年3月21日 8時22分
文字数 1,050,181文字
読了目安時間 35時間0分
総エピソード数 216話
ブックマーク登録 71件
コメント 21件
スタンプ 286件
ビビッと 5件
応援ポイント 350,300pt
ノベラポイント 14,500pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 愛しい愛しいきみに私の愛した日々のはなしをしよう

    ヘイル・ヘミングの愛にあふれた半生

    26,600

    0


    2022年1月26日更新

    BLコミック原作コンテスト「お題フリー」の応募作品です。 【あらすじ】 1. 愛しい愛しいきみに私の初恋のはなしをしよう 孫娘マリーのお誕生日会に招かれたヘイル・ヘミング。急な仕事の呼び出しで家を空けているマリーの父・エドワードが帰ってくるまでの間、マリーのおねだりで自分の初恋のはなしを聞かせることになった。マリーが興味津々のヘイルの初恋相手は、6歳のときに家族で訪れた美術展で出会った、顔も名前も知らない「うみ」の絵の創造主だった。 6歳の頃に鮮烈な初恋を経験したヘイルも18歳になり、大学進学を機に住み慣れた故郷の田舎町を出て、一人で都会へとやってきた。そしてその街で出会った一人の青年の家で、あの初恋の人の「うみ」と再会するのだった。 2. 愛しい愛しいきみに私たちの仲違いのはなしをしよう どうやら夫であるエドワードと喧嘩をしてしまっているらしい娘テナーに請われたヘイルは、今度は大切な人を傷つけてしまった経験について話すことになった。 初恋の相手であったケイトと穏やかで幸せな生活を続けているヘイルだったが、24歳になった彼には大きな悩みがあった。それは、ケイトが自分の母親に会うことを頑なに拒むこと。そのことでつい喧嘩をしてしまっている中、ヘイルはかつて自分の父の命を奪った病と同じ病に侵されてしまい余命を宣告されてしまう。そのとき、ケイトは自分がひた隠しにしてきた秘密を明かすことを決意するのだった。 3. 愛しい愛しいきみに私たちの宝もののはなしをしよう テナーとの喧嘩の原因はマリーの学校のことなのだ、と帰ってきたエドワードに聞かされたヘイル。大切な一人娘が心配で堪らないと思い悩むエドワードは、ヘイルに対して子育ての助言を求める。するとヘイルは笑いながら、自分たちからテナーを攫っていった男のくせにと揶揄いながらも、彼の人生でたった一度の子育ての経験を話し始めた。 二人にとって初めての経験である子育ては当然困難の連続。そもそも子どもを育てること自体反対のケイトとのぶつかり合いは壮絶なもの。そんなときヘイルの味方となってくれたのはなんと、紹介されたばかりのケイトの家族だった。 長閑な田舎町に生まれたごく普通の青年であったヘイル・ヘミングの人生を大きく変えた一人の青年ケイト。これは、彼との波乱万丈な人生の全てを愛していると語るヘイルの物語。

    読了目安時間:1時間42分

    この作品を読む

  • 隣のキミと過ごす、本当の恋人までの一年間。

    幼馴染とは曖昧な関係性だ。

    5,200

    50


    2022年1月26日更新

    『この感情は、幼馴染としての感情か。それとも……親友以上の感情だろうか——。』 僕《凪宮晴斗》には、いわゆる『幼馴染』という者が存在する。それが、クラスは愚か学校中からも注目を集める才色兼備の美少女《一之瀬渚》である。 しかし周りには、僕と彼女が『幼馴染』だと知っている者は少ない。 学校での直接的な接触は無く、あってもメッセージのやり取りのみ。せいぜい、誰もいなくなった教室で一緒に勉強するか読書をするぐらいだった。 しかし今年の春休み——僕はそんな幼馴染から……、 「——私、ハル君のことが好きなの!」と、告白をされてしまう。 この告白を機に、僕達の関係性に変化が起き始めることとなる。 他愛のないメッセージのやり取り、部室でのお昼、放課後の教室。そして、お泊まり。今までにも送ってきた『いつもの日常』が、彼女の表情・仕草を受け、少しずつ〝特別〟なものへと変わっていく。 だが幼馴染からの僅かな関係の変化に、僕達は戸惑うばかり……。 更には過去のトラウマが引っかかり、相手には迷惑をかけまいと中々本音を言い出せず、悩みが生まれてしまい——。 親友以上恋人未満。 曖昧な関係性の幼馴染たちによる、青春ラブコメここに開幕! 『ここに語ろう。僕達が本当の恋人となるまでの、長くて短い一年間の始まりを――』

    読了目安時間:2時間35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ディアブル・バイブル 〜人と悪魔と悪戯心〜

    悪魔の女の子達が可愛いです。

    23,200

    130


    2022年1月26日更新

    生物には感情がある。 喜怒哀楽、興奮、安心、羨望、感謝、畏怖……多種多様な感情の輪。 その中で人だけが持つ特異な感情――『悪意』。 人が他の動物と比べ、高度に進化してしまったが故に持つ――と、考えられていた。 だがそれはどこにでも潜んでいる。 人に限らず森羅万象に潜んでいる『悪意』のチカラーー。 人々はそれを『悪戯心』と呼んだ。 その力は、時に人を傷つけ、時に世界を変える――。 誰が想像できようか。 悪意をチカラと変え生きる者がいると。 悪意のチカラで世界を壊そうとしよう者を。 古より、世界に蔓延る悪意を祓ってきたのは、悪魔だということを――。 人間は知らない悪魔の世界――魔界。 ある事件により、複数の悪魔が魔界から人間界へやってくる。 人間である善は、魔界で起きたトラブルに巻き込まれてしまう。 そして知る、歴史に隠された二つの世界の謎。 善は覚悟を決めた。大切な人を守るために『悪意』に染まると。 ーーーーーーーーーー ※2022/1/21 日間ジャンル別 1位 読んでいただいた方、これから読む方、これからも読む方、皆様ありがとうございます。

    読了目安時間:3時間43分

    この作品を読む

  • アルビオン王国宙軍士官物語~クリフエッジと呼ばれた男~(クリフエッジシリーズ合本版)

    ハヤカワ文庫さんのSF好きにお勧め!

    429,400

    6,490


    2021年11月22日更新

    人類が宇宙に進出して約五千年後、地球より数千光年離れた銀河系ペルセウス腕を舞台に、後に“クリフエッジ(崖っぷち)”と呼ばれることになるアルビオン王国軍士官クリフォード・カスバート・コリングウッドの物語。 ■■■ 宇宙暦4500年代、銀河系ペルセウス腕には四つの政治勢力、「アルビオン王国」、「ゾンファ共和国」、「スヴァローグ帝国」、「自由星系国家連合」が割拠していた。 アルビオン王国は領土的野心の強いゾンファ共和国とスヴァローグ帝国と戦い続けている。 4512年、アルビオン王国に一人の英雄が登場した。 その名はクリフォード・カスバート・コリングウッド。 彼は柔軟な思考と確固たる信念の持ち主で、敵国の野望を打ち砕いていく。 ■■■ 小説家になろう、アルファポリス、カクヨムでも投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31時間22分

    この作品を読む