恋愛/ラブコメ 短編 完結済

となりの多喜子さん ―女子中学生が、隣に住む癒やし系主婦に餌付けされるだけ―

作者からの一言コメント

コンセプトは「突撃 隣の晩ごはん」+百合

女子中学生が、隣に住む癒やし系主婦に餌付けされるだけの話。 第2回 pixiv百合文芸小説コン 参戦作品

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 となりの多喜子さん ―女子中学生が、隣に住む癒やし系主婦に餌付けされるだけ―
作者名 椎名 富比路
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ほのぼの 女主人公 現代日本 日常 百合 ハッピーエンド スローライフ 歳の差 百合フェア2020 主婦 JC 女子中学生 飯テロ 食レポ ソフト百合
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月3日 19時00分
最終投稿日 2020年1月11日 19時00分
完結日 2020年1月11日 19時00分
文字数 15,685文字
ブックマーク登録 4件
コメント 1件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    3,400

    50


    2021年4月13日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • タキオン・ソード ~朴念仁が欲した最強剣とお姫様のたわわな果実~

    R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    398,650

    1,280


    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっと……いや、かなりエッチな恋愛ファンタジー。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:26時間3分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 商家令嬢はほだされません!ハイスペック男子でも商売敵はお断りです

    認めてあげない、あなたを好きだなんて。

    41,800

    0


    2021年4月14日更新

    ※乙女コン参加作品のため、あらすじはがっつりネタバレとなっております(読んじゃダメなやつ) 読みたくねーぜ! という方はすっ飛ばして本文へどうぞ。完結だけはお約束します。 全29話予定。毎日朝10時に更新します。土曜日だけ、夜8時にも更新。 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ あらすじ ここから 家業をこよなく愛する王都トップブランドの一人娘、ヒスイは結婚適齢期なのに仕事第一の残念女子。 同じくトップブランドの跡取り息子、商売敵のジェイドは、何かにつけて仕事の邪魔をしてくる、いけ好かないハイスペック男子。 「あなたは敵だから」 憎い商売敵を負かしてやろうと意気込むヒスイだが、突然の吹雪に足止めを食らった旅の途中、ジェイドと二人きりで洞窟に避難することに。 はじめてのじっくり話す機会。ジェイドは実はもふもふが好きだったり、惜しげなく商売のことを教えてくれたりする、嫌味なだけの男じゃなかったことが分かる。家業に対するうれしい感想までもらい、ヒスイは彼を少しだけ見直す。 「ジェイドって意外と話せる奴かも」 そう認識を改めてしまい、馴れ合う気もほだされる気もないのに、美味しいランチで餌付けされていくヒスイ。 仕事第一の彼女にとって、目下の目標は年に一度行われるファッション界最大の祭典。 ところが従業員ら一丸となっての準備中に、災難が続く。ジェイドの嫌がらせかもしれないと思いつつ、彼が本当に非道なことをするのが信じられないヒスイは悩む。 黒幕は怪しげな進出ブランドだった。貴族まで絡んできた一大事に、ヒスイは罠にはめられてしまう。口止めとばかりに命の危険にさらされたヒスイを助けに、ジェイド(ともふもふ)が向かう。 九死に一生を得たヒスイは、ジェイドが訳あって商売の邪魔をしていたことを知る。本当のことが分かる度、ヒスイは彼に惹かれていく。 しかしヒスイには「家業を継ぐ」という幼い頃からの夢があった。商売敵であるジェイドに求婚されても、頷くことは出来ない。 「私は嫁になんて行かない。家業を継ぐの。痛む胸のわけなんて知らなくていい」 一方、家業を継ぎたいと頑張るヒスイのひたむきさにずっと惹かれていたジェイド。なんとしてもヒスイを手に入れたい彼の裏工作は、始めから最後まで、ぬかりがなくて――。 ほだされないと思いつつ、ほだされてしまう、商売に生きるふたりのドタバタ恋愛劇。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間51分

    この作品を読む

  • 沼坂家の食事情(4/14更新)

    目指せ飯テロ

    300

    0


    2021年4月14日更新

    20代後半に入ったのでまったり婚活を始めたら遺産相続で連続殺人事件が起きそうな財閥の訳あり当主に見初められる話。目指せ飯テロ編です。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む