異世界ファンタジー 長編 完結済

異世界追想譚 - 万華鏡 -

作者からの一言コメント

【完結】人の数だけ世界は違って見える

読了目安時間:19時間11分

総エピソード数:79話

異世界追想譚 - 万華鏡 -の表紙

★読み解く程に点と点が繋がって行く群像劇★ 魔王復活の兆しを受け、再び始まるであろう闘いに、初代勇者は憂いていた。 魔王は何故この世界に生まれたのか、勇者は何故その度に異界から召喚しなければならないのか。 繰り返されるこの戦いは、何故終わらないのか。 救えなかった<あの人>への罪を背負ったまま、年老いて前線を退いた今も、何を持ってすればすべてを救うことが出来るのかを模索していた。 一方、この世界に生きる人々は、それぞれの悩みを抱えながらも日々を懸命に生きていた。 ある者は、世界を護る為に。 ある者は、真実を知る為に。 ある者は、傍らで見守る為に。 ある者は、罪を贖う為に。 複雑に絡み合う彼らの関係は、とある人物を廻り、やがて一つの事実へと繋がって行く。 ****** パズルピースのように、それぞれのキャラ視点で、現在・過去の物語が少しずつ明かされながら進んで行きます。 何の変哲もない日常的な話が点在し、全ての断片を拾い集めつなぎ合わせれば、少しずつ世界が見えて来ます。 受け取り方は読み手次第。 人の数だけ違って見える「万華鏡」、是非お楽しみください。 基本一話完結の群像劇型、ほぼ繋がってます。 ※十年程前に書いたものを今風にリメイクしているので、拙い上に表現が古臭いかも知れません ※時々こっそり加筆修正していたり、気が向けば挿絵が入っていたりすることもあるかも知れません。 ※異世界に召喚された勇者の活躍はあまりありませんので悪しからず。むしろ元々いる住人の話が主体です。

前へ

1-79

次へ

前へ

1-79

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 異世界追想譚 - 万華鏡 -
作者名 姫嶋ヤシコ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス 西洋風 転生/転移 日常 挿絵有 イラスト チートなし 女主人公 複数視点(群像劇) 男主人公 恋愛少々有り R15 HJ大賞2021後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年1月12日 16時28分
最終投稿日 2022年1月12日 16時28分
完結日 2022年1月12日 16時29分
文字数 575,456文字
読了目安時間 19時間11分
総エピソード数 79話
ブックマーク登録 189件
コメント 779件
スタンプ 957件
ビビッと 127件
応援ポイント 1,745,186pt
ノベラポイント 30,915pt
応援レビュー 6件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 悪役退屈令嬢。~武闘派悪役令嬢に転生した結果、時代劇ヒーロー風になってしまいました~

    悪役令嬢+時代劇的勧善懲悪……かも?

    690,400

    20


    2022年1月26日更新

    「この『天下ご免』の向こう傷! プレヴァルゴ家の退屈令嬢とはわたくしのことですわ!!」 今日もまた、高笑いとともに王都に響く声。 巷で評判の、弱きを助け強きを挫く、「退屈ですわ」が口癖の伯爵令嬢、メルツェデス・フォン・プレヴァルゴ。 国内で法律にも不文律にも縛られない『天下ご免』を国王から許された彼女は、その振る舞いから王都の名物となり、庶民から愛されていた。 だが、その裏で一人誰にも言えず抱えている悩み。 彼女には、前世の記憶があった。 それによれば、この世界は乙女ゲーム『エターナル・エレメンツ~光の聖女と精霊の騎士~』の世界。もしくは、それに類似した世界。 そこに出てくるメルツェデスは、『高笑いバーサーカー』とあだ名を付けられる程の武闘派悪役令嬢。 実際、記憶の戻った十歳の時点で既に、突出した剣の腕を身につけているほどだった。 このまま行けば、将来的には破滅フラグ一直線、血まみれになりながら追っ手をバッタバッタと斬り伏せ、最後は高笑いをしながら討ち取られるという壮絶な最期を遂げることになってしまう! そんな危機感を覚えたメルツェデスは、何とか運命を回避しようと奔走する。 果たして彼女は、迫り来る運命から逃れることができるのか。 そしてその先に待つ未来はどんなものなのか。 少なくとも血塗れエンドだけは避けたい! と切に願いながら、彼女は今日も奮闘する。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:24時間21分

    この作品を読む

  • 悪逆の魔導書

    多分Noチート、No無双、Noハーレム

    183,800

    510


    2022年1月26日更新

    「当然よ。だって私は、あなたのお母さんだもの」 少女は、少年に笑顔で語りかけた。 少年の名は、織部冬弥。少女の名は、イリス=フレーベル。 来年大学受験を控えた高校二年 織部冬弥は、不運な出来事で命を落とした。 時を同じくして、エルヴィン王国の士官学校に通うイリス=フレーベルは、ホムンクルスの製造に傾倒していた。 そして、ホムンクルスとして異世界に転生した織部冬弥との邂逅により、イリスの運命が回り始める。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 2021/11/09 HJ小説大賞2021後期に伴い、2022年2月末まで月、火、水、木、金の週5投稿or1万文字投稿します。 投稿ペースは月、水、金の週3の予定。 ストックが無くなったり、リアルの生活が慌ただしくなった場合、ペースが崩れます 作品の趣旨は、気軽に読めるエンターテイメントのつもりです。(地の文が多いくせに、何を言ってるのかと思いますが) 作中では極力、覚えるのに苦労する造語は出さないように努めます。 異世界ファンタジーなので地名や国名等、世界観に関連する独自の名詞は必要最低限に留めてます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 2021/11/7 HJ小説大賞2021後期にエントリーに伴い、2022年2月末まで毎週月、火、水、木、金の週5投稿or1万文字投稿します。 7/3 投稿済み13話分、段落を入れました。後、目についた誤字脱字をちょこっとだけ修正しました。 7/5以降の投稿分からは極力、段落を入れた物を投稿します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:10時間47分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • イケメン吸血鬼は誘拐犯!?

    ねぇお姉さん、食べてイイ?

    2,800

    1


    2022年1月25日更新

    ヴァンパイア――。 それは時に神出鬼没であり、大胆不敵な生き物である。 グール退治を専門にする組織「クルースニク」の一員であるエルザは、ある日、請け負った任務の最中にヴァンパイアに遭遇してしまう。 圧倒的な力の差に死を覚悟したのもつかの間、目覚めたのは見知らぬ屋敷の一室だった。そのうえ部屋に現れたのは、例のヴァンパイアで。 こともあろうに彼は、エルザにひとめぼれしたと言ってきて――!? その日を境に、エルザとヴァンパイアたちの奇妙な同居生活が始まる。 捕食者に捕らわれたエルザの運命は――? 誘拐から始まるラブストーリー♡

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間28分

    この作品を読む

  • アルビオン王国宙軍士官物語~クリフエッジと呼ばれた男~(クリフエッジシリーズ合本版)

    ハヤカワ文庫さんのSF好きにお勧め!

    429,400

    6,490


    2021年11月22日更新

    人類が宇宙に進出して約五千年後、地球より数千光年離れた銀河系ペルセウス腕を舞台に、後に“クリフエッジ(崖っぷち)”と呼ばれることになるアルビオン王国軍士官クリフォード・カスバート・コリングウッドの物語。 ■■■ 宇宙暦4500年代、銀河系ペルセウス腕には四つの政治勢力、「アルビオン王国」、「ゾンファ共和国」、「スヴァローグ帝国」、「自由星系国家連合」が割拠していた。 アルビオン王国は領土的野心の強いゾンファ共和国とスヴァローグ帝国と戦い続けている。 4512年、アルビオン王国に一人の英雄が登場した。 その名はクリフォード・カスバート・コリングウッド。 彼は柔軟な思考と確固たる信念の持ち主で、敵国の野望を打ち砕いていく。 ■■■ 小説家になろう、アルファポリス、カクヨムでも投稿しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31時間22分

    この作品を読む