ミステリー 長編 連載中

間宮宙(まみやさとる)のスランプ1 -魔女の采配ー 【毎日更新】

作者からの一言コメント

誰が魔女か?人の死なないラブコメミステリ

間宮宙(まみやさとる)のスランプ1 -魔女の采配ー 【毎日更新】の表紙

 華麗なる変人 間宮宙×お人よしな高校生 橘慈雨=ゆるっとミステリィ&イラっとするラブストーリィ ★日常にイケメンとスリルともたらす作品です。 ★殺人は起きませんので、ご了承ください。 ★痴情沙汰は起きますので、ご堪能下さい。 ★扱いにくい人間が出てきますが、お付き合いください。 「僕を嫌う人間は二種類だ。みんなに嫌われている人間か、内面に隠し事がある人間だ」と間宮はいった。 ●間宮宙(まみやさとる)26歳。 いま最も作品が高く売れる若き現代美術家の一人で、セレブリティにして大富豪であり超のつくイケメン。 だが困ったことに恋愛不適格者。 スランプに陥っていて2年間絵を描いていない。 苦手なもの:乙女心 ●橘慈雨(たちばなじう)17歳。 地味に、目立たず、控えめに暮らす超平和主義者。 にもかかわらずお人よしなために、トラブルに巻き込まれやすい。 座右の銘は、触らぬ神に祟りなし。君子危うきに近寄らず。 慈雨の平凡な日常は、イケメンセレブリティ間宮との出会いで一変する。 <あらすじ>  高校生の橘慈雨(たちばなじう)は母の頼みで夏休みの間、叔父である間宮と渋々暮らすことに。  そんな二人の前に「魔女のシンボル」を持った女性が現れ、慈雨は間宮とともに魔女の正体を探ることにした。  間宮のスランプの原因が元カノとの別れにあると知った慈雨は、間宮に元カノに連絡することを促す。    当初それを拒んでいた間宮だったが、慈雨と一緒にいるうちに考えを改め、ついに元カノに連絡して返事を待つことにし、いよいよ新作に着手し始めた。  同じころ、間宮は魔女の正体を暴くが本当の魔女は、想像の及ばない力と目的を持っていた。  果たして本当の魔女とその狙いは何なのか。  新作は完成するのか。  間宮の恋の行方は? 【お知らせ】6.1から1ページの文字数増やしています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 間宮宙(まみやさとる)のスランプ1 -魔女の采配ー 【毎日更新】
作者名 池田クロエ
ジャンル ミステリー
タグ イケメン主人公 現代日本 日常の謎解き ミステリー オカルト ラブコメ イケメンセレブリティ 片思い 笑える コミカル どんでん返しのラスト ハッピーエンド 恋愛 魔女と嫉妬 ラブコメミステリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年3月19日 6時13分
最終投稿日 2021年4月13日 7時13分
完結日 -
文字数 40,971文字
ブックマーク登録 21件
コメント 23件
スタンプ 116件
ビビッと 10件
応援ポイント 39,400pt
ノベラポイント 58pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 忘れられた怪談

    ノスタルジックな学園ミステリーです。

    6,900

    0


    2021年4月13日更新

    関東の某県郊外にある穏やかな中規模都市「枝伏木〈えふすき〉町」。その町の心霊スポットを取材にやって来た徳丸学園新聞部一同は、そこで二体の死体を発見してしまう。死体のうち一体はホームレス風の中年男、そしてもう一体は、なんと自分たちが通う徳丸学園の生徒だった。 ホームレス風中年と高校生。 この不釣り合いな組み合わせの殺人事件の謎を解明すべく、徳丸学園新聞部が調査を開始する。

    読了目安時間:2時間44分

    この作品を読む

  • 現世堂の奇書鑑定

    古書店店主×幼馴染大学生のBLミステリー

    44,600

    110


    2021年4月13日更新

    古書店店主×幼馴染大学生のBLサスペンスミステリー。 古書店『現世堂(うつしよどう)』の店主・檜山正樹。三十歳でありながら総白髪と全身に酷い火傷痕を持つ彼は、古書の他に一風変わった背景や事情を持つ“奇書”を鑑定し売買することを生業としていた。 そんな彼を手伝うのは、幼馴染である大学生の慎太郎。恋する彼は押しかけ女房のごとく檜山の家に居候を決め込むも、特に進展する様子は無かった。 しかしある日、いつも通り店を開けた二人の元に不気味な本を持った客が訪れ、二人は奇妙な事件に巻き込まれていく。 【第1章 ブラック・オルロフの誘い】 手にした物を不幸なる死に至らしめる呪われた宝石ブラック・オルロフ。それが嵌め込まれた本を持ってきた男は、売買の条件に「この本を買う人間の名前を教えてほしい」と檜山に頼むが……。 【第2章 或る小説家の遺稿】 「私の祖母は、芥川龍之介の愛した情婦でしたの」 およそ古本屋に場違いな黒いドレスを纏った女性は、そう言うと檜山に分厚い原稿を差し出した。それはなんと、未発表の芥川龍之介の遺稿であると言う。 しかしその二日後、現世堂に訪れた刑事は例の女性に殺人の疑いがかかっていると告げ……。 現在第2章まで完結しています。 ※隔日更新

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む