完結済 長編

光の少女

作者からの一言コメント

能力有りの異世界ファンタジーです。

普通の高校生の少女、桐生花音は、ある日両親の部屋で見つけたペンダントによって異世界へ飛ばされてしまう。 そこで第ニ皇子だと名乗る少年風夜と出会い、保護される形で城へ向かった花音は、自分がその世界から逃げ出した一族の一人だということを聞かされる。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 光の少女
作者名 鈴華
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 女主人公 異世界ファンタジー 能力 戦闘 アクション/バトル ハッピーエンド ほのぼの 異能
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2019年5月29日 17時00分
最終投稿日 2019年6月23日 20時12分
文字数 311,919文字
ブックマーク登録 21件
コメント/スタンプ 86件
応援ポイント 13,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 夢の超光速機関には人類の罪が隠されていた

    ♡11,300

    〇50

    SF・連載中・47話 K1.M-Waki

    2020年7月5日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

  • このSFには救いはないかもしれない。

    ♡35,750

    〇285

    SF・完結済・9話 threetones

    2020年5月16日更新

    ロボット工学三原則参加作品です。 迷ってたんですが、思い付きで参加です。 アイディア勝負の作品ですね。名も無きロボットAが、一人称で話すだけのお話の予定でしたが…… ここから何話かやってみようかな?と思い直しました。 結構、真面目な内容になってしまって驚きです。色々読者の人に想像してもらえるなら、いいなぁと思いながら書きました。この話を読んで何か感じて貰えたらいいなと思います。 きっとこの話には、きっと救いがないでしょう。 何を思うかは、あなた次第です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る