恋愛/ラブコメ 長編 連載中

~~新しく入った大学はかわいい美少女が99%のハーレム学園だった件~~ 俺は幼なじみがいいと言っているのに、周囲がなぜか俺に告白してくるわけだが

作者からの一言コメント

大学生主人公のハーレムラブコメ

読了目安時間:3時間8分

総エピソード数:43話

~~新しく入った大学はかわいい美少女が99%のハーレム学園だった件~~ 俺は幼なじみがいいと言っているのに、周囲がなぜか俺に告白してくるわけだがの表紙

結城 恵一(ゆうきけいいち) 今年から大学生になった異性との交際経験なし男の子。 父親の転勤の事情で、子供のころに住んでいた湘東市へと引っ越しをし、そこで大学生活を過ごすことになったのだが、そこは去年まで女子大で今も95%が女の子のハーレム大学だった。 子供の出会った恵一に片思いを抱く、黒髪でおしとやかだけど重い愛を持っている女子千歳。 お調子者で、恵一を誘惑しようとしてくる、実は暗い過去があるギャル。 京都弁を離す上品で、おしとやかな女の子。 優等生でツンツンしているが、意外な性格がある優等生の美少女。 若くてモデルのようなスタイルをした、男にトラウマがある若い講師。 不器用で交際経験がない恵一はうまくやっていけるか不安になりながらも、持ち前のひたむきさで正面から女子たちに接触していく。 そうして女の子たちに尽くしていくうちになぜか女の子たちから好意を抱かれるも、修羅場を迎えてしまったり、戸惑ったりしてしまう恵一。 一生懸命彼女たちのために汗をかいていくうちに、恵一は気が付いてきてしまった。 「なんか俺、周囲の女子から告白されてるっ?」 そんな風に戸惑いながら、恵一は女の子たちとともに一度しかない大学生活を過ごしていくのであった。

総エピソード数:43話

作品情報

作品名 ~~新しく入った大学はかわいい美少女が99%のハーレム学園だった件~~ 俺は幼なじみがいいと言っているのに、周囲がなぜか俺に告白してくるわけだが
作者名 静内燕
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ HJピックアップコン コメディ 男主人公 現代日本 ハーレム R15 日常 ノベプラオンリー おっぱい イチャラブ ギャル 学園 ほのぼの 純愛 修羅場
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2022年7月14日 0時06分
最終投稿日 2022年9月25日 20時14分
完結日 -
文字数 93,970文字
読了目安時間 3時間8分
総エピソード数 43話
ブックマーク登録 24件
コメント 2件
スタンプ 261件
ビビッと 2件
応援ポイント 111,850pt
ノベラポイント 920pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 令和十文字艶噺 第弐幕

    十文字に彩られた艶華

    45,800

    278


    2022年9月25日更新

    前作『令和十文字つやばなし』を楽しんでくれた皆様、有り難う御座います。 今回のシリーズも前シリーズ同様のコンセプトそのままに、たった十文字の本文とその数倍以上の後書き(サブタイトルも繋がる場合も)で構成された、かなりエッチな恋愛短編集となっております。 色々と書きたいことはありますが、今はそれをグダグダ語るのは無粋なので……とにかく読んで楽しんで下さいませ。 ※この作品の殆どのエピソードは、フィクションです。 実在の地名や人名に団体名とは、一部例外を除いて関係はありません。 ※この作品は法に触れる行為を推奨しておりません。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

  • 僕(芋かりんとう)と、怖い顔のおじさん!

    何とも、摩訶不思議な芋かりんとうの君の話

    53,000

    41


    2022年4月4日更新

    試食、対面、移動販売の個人事業を営む主人公のおじさんの第二の人生と呼ばれる年齢できた『モテ期』の人生模様をコミカルに描いた物語。 50歳を過ぎたおじさんと未亡人。JK少女、女子大生、バツイチお姉様とのラブコメ・恋愛をお菓子の精霊達の視線、視点から見た。確認をした物語で御座います。 西日本では有名な芋かりんとう君、全国では余り知られていない? と、言った事実も……。と、言うことで、自分自身のアピールと。どこが本当の名産地なのかをかけて、四国は土佐、愛媛……。九州は鹿児島、宮崎県とで……。あっ、そう言えば? 広島県にもありました。 それと、筆者が35年以上続けてきた販売、仲卸業で、取り扱いそした商品アイテムの案内もしていきますね。 中には世の出なかった珍しいお菓子の話しや今普通に定番にある商品なども多分? 筆者達が日本で一番最初に販売をした物なども機会があれば説明しますね。と、説明をした所で。 そんな芋かりんとう君なのだが。いつも自分自身を試食販売している怖い顔をした独身中年男性と、二人で商いを頑張る日々を過ごしていたのですが。そんな芋かりんとう君の主であり。販売者であるおじさんには実は? 自身が思いを寄せる女性がいるのだが。彼女には……。 まあ、そんな禁断の恋に溺れることなくおじさんはマイペースで商いを続ける人生を送っているのだが。そんなおじさんが? 芋かりんとう君達お菓子の精霊達は心配……。 まあ、とにかく? 芋かりんとう君達駄菓子・豆菓子・珍味・ドライフルーツ達の視点から、おじさんの恋と商いを見学させてもらうコミカルなラブコメ・恋愛・日常・商い日和のお話でございます。 筆者が昭和の時代から三十年以上続けてきた販売。小売り。仲卸業を終始したので、今迄の経験を簡易的に物語にしながら説明をしていきますね。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間22分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る