異世界ファンタジー 長編 連載中

取り敢えずその目止めよう?

作者からの一言コメント

取り敢えず暖かい目でご覧下さい

ある日目が覚めると魔王になっていた。それも、男、だ。 前世の知識を持っている(?)っぽいトラ耳の『右腕』やうさロリ、吸血鬼に龍人と手が骨なおじ様と織り成す何か!! ※作者の性癖を詰め込んだだけの作品です※ *つい笑ってしまえるような作品にしようと心掛けております! *1話千字程度となっておりますので軽く読めますよ〜(`•ω•′)✧︎ *メインヒロインはダントツで魔王様だと私は思います笑 *セルフレイティングは念の為に。詳細に表現していないので、本当の本当に無理な人向けに付けました。 【不定期更新】

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 取り敢えずその目止めよう?
作者名 華燐
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 最強主人公 魔王 勇者 男主人公? 女主人公? ハーレム ノベプラオンリー チート 人外 見方を変えれば百合 転生
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年9月13日 16時06分
最終投稿日 2020年10月30日 21時04分
文字数 39,867文字
ブックマーク登録 23件
コメント 5件
スタンプ 100件
ビビッと 0件
応援ポイント 23,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 絶望から始まるアホの物語

    ♡15,300

    〇300

    異世界ファンタジー・連載中・18話・38,106字 昆布茶

    2020年10月29日更新

    休みの日に現実に疲れたオタクの灰斗は、現実逃避のために大量の古本を購入する。 灰斗は購入した本の中で、25巻セットで990円(税込み価格)のライトノベルを読むことにした。 時間を忘れて読んでいく灰斗だったのだが、突如急激な眠気と悪寒が襲いかかる。 朦朧とする頭でベッドから降り、飲み物を飲もうとした瞬間―― どこかで見たことのあるようなキャラクターが現れた。 それは先ほどまで読んでいたライトノベルの登場キャラクター、エルフのアルシュカだった。 アルシュカの放った特大の爆弾は灰斗を大混乱にたたき落とす。 灰斗は先ほどまで読んでいたライトノベル、『俺のエクスカリバーで世界を救ったら、ハーレムが100人出来ました』(通称、俺ハレ)の噛ませ犬のグレイ・アホホールに憑依してしまったのだ。 これはグレイとなった灰斗が、主人公に無残な噛ませ犬にされないように奮闘する努力と覚悟の物語である。 ※タイトルとあらすじを変更しました(内容は変わっていません)

  • ( 。∀ ゚)

    ♡27,615

    〇10

    エッセイ/評論/コラム・完結済・5話・6,666字 春ノ嶺

    2020年10月21日更新

    何がヤショクアッププラスだよ!!!!こちとらミリメシアッププラスじゃい!!!! ・軍隊の料理レシピを応用して夜食っぽく仕立ててみようという試みをしてみようという駄文まとめです ・作者は胃袋が小さいので普段ほぼ夜食をとりません ・というか10時には布団に入ります ・レーションは出ません

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る