超一流清掃用務員異世界転生譚。元暗殺者兼公爵令嬢側近従者転生後、前世記憶復活、清掃魂覚醒。周辺汚染物徹底清掃開始。異世界清掃黙示録。 ~咆哮、清掃魂~

読了目安時間:5分

クーリア・ジェニスターに言い渡された、蔵書室へ入るための条件とは!?

用水路の状況を洗い出します。

 ジーキライ・スクリーム陛下から出された、蔵書室への入室条件。  それは私が城の周りにある用水路を、綺麗にお掃除するというものだ。  陛下からその条件を出された翌日、私は朝から一人でその用水路の確認に向かった。  ココラルお嬢様は一人でご通学されているが、お嬢様自身から許可は得ている。  『"汚れ"のお掃除が先決ですわ!』とおっしゃられていたので、そのお言葉に甘えさせてもらっている。  ただ、『今クーリアが学園に行って、先生や学園長に会うとマズいですわ……』ともおっしゃっていた。  こちらについては意味の分からない話だが、きっとお嬢様は要点だけ私に分かりやすく伝えて下さったのだろう。  それ以上は何もおっしゃらなかったので、こちらも深く詮索しない方がいい。  私はココラルお嬢様を信じる。  お嬢様の従者として、<メイド>として、<清掃用務員>として、クリーンな心で信じよう。 「それにしても……あまりよろしくない状況ですね」  そうして用水路までやって来た私だが、状況は中々に深刻。  <用務眼(ヨムイアイ)>で確認したところ、周辺を"汚れ"が空気と一緒に漂っているのが見える。  濃度自体はそれほどでもない。だが、その成分は有害だ。  用水路の近くに住んでいる人達も、どこか体調が悪そうに見える。  "汚れ"の影響だろうか。嫌な虫が湧いているのも見える。  前世ではこのように"汚れ"をハッキリ視認できなかったが、これはもしかするとウイルスの類かもしれない。  だとすれば、早急なお掃除が必要になる。 「あら~? クーリアさんじゃないですか~。こんなところでお会いするなんて~、奇遇ですね~」  私がお掃除について考えていると、聞きなれたほがらかな声が耳に入って来た。 「シスター・マリアック……? あなた様こそ、どうしてこのような場所に?」 「<シスター>としての~、活動の一環ですね~。この辺りは~、苦しんでる人が多いですから~」  私に声をかけてきたのは、敬愛なるシスター・マリアック。  彼女は腕にバケットを抱え、いつもの笑顔で立っておられた。 「このような場所にも出向かれるとは……。流石はシスター・マリアック。実に仕事熱心でございます」 「いえいえ~。これは<シスター>として~、当然の活動ですから~」  彼女はそう言いながら、道行く人々にバケットから取り出した聖水を配っていく。  何度か転びながら、笑顔で一つずつ手渡していく。  なんとも慈愛に溢れたことか。  彼女にとっては当然の行いのようだが、その"当然"を笑顔で難なくこなすことが素晴らしい。  シスター・マリアックもここで活動しているのならば、より早急なお掃除が求められる。 「ところで~、クーリアさんはどうして~、ここに来たのですか~?」 「陛下よりお掃除の依頼を受けました。この用水路をお掃除してほしいとのことです」  私がここにいる理由も尋ねられたので、私は簡潔に説明した。  シスター・マリアックにはすでに私が転生者であり、<清掃用務員>であることは伝えてある。  よって、話す内容はこれぐらい簡潔で十分。  旦那様が陛下に行った話し方を参考にした甲斐があった。 「確かにこの辺りは~、空気がよどんでますね~」 「はい。ですので、まずは私の方でこの空気をお掃除します」 「く、空気をお掃除~? そんなことって~、できるんですか~?」 「少々道具の準備は必要になりますが、できないことはありません」  シスター・マリアックも危惧する通り、『空気をお掃除』することは簡単ではない。  だが、そこは<清掃用務員>たる私の工夫次第。  前世の世界でもこういう時に使える道具はあった。  "あれ"があれば楽だったのだが、この世界にはない。  だったら作ればいいだけの話。この世界には前世とはまた違う力もある。 「ともかく、必要な道具を取り出しましょう。<収納下衣(タンスカート)>、フルオープン」  まずはその道具を作るため、私は<収納下衣(タンスカート)>の中身を全て取り出した。  ガチャガチャ ガラガラ  ゴチャゴチャ ゴロゴロ  ガララララ―― 「あ、あの~……クーリアさん~?」 「どうかされましたか? シスター・マリアック」 「<収納下衣(タンスカート)>の中身が~、多すぎないでしょうか~?」  私が準備をしようとしていると、シスター・マリアックが驚いた表情で尋ねてきた。  成程。確かに驚かれるのも無理はない。  予備を含めた清掃三種の神器(クリーンアップトリオ)が三セット。  各種溶剤の入った霧吹きが計五十本ほど。  清掃台車に洗浄用の水が十リットル。  ココラルお嬢様がいつでもティータイムを楽しめるように、ティーセットと専用テラス。  何かに使えるかもと思って用意しておいた、<アサシン>時代の各種魔法石。  清掃三種の神器(クリーンアップトリオ)以外の清掃道具が諸々――  この世界の<メイド>スキルで手に入れた<収納下衣(タンスカート)>だが、本来ならここまで容量は入らない。  尋ねられた以上、この点については説明しておこう。 「<メイド>スキルに<清掃用務員>スキルを融合させることで、<収納下衣(タンスカート)>の容量アップに成功しました」 「え……え~……。そんなことって~、できるんですか~……?」  私の説明を聞いたシスター・マリアックは、どこか引き気味な表情をしている。  詳しく説明しようにも、少々難しい話だ。  おそらく<清掃用務員>として『道具の使い分け』の必要性が生じ、<収納下衣(タンスカート)>の容量アップに成功したのだろう。  原理を説明しろと言われても、私にもできない。  でも、できてしまったのだから仕方ない。  それに何より便利なのだ。  今の私はまさに、『人間用務室』と言っても過言ではない。  流石に容量が大きくなったため、多少は重くなってはいるが、この程度なら許容範囲だ。 「さてと……。一応ここにあるもので、私が望むものは作れそうですね」 「い、今から作るのですね~……」  私の横でシスター・マリアックが相変わらず引き気味に話しかけてくるが、今はお掃除を優先しよう。  私は<清掃用務員>。  たとえ"汚れ"がどんな形であれ、必ずお掃除する者だ。

……この主人公。前世で何やってたんだろ?(真顔)

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 高校生の主人公ソラは、ずば抜けた適性を持っていたため、現代に出現したダンジョンの調査をする組織、「攻略隊」に入る。各国から若者が精鋭として東京に集められ、共同生活をしながらダンジョンに挑むのだが他の隊員は難のあるやつばかり。しかも真の敵はモンスターではなく旧東側陣営のロシアや中国で……

    読了目安時間:50分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    91,800

    230


    2021年6月13日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間7分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死後につくる新しい家族

    血は繋がってないけど、俺たちは家族

    10,250

    0


    2021年6月11日更新

    30歳の独身おじさん、タカノトモユキは仕事中の不慮の事故で即死してしまう。 死んでしまったタカノは身に覚えのない手続きが認可されたことによってわけもわからぬまま異世界へ飛ばされることに!? 行きついた先は魔法使いに獣人、未知の生物たちがひしめくなんともファンタジーな世界。 そこでタカノは街で謎の家出少女ミラと出会い、なりゆきで彼女の養育者に!? 自分と少女の生活のため、おじさんの異世界奮闘記が幕を開ける!

    読了目安時間:38時間4分

    この作品を読む

  • 完ソロ

    神器を癒せ。神器(バイク)を駆れ。

    200

    0


    2021年6月14日更新

    ●「完ソロ」とは、ソロキャンプに出掛けたらキャンプ場に誰も居なくて、本当に一人っきり(完全ソロ)になること。 むしろ一人になりたかった主人公、楓太は、異世界に来てもソロキャンプ、ソロツーリング。慌てず騒がず、何でも一人で出来てしまう楓太は、周囲に溶け込み、空気的な自然さで、異世界人だと悟られずに旅を続けるのだが・・・。 ●世界は終焉に向かいつつあることを、殆どの者が知らない。それを救えるのは、呼ばれた者たちの特別な能力・・・ではなく、心。その心で、神器を・・・癒せ。 ●自然、バイク、キャンプ、ぼっち(笑)・・・作者の好きなものを全部詰め込んだ、思い切り自分のための作品です。 ※一話一話が概ねアニメの一話相当のボリュームになるように書いています。全12~13話(1クール)になる予定。 週一更新を心掛けています。

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む