超一流清掃用務員異世界転生譚。元暗殺者兼公爵令嬢側近従者転生後、前世記憶復活、清掃魂覚醒。周辺汚染物徹底清掃開始。異世界清掃黙示録。 ~咆哮、清掃魂~

読了目安時間:6分

モップゥ……! えっぐ、ひっく……! モップゥウ……!

国王陛下にお呼ばれしました。

 フクシマンの格好のままの陛下と別れた後、予備のメイド服に着替えた私は王城へとやって来た。  先に言われていた通り、陛下が話を通してくれたのだろう。  私が来ると、すぐに陛下の私室に案内してもらえた。  王城の中は非常に慌ただしかった。  陛下が言っていた通り、クッコルセ団長の穴を埋めるために、<騎士>が奔走しているようだ。   「……陛下、失礼します。お呼びの通り、このクーリア・ジェニスターが参りました」  そのまま案内されるがまま陛下の私室に入り、私はお辞儀をして挨拶した。 「おぉ。来たか、クーリア。ジーキライが言うには相当落ち込んでたようだが、大丈夫か?」 「自分のところの従者の心配をするのもいいが、この者、吾輩に相当失礼なこと言ってたぞ? アトカル」  部屋に入って私にかけられた声を聞くと、二人の男性の声が聞こえた。  一人は陛下だが、もう一人は私も聞きなれたお声だ。  私は下げていた頭を上げて、そのお顔を確認する―― 「旦那様……? なぜここに……?」 「ジーキライから話を聞いてな。お前が落ち込んでいるのも心配だったし、何よりわしも力になれると思ってな。ハハハッ」  旦那様は私に対して、穏やかな笑顔で接してくださった。  私のような者を心配してくださったことも有難いが、何よりも気になることがある――  ――旦那様は先程から陛下のことを、『ジーキライ』と呼び捨てにしている。  公爵と陛下では身分があまりに違う。  そのような気軽な呼び方が通用するものなのだろうか? 「……おい。お主のところの従者が困惑しておるぞ。さては説明してすらいなかったな? このバカアトカル」 「お前だって、『フクシマン』とかいうあのダサい格好を見られたんだろ……。アホジーキライ」 「あの……すみません。お二方は一体、どういう関係なのでしょうか……?」  どうにもこのお二方、身分とは関係なしに何か別の関係性が見えてくる。  私は恐る恐るその理由を尋ねてみた―― 「ああ、すまんな、クーリア。わしとこのジーキライは幼馴染なんだ」 「アトカルがおかしくなってからは距離を置いていたが、久しぶりに気楽に話せたわい。そういう意味でもお主には感謝せねばな。ガハハハッ!」  ――なんと驚き。旦那様と陛下が幼馴染だったとは。  いや、幼馴染だったことにも驚きだが、それ以上に階級を超えて親しいやり取りをする光景にも驚きだ。  私がいた前世の世界では競争が激しかった。  同じ世代同士でも社会的地位で差がついてしまえば、そこには格差も生まれていた。  私も<清掃用務員>としては"超一流"で、人々から一目置かれている面はあった。  逆に<清掃用務員>であることを舐められて、下に見られるという屈辱を受けたこともあった。  だが私としてはそんな地位や立場に関係なく、できうる限り仲良く人々と接したかった。  私自身が人との接し方が苦手というのも、原因だったのかもしれない。  それでも普段の清掃業務(ミッション)とは違う、上辺だけではない人付き合いがしたかった。  だが、今私の目の前にいるお二人はどうだ?  幼馴染というだけで、身分の差など関係なく接しておられる。  旦那様が元に戻られた今、こうやって親しい間柄を続けておられる。  ――正直、羨ましかった。  私には前世にも現世にも、こうやって親しく語り合える人がいない―― 「……ん? どうしたんだ、クーリア? 何やら悲しそうな顔をしているが……?」 「いえ、お気になさらないでください、旦那様。私は大丈夫ですので、どうかお話をお進めください」 「まあ……本人がそういうなら仕方あるまい。ほれ、クーリアよ。お主もそこに腰かけよ」  ――いけない。旦那様にまた心配を掛けさせてしまった。  <清掃用務員>たるもの、常にクールでクリーンでクラシカルに立ち振る舞う。  この世界で定義した、私の更なる嗜みだ。  そんな悲しそうに見えた私は気遣われながらも、陛下に言われた通り、旦那様と陛下がいる向かいのソファーに腰掛ける。 「それで早速なのだが、お主の『新たな武器』について話をしたい」 「お言葉は有難いのですが……陛下。私は人を傷つける武器は持ちたくありません」  ここだけは先に陛下にお伝えする必要がある。  私は<清掃用務員>だ。その誇りだけは失えない。  『新たな武器』が人を傷つけるものならば、いっそ私の方が命を絶つ。  ――私にだって、譲れない一線はある。 「……アトカルから聞いてはいたが、本当に芯が通っているな。いや、感心感心」 「クーリアはわしを元に戻す時も、一切傷つけるようなことはしなかったからな。今のこの子は、<アサシン>にさえ向いてない」  そんな好意を無碍にするような無礼とも取れる態度を私がとっても、陛下はむしろ感心してくださった。  横から旦那様も口を挟むが、そのお言葉には優しさが見える。 「クーリア・ジェニスター。吾輩はその『新たな武器』で、人を傷つけてほしいとは思っていない。アトカルからも聞いているが、吾輩が提案したいのはお主がクッコルセ団長とも渡り合えるようになる、『強力な清掃道具』の作り手についてだ」  そして陛下はあらかじめ旦那様から聞いていたと思われる話を元に、その提案内容を明確に話し始められた。 「『強力な清掃道具』……。そのようなものの作り手が、陛下のお知り合いにいるのですか?」 「清掃道具を作るのが本職ではないが、吾輩が思うに"あの男"以上に適した人材などおるまい」  『強力な清掃道具』と聞くと、私も反応せずにはいられない。  私も詳細が気になって、体を前のめりにしながら陛下のお話を伺う。  陛下もまた、そんな私に寄り添うように手を合わせながら前のめりになる。 「だがな、ジーキライ。本当にあのボケで大丈夫なのか? あいつ今、相当荒れてなかったか?」 「……それは吾輩も気にしている。そこをどうするかが問題だな……」  ただ、そんな私と陛下の会話に割り込んできた、旦那様の疑問。  旦那様は苦い顔をしているが、陛下もまた考え込んでいる様子がうかがえる。  ――そんなに問題がある人物なのだろうか? 「ともかく、私としては一度そのお方に会ってみたいです。何というお方なのでしょうか?」  どのような人にしろ、クッコルセ団長の"汚れ"を落とす可能性があるならば、私はその人に賭けざるを得ない。  "汚れ"の強大さに怖気づき、ただ手を止めるような真似は許されない。  ――工夫、協力、可能性の追求。  <清掃用務員>として、打てる手はすべて打つ。  お掃除を諦めるようなことは絶対にしない。  それが私の清掃魂(セイソウル)だ。 「……あい分かった。元より吾輩もお主にどうにか会わせたかった男だ。吾輩はクッコルセが抜けた穴を埋めるためにも、城に残る必要がある。だから代わりに、アトカルに案内してもらう」 「今からクーリアに会ってもらう男もまた、わしとジーキライの幼馴染でな。わしもあいつのことは詳しい」  成程。陛下と旦那様の更なる幼馴染か。  このお二方は非常に優秀で、私も心より尊敬できるお人だ。  そんなお二方の幼馴染ともなれば、俄然期待が高まってくる―― 「今から会いに行く男の名は――スミスピア・ガンランス。このウォッシュール王国一の<鍛冶屋>だ」

モップゥウウウ!!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • wink killer もし、ウィンクで人を殺せたら――。

    貴方はその力、何に使いますか?

    226,100

    802


    2021年6月13日更新

    もしウィンクだけで人を殺せる力を手にしたら、貴方はその力、何に使いますか。 誰かを守るため? 自分を守るため? それとも――憎い相手を、殺すため? ☆★☆ 別れたはずの元恋人に殺されかけ、死の間際にあったある一人の少女。 そんな彼女が手に入れたのは、右目を瞑ることで人を殺めてしまう事ができる、wink killerと呼ばれる死神の力だった。 「この力は、大切な人を守るために使う」 少女はそう誓い、大切な者を守るために生きると決めた。 ――はずだった。 ※次回更新は6月13日(日)予定です。 ※小説家になろうにて前編完結済の作品の、リメイク版になります。 ※読者の皆さま、いつも温かいコメントをありがとうございます。 ※素敵な表紙絵は瑞樹くりむ様(@773_cream)に作成していただいたものになります。著作権は瑞樹様にあり、画像は小説表紙として使用許可を頂戴しておりますので、無断使用・無断転載はお控えください。 ※この作品には、本編ラストにハッピーエンド保証が付いています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間47分

    この作品を読む

  • Dual World War

    異世界転移×SF (毎週水曜更新中)

    14,400

    162


    2021年6月13日更新

    主人公:水奈 亮(17)はごく普通の高校2年生。そんな彼にも異世界への扉が開かれた。 そこは私たちが住まう世界とはわずかに、でも、確実に異なる世界。。。 わずかな違和感とそれを薄めるような安心感との連続で次第に自分を見失いつつあるなか、 何の脈絡もなくソイツは姿を現した。 突如課せられた使命。 5年前に終息したはずの【外来生物】の再来と、 滅びを水際で食い止めし人類が用意した対抗策:外来生物特務機関NAVISとは一体何か!? 等身大の高校生が世界の命運をかけて戦う異世界転移型SFストーリー ぜひご一読を!

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 夕陽に溶ける

    とある少女の話

    200

    0


    2021年6月14日更新

    化け物だって夢を見るし、人並みに感動するのだ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 最後の騎士 ~第六聖女遠征の冬~

    戦場に交錯する意志も、やがて冬に消えゆく

    3,800

    0


    2021年6月11日更新

    これは、〈神の奇跡〉が伝承と化し、騎士が銃火に消えつつある戦場の物語。 二百年前に起こった、〈東からの災厄〉と呼ばれる壊滅的な戦災を経てなお、滅びゆく大陸を二分する〈教会〉と〈帝国〉は、その覇権を巡り争っていた。 雪荒ぶ北の〈帝国〉の地で、男たちはそれぞれの意志を胸に、戦場に臨む。 闘争に理由などない。しかし人は闘争に意味を求める。国家の大義、神への信仰、騎士の誇り……。憎悪、快楽、渇望……。他がため、そして己のため……。 それらは渦巻く意志となり、戦場に際限なき血を求める。 そして、〈教会〉の若き月盾の長と、〈帝国〉の騎士殺しの黒騎士の邂逅は、一つの時代の終わりを告げようとしていた。 ーーーーー *6人の視点人物による群像劇です。前線での戦闘を軸に話が展開するため、暴力描写が非常に多くなります *架空の世界を舞台としているため異世界ファンタジーに分類していますが、基本的に近世ヨーロッパの史観に基づいた世界です。魔法は過去の伝承程度に留まり、人間以外の異種族やモンスターは登場しません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間16分

    この作品を読む