超一流清掃用務員異世界転生譚。元暗殺者兼公爵令嬢側近従者転生後、前世記憶復活、清掃魂覚醒。周辺汚染物徹底清掃開始。異世界清掃黙示録。 ~咆哮、清掃魂~

読了目安時間:5分

謎の正義のヒーロー登場! その名もフクシマン!

正義のヒーローの登場です。

「『フクシマン』……?」  自らをそう名乗って私の後ろから現れたのは、何とも異様な男性だった。  ムキムキの肉体を黄色の全身タイツで覆い、背中には赤いマント。  顔は覆面で覆われており、口と頭頂部だけは見える。  見たところ、髪の毛はないようだ。  ――怪しい。怪しすぎる。  だがこの『フクシマン』と名乗る男性は、少年の願いを聞こうとしているようだが―― 「そこのメイドさん。このあたりの空気が綺麗になったのは君のおかげだ! 誇りたまえ!」 「は、はい……。ありがとうございます……」  フクシマンは私へねぎらいの言葉をかけると、前へ出て人々に話を始めた。 「誇り高きウォッシュールの民達よ! ワッシの力でまずは、皆の腹を満たそうぞ!」  そう言ってフクシマンは右手を頭上に掲げて指を鳴らす――  ドサドサ! ドサドサ!  ――そして現れたのは、肉や野菜といった大量の食材の数々。  それらを横に置いたフクシマンは、いつの間にか用意されていた調理台へと向かう。 「さて……ワッシの腕の見せ所だな!」  トントントン! タンタンタン!  ジュージュー! グツグツ!  そこからフクシマンが始めたのはお料理だった。  しかもそのお料理スキルは並大抵のものではない。  リズムよく肉や野菜を切り、フライパンで炒め、鍋で煮て、調味料で味付けしている。  私も<メイド>のスキルでお料理はできるが、それとは比べ物にならない。  この世界にあるお料理専門の<料理人>のスキルでも、これほどまでの腕前は見たことがない。 「ウオオオオ!! ――よし! 完成だ!」  その凄まじいお料理スキルにより、フクシマンは一瞬で大量のお料理を完成させてしまった。  肉と野菜が大量に具材として入ったスープ。  見た目と匂いだけでも分かる。このお料理は絶対に美味しい。  私も思わずお料理に釘付けだ。 「さあ! 空腹に困るウォッシュールの民よ! ワッシが作ったこの料理を食してくれ!」 「えー!? 食べていいのー!?」 「お、おお……! こんな御馳走は生まれて初めてだ……!」  フクシマンは出来上がったお料理を、周囲の人々に振舞い始めた。  人々は無我夢中で口に入れていく。 「う、うめえぇ……!」 「こんなにうまいものを、腹いっぱい食べられるなんて……!」 「ハハハー! 喜んでいただけたようで、ワッシも何よりだ!」  フクシマンの振舞いに感動する人々。  その人々を見て大喜びのフクシマン。  ――素晴らしい。  私にはお掃除しかできなかったが、このフクシマンという人はお料理で人々のお腹も心も満たしている。  この場所のように国の福祉が行き届かない場所でも、こうやって人々を救うその逞しき姿――  ――まさに、『正義のヒーロー』。 「メイドさん! 良かったら君も、ワッシの料理を食べてくれ!」 「……え? は、はい。ありがとうございます」  感極まって固まっていた私にも、フクシマンはお料理を手渡してくれた。  ――やはりおいしい。  全身に天然イオン水がめぐるように、幸福感で満たされていく。  お掃除も素晴らしいが、お料理も素晴らしい。  私は<清掃用務員>だが、<メイド>でもある。  今後はより人々のよい生活のためにも、お料理を覚えることも検討してみよう。 「……ごちそうさまでした。大変美味しかったです」 「そう言ってもらえると、ワッシも頑張った甲斐がある! メイドさんもご苦労であった!」  私の言葉に対して、フクシマンも明るくエネルギッシュに答えてくれる。  何者かは分からないが、この人は素晴らしい人だ。  全身タイツに覆面、ムキムキボディにツルツルヘッドで怪しく思ってしまったが、このお方もまた、私にとって尊敬できる人だ。  本当に私の周りには見習うべきお方が多い―― 「――ん? すいません。少々お待ちいただけませんか? フクシマン様」 「え? あ、はい」  ――ここに来て、私はあることが頭に引っかかってしまった。  どうにも最近、似たような特徴を持った人に会った記憶がある。  私はメモを取り出して、そこに書かれていた内容とフクシマンの特徴を照らし合わせてみる。  筋肉ムキムキ――あってる。  頭ツルツル――あってる。  後は記憶だよりだが、声色も似ている。  口調こそ変えているものの、もしかしてこの人は―― 「すみません。もしかして、あなたはジーキラ――むぐぅ」 「ハハハー!? メイドさん!? 続きは人のいないところでしようかなー!?」  私がフクシマンの正体を喋ろうとすると、フクシマンは慌てて手でその口を塞いできた。  覆面で表情全ては分からないが、わずかに見えた口元はかなり引きつっていた。  そしてそのまま私はフクシマンに片手で抱えられ、人々の中から連れ出されていく。 「おや? フクシマンという人はもうお帰りかな?」 「空気を綺麗にしていたメイドさんも、一緒にいなくなっちゃったけど……?」  遠ざかる私とフクシマンを見て、人々がそんな疑問を口にしているのが聞こえた。 「すみません。最後にお別れの挨拶ぐらいした方が良かったのでは?」 「今はいいから! とにかくここを離れたいから! 離れてから話すから!」  私が尋ねてみても、フクシマンはとにかく慌てて走り出すだけだった。  フクシマンは私を抱えながら、人のいない場所を探して走っていった―― ■ 「ゼエ……! ゼエ……! こ、ここまでくれば大丈夫だろう……」  ――そうして辿り着いたのは、人のいない橋の下。  ここに来て、ようやく私はフクシマンの腕から解放された。 「……もう、よろしいでしょうか?」 「……ああ。吾輩ももう観念してる……」  フクシマンの口調は先程までと違い、私が思っていた人物のものになった。  やはりこの人の正体は―― 「何をやっているのですか? ジーキライ・スクリーム陛下……」

何やってんだよ!? 陛下!? 陛下ぁああ!!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 夕陽に溶ける

    とある少女の話

    200

    0


    2021年6月14日更新

    化け物だって夢を見るし、人並みに感動するのだ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む

  • 最後の騎士 ~第六聖女遠征の冬~

    戦場に交錯する意志も、やがて冬に消えゆく

    3,800

    0


    2021年6月11日更新

    これは、〈神の奇跡〉が伝承と化し、騎士が銃火に消えつつある戦場の物語。 二百年前に起こった、〈東からの災厄〉と呼ばれる壊滅的な戦災を経てなお、滅びゆく大陸を二分する〈教会〉と〈帝国〉は、その覇権を巡り争っていた。 雪荒ぶ北の〈帝国〉の地で、男たちはそれぞれの意志を胸に、戦場に臨む。 闘争に理由などない。しかし人は闘争に意味を求める。国家の大義、神への信仰、騎士の誇り……。憎悪、快楽、渇望……。他がため、そして己のため……。 それらは渦巻く意志となり、戦場に際限なき血を求める。 そして、〈教会〉の若き月盾の長と、〈帝国〉の騎士殺しの黒騎士の邂逅は、一つの時代の終わりを告げようとしていた。 ーーーーー *6人の視点人物による群像劇です。前線での戦闘を軸に話が展開するため、暴力描写が非常に多くなります *架空の世界を舞台としているため異世界ファンタジーに分類していますが、基本的に近世ヨーロッパの史観に基づいた世界です。魔法は過去の伝承程度に留まり、人間以外の異種族やモンスターは登場しません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間16分

    この作品を読む