Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

超一流清掃用務員異世界転生譚。元暗殺者兼公爵令嬢側近従者転生後、前世記憶復活、清掃魂覚醒。周辺汚染物徹底清掃開始。異世界清掃黙示録。 ~咆哮、清掃魂~

読了目安時間:6分

最強! お掃除ファンタジー開幕!

Episode of Cleaning Janitor

前世の記憶が蘇ります。

「こんな寒空の下に座り込んで、何をしているのですわ?」  あれは今から十年程前の話だろうか。  冬の空の下で一人膝を抱えてうずくまる私に、あのお方は声をかけてくれた。  そのお方は高貴な身なりをした、当時五歳の少女だった。 「……放っておいてください。私は卑しい身分の<アサシン>。あなた様のような高貴なお方とは、相容れませぬ」  その身なりから、少女が身分の高い人間であることは容易に想像できた。  当時の私は<アサシン>としての仕事に失敗し、路頭に迷い込んでいた。  己の実力に対する過信と軽率――  所属していた組織からも追放され、ただ一人路地裏で落ち込んでいた。 「まあ! あなたは<アサシン>なのですわ!? 初めて見たのですわ!」  ただ、私が突き放したはずの少女は離れるどころか、私に興味を抱き始めた。  高貴な身分の少女にとって、私のような卑しい身分の女は物珍しかったのだろう。 「どうしたんだ、ココラル。何やら騒がしいが?」  そんな少女の声を聞いて、父親と思われる男性もやって来た。 「お父様! この人をお屋敷で雇ってほしいですわ!」 「この少女をか? ふむ……。見たところ、行く当てもなさそうだが……」  少女は父親に、私を雇うように嘆願する。  私のような女の何が気に入ったのだろうか?  どうせ父親もすぐに私を突き放すだろうと思っていたが―― 「君、本当に行く当てはないのかい? 君さえよければ、ウチで働いてみないか?」  ――私を迎え入れようとしてきた。 「……私は<アサシン>です。あなた達のような高貴な方々の屋敷に、上がりこむわけにはいきません」 「ほう、<アサシン>だったか。そのような若さで<アサシン>になるからには、何か事情があるのだろう」  当時の私はまだ十五歳だった。  少女の父親はそんな私を憐れんだために、私を迎え入れようとしたのだろう。 「娘も君のことを気に入っている。物は試し程度で構わない。よかったら、娘のためにも<メイド>として働いてくれないか?」  ――それでも、その優しさは嬉しかった。 「……こんな私でよければ、よろしくお願いします」 「良かったのですわ! わたくし、万々歳なのですわ!」 「これ、ココラルよ。そうはしゃぐでない。まだお互いに自己紹介も終わってないしな」  私を受け入れてくれた親子は、それぞれ名乗り出てくれた。 「わしはアトカル・ファインズ。このウォッシュール王国の公爵だ」 「わたくしはその娘の、ココラル・ファインズですわ!」  今にして思えば、随分と酔狂な親子だったものだ。  国の公爵という身分にありながら、私のような人間を迎え入れてくれたのだから。  私はこの方達の恩に報いる決意を固め、自らの名を名乗り出た。 「私の名前は……クーリア・ジェニスターです」 ■  その後、私はファインズ公爵家の<メイド>として、一心に働いた。  アトカル様の奥様――ココラルお嬢様の母上様にも気に入られ、<メイド>として忠誠をつくした。  ファインズ公爵家の方々は、私を優しく迎え入れてくれた。  それはそれは幸福な日々だった。  <アサシン>だった頃の荒んだ日々を忘れ、職務を全うすることができた。  いつしか私は<メイド>として一流になり、ファインズ公爵邸におけるメイド達のリーダーとなっていた。  身も心も満たされる毎日を過ごしていた――  ――だが、そんな日々も唐突に終わりを告げる。  私が二十五歳になった頃、ココラルお嬢様が十五歳になり学園へ通い始めた頃に、ファインズ公爵家の奥様が流行り病で亡くなられた。  その日から、ファインズ公爵家の様子は一変した―― ■ 「クーリア! ワタクシはシケアル殿下と婚約したいのですわ! なんとかするのですわ!」 「ココラルお嬢様……。なんとかと言われましても……」  私が仕えていたココラルお嬢様は、突如として猛烈にワガママになった。  母上様が亡くなられたショックなのだろうか? いや、それにしても心変わりが大きすぎる。  ウォッシュール王国の皇太子殿下と婚約したいと言い張り、周囲を巻き込んでいる。  学園内での評判もよろしくなく、派閥を組んで自らの恋路の邪魔になる生徒を虐めてまでいる。 「ワタクシに逆らうのですか!? クーリア! ファインズ公爵家に拾われた恩を忘れたのですか!?」 「いえ……。今でも私はあの日の恩義は忘れていません」  ココラルお嬢様の態度は日に日に過激になり、私への態度も冷たくなっていった。  それどころか、私への命令もどんどん過激になっていき―― 「……そういえば、あなたは<アサシン>でしたわね。その技量を使い、ワタクシと殿下の婚約を邪魔する女を、始末するのですわ!」  ――ついに、私に<アサシン>として"殺し"の命令まで下すようになった。  こんな命令は受けたくない。  それでも、私に逆らうことは許されない。 「……かしこまりました。アシがつかぬよう、準備をいたします」  私はお嬢様の部屋を出て、一人お屋敷の用務室で悩んだ。  今の私にせめてできることがあるならば、それはファインズ公爵家に泥を塗るような真似をしないこと。  <アサシン>として磨き上げた暗殺スキルを使い、決してココラルお嬢様との繋がりをバレないようにすること。 「……ここにある道具を使えば、簡単な毒ぐらいは作れるはず――」  そう思いながら、私は用務室にあった溶剤を手に取った。  塩素系漂白剤と、酸性洗剤――  この二つを混ぜ合わせれば、毒ガスを発生させることができる。  こういう普遍的なものから毒ガスを作れば、犯行がバレることはない。 「……? なんで私は、そんなことを知っていて――」  ――おかしい。何かがおかしい。  私の<アサシン>としてのスキルにも、<メイド>としてのスキルにも、このような知識はない。  それなのに私はこの二つを混ぜ合わせることに、言いようのない不安を感じた。  そもそも、この二つの名称が『塩素系漂白剤』と『酸性洗剤』であることさえ、この世界では知られていないことのはず―― 「あ、頭が……!? こ、この二つは――」  そんな不信感を抱いた時、私の脳内に大量の"記憶"が流れ込む。  それは本来、私の中には存在しなかったはずの記憶。  それなのに、私はこの記憶の正体が分かり始めていた。 「――塩素系漂白剤と酸性洗剤は……"混ぜるな、危険"!」  ――私が発したその言葉と共に、全てを理解することができた。  私は二つの溶剤を置いて、用務室の中を確認した。  ――目に付いたのは、"モップ"。  全てを理解した私にとって、最もなじみ深い一品だ。  モップを手に取った私は、その手触りを確認する。 「……やっぱり、モップこそ私の嗜み」  モップを体の横に添えると、私は一度目を閉じる。  先程私の頭に入り込んできたのは、私の前世の記憶――  全て思い出した。  私は一度死に、今はクーリア・ジェニスターという人間として生まれ変わったのだ。  今でこそ<アサシン>であり、<メイド>である私だが、前世では全く別の職業だった。  その職業の記憶も蘇ったからこそ、私は塩素系漂白剤と酸性洗剤を見極めることができたのだ。  記憶の整理が終わった私はゆっくりと目を開き、一人用務室の中で宣言した―― 「そうだ……。私は……<清掃用務員>だった!」

どんな溶剤も一発で見極める―― <清掃用務員>って、スゲェ!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界進路希望調査で逆ハーレム系主人公って書いたのに手違いで魔王を倒す勇者にさせられた

    本編の裏話として書きました

    5,200

    5


    2021年7月30日更新

    死んだ人は次の自分の人生をどんな世界でどんな自分になっていきたいかを自ら決めることができる。 そんな中主人公は勇者となって魔王を倒しに行きたいと思い次の人生を書類に書いて提出した。 しかし、書類の手違いがあって一緒にいた男の子の提出した書類と入れ替わって提出をしてしまった。 結局転生したのはなんと魔王がいる世界。 しかも、強力なステータスのせいで魔王と戦う英雄にされそうになってしまった!? 安全に生きていきたいだけなのになんでこうなっちゃうの!? 見事彼女......今は彼だが、このハードな世界を生き抜くことができるのか!? 《一緒にいた男の子のほうが気になる方はこちら》 https://novelup.plus/story/264699160

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 白石英の玉座 〜異世界に転生して公爵令息になったのでとりあえず好きに生きられる世界にしようと思う〜

    異世界で人生まったりやりなおし。

    1,200

    0


    2021年7月30日更新

    実業家として現世を生きた24歳、東条克己は見知らぬ世界の見知らぬ人々の間に生きる6歳児として生まれ変わった。 ひ弱な身体、何もわからない世界、何も出来ない子供……と思ったらやっぱり俺TUEEEEEのチート性能!? 主人公・東条克己の視点で描かれる一人称視点。 本編は基本的に主人公視点、ときどき閑話として別人の視点のお話が入ります。 (閑話は別タイトルで公開) 話の展開はまったり遅めですので、まったりお付き合いいただければ幸いです。 本編で「わかりにくい」「もっと知りたい」シーンがありましたらご意見ください。 可能なものは閑話で補足できるものは閑話に、必要であれば本編修正します。 2021/7から 週1回更新(金曜日) このタイトルは「小説家になろう」(https://ncode.syosetu.com/n0353gs/)でも公開中です。

    読了目安時間:21時間35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 人と妖の物語―妖魔師―(表紙あり)

    妖魔師誕生の物語/本編の妖魔師もどうぞ!

    3,700

    20


    2021年7月29日更新

    これは【伝説の妖魔師】と呼ばれる、始まりの妖魔師【東城 春玄】とその相棒の妖魔たちが、この世の平和の為に奮闘した、誰も知り得ない物語。 妖魔と人間が争う混沌とした世界。東城春玄は陰陽師として日々、悪霊と呼ばれる妖魔と戦い続けていた。 平和を乱し、暴れる妖魔たち。しかしその中でも平和を、人と共存することを強く望む白狐の幼い妖魔、【白蓮】と出会う。 陰陽師として妖魔は悪……しかしそれに強い違和感を覚えていた春玄は白狐の妖魔白蓮、化猫の妖魔風丸、幻狼の妖魔紫幻とともに、影から平和を導く者【妖魔師】としてこの世の混沌に立ち向かう。 妖魔と人間が為す奇跡。 妖魔師誕生の物語。 ご要望にお答えしまして、設定資料の中で眠っていた始まりの物語を執筆します! AN/杏様に表紙を描いて頂きました。ありがとうございます!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    深い闇からも少女を救い出す為に動き出す。

    47,500

    365


    2021年7月16日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります ※素敵なイラストは毒島ヤコ様に作成して頂いたものです ※著作権は毒島ヤコ様にあり、無断使用・無断転載はお控えください あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から、どうにか保護して貰えた。 でも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めてる。 誰も愛さねぇ、選ばねぇ、信じねぇ。 誰も望んでねぇ、求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為。 歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間31分

    この作品を読む