異世界ファンタジー 長編 連載中

ドラゴンおぢさん。 ~人の皮をかぶった最強ドラゴン無双乱武~

作者からの一言コメント

完結しました。ありがとうございます。

最強のドラゴン・アレクニールは『強すぎる』という割としょーもない理由で神を名乗る不気味な男に力を奪われ、ニンゲンの身に封印される。 元の姿を取り戻すため、旅に出るアレクニール。 ドラゴン族の縄張りを離れれば、そこは悪いニンゲンたちでいっぱいだ。 他種族の文化に触れながら、故郷に向かうアレクニールは、悪党を倒して倒して倒しまくる。 元・最強のドラゴン、現・ニンゲンのおっさんが世の中をめちゃくちゃにする!? ドラゴンがおじさんになったどうなるの? と思ったので作りました。 少々バイオレンスな描写あります。 むさ苦しい男たちしか出ないよ! ……と思いきや、女の子もしっかり出ます。 ※この作品は『小説家になろう』様にも掲載されています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ドラゴンおぢさん。 ~人の皮をかぶった最強ドラゴン無双乱武~
作者名 雨森あお
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 最強主人公 ドラゴン おじさん 無双 父性 エルフ 人外 異能 チート 双子 魔術 バトル 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年2月12日 18時00分
最終投稿日 2020年6月8日 18時31分
文字数 411,965文字
ブックマーク登録 79件
コメント 32件
スタンプ 559件
ビビッと 0件
応援ポイント 404,200pt
ノベラポイント 14,310pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡197,800

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・79話・382,653字 普門院 ひかる

    2020年11月26日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

  • 家出少年と怨霊幼馴染の暴走青春ジュブっ

    ♡40,100

    〇1,000

    現代/青春ドラマ・連載中・6話・12,366字 真坂

    2020年11月26日更新

    冨貴乃東寺は今困っていた。 生まれて生きて16歳高校男児。 両親は先日子を捨てて夜逃げした。しかし東寺は気付かずに四畳半の自室で一人畳で大富豪をしていた。 彼はその日、自宅のドアがバンバン叩かれてヤクザ者に借金の返済を迫られる。両親が残した借金は3000とんで20万。とても払えないと踏んだ東寺は家の隠し通路から逃げ出した。 幽霊と一緒に。 「ねえねえふっきー! お金も無いのにどこ逃げるの?」 「親探すしかねーだろ!」 「多分その親もお金ないよ」 「警察に保護……はさておき、いくぞ。レッツ都会! コンクリートジャングル!」 「東京バナナひゃっほー!おらワクワクしてきた!」 幼馴染の幽霊、福住小菜は10年前に一家無理心中で家族に殺されてから家に来てもう10年の付き合いになる東寺の相棒であり、怨霊であり、友達である。 冬のあるイベントの日、カボチャのマスクをして、全身黒タイツを着て、機関銃を持ってちびっこを脅しに回るイベントで、小菜はその時だけ生き返り、まるで生きているように外を駆け回っていた。 そんな彼らだけが知る特別な世界。 家出(夜逃げ?)少年と怨霊?幼馴染コナの涙あり笑いありな現代社会舐め舐め大冒険は始まった!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 発情系女子の異世界冒険記!!

    ♡4,500

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・25話・243,771字 墨笑

    2020年11月26日更新

    異世界転生によって発情体質になってしまった女の子の物語。 ごく平凡な女子大生がある日突然、異世界に飛ばされた。 転生に伴って『召喚士』としての才能を強化されたのはいいのだが、なぜか『発情体質』まで付与されていて…… ファンタジーの世界で様々な異種族やモンスターたちを相手に、見境なくドキドキムラムラハァハァしてしまう女の子のお話です。 召喚士として戦いつつ、厄介な体質に悩まされる日々を描きます。

  • 伝説の勇者が正義ではなかったとしたら?

    ♡700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・6話・13,055字 コーキ

    2020年11月26日更新

    この世界には人間族と魔族という種族が存在する。 人間族とは神と人の間に誕生した種族と言われ、自然の力を己の糧として行使する『魔法』という力を持っていた。 対して魔族とは人間族とは異なる姿をした種族。 翼や尾、角などの身体的特徴を持ち、その容姿を活かした様々な特殊能力を持っていた。 両者はシルヴェスタという地で顔を合わせることなく暮らしていたが、ふとしたきっかけで争いが起きる。 互いに相容れない両者の争いはシルヴェスタ全土へ一気に広がり、各々が王を立ててシルヴェスタを我が物にしようと戦争を始めたのだった。 魔法による遠距離攻撃によって争いは人間族が優勢を見せていたが、魔族は空からの攻撃や奇襲で人間族に対抗する。 お互いの消耗戦が続く戦争は100年に渡って繰り広げられ、両者の総数が3割にまで減少すると、拮抗状態のまま冷戦に突入する。 永久に続くかと思われたこの人間族と魔族の戦争は、人間族側に現れた一人の男によって終息を迎えることになる。 勇者エターニア 魔族に劣らない戦闘力を持ち、魔法をも使いこなすにエターニアは、魔族の軍勢を見事に掻い潜り直接魔族の王グリザイアを討ち倒したのだ。 王を失った魔族は浮足立ち、人間族に一気に押されてシルヴェスタ南西に位置するルーツ山脈へと追いつめられる。 全滅するかと思われた魔族だったが、人間族にはルーツ山脈へ逃げ込んだ魔族を掃討する力は残っていなかったのだった。 かくして 人間族はシルヴェスタ国のほぼ全土を、魔族は国の2割にも満たないルーツ山脈方面を生活圏とし、100年に渡って続いた人間族と魔族の戦争は、人間族側の勝利で幕を引いた。 これは、そのシルヴェスタという一つの国の500年後の物語である。 この物語はフィクションです。 実在する企業、団体、名称とは一切関係ありません。