連載中 長編

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

この作者は、貢献ポイントプログラム未参加の為、ノベラポイントを付与する事はできません。

作者からの一言コメント

なろうで530万PV超 毎日5話投稿中

【5300000PVこえました!】 ヒロインの美麗イラストあり。271日連続、毎日2話投稿中!  なんと、なんと、世にも珍しい事に、  トラックにはねられて死んでしまった男子高校生『閃(セン)』。  気付いたら、びっくり仰天、驚くべき事に、異世界なるものへと転生していて、  だから、冒険者になって、ゴブリンを倒して、オーガを倒して、ドラゴンを倒して、なんやかんやでレベル300くらいの時、寿命を迎えて死んだ。  で、目を覚ましたら、記憶と能力を継いだまま、魔物に転生していた。サクっと魔王になって世界を統治して、なんやかんやしていたら、レベル700くらいの時、寿命を迎えて死んだ。  で、目を覚ましたら……というのを100回くりかえした主人公の話。 「もういい! 異世界転生、もう飽きた! 何なんだよ、この、死んでも死んでも転生し続ける、精神的にも肉体的にもハンパなくキツい拷問! えっぐい地獄なんですけど!」  これは、なんやかんやでレベル(存在値)が十兆を超えて、神よりも遥かに強くなった摩訶不思議アドベンチャーな主人公が、 「もういい! もう終わりたい! 終わってくれ! 俺、すでにカンストしてんだよ! 俺、本気出したら、最強神より強いんだぞ! これ以上、やる事ねぇんだよ! もう、マジで、飽きてんの! だから、終わってくれ!」  などと喚きながら、その百回目に転生した、  『それまでの99回とは、ちょいと様子が違う異世界』で、  『神様として、日本人を召喚してチートを与えて』みたり、  『さらに輪をかけて強くなって』しまったり――などと、色々、楽しそうな事をはじめる物語です。  『世界が進化(アップデート)しました』 「え? できる事が増えるの? まさかの上限解放? ちょっと、それなら話が違うんですけど」  ――みたいな事もあるお話です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……
作者名 祝百万部
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス 最強主人公 男主人公 魔王 勇者 ダーク ギャグ コメディ アクション/バトル 戦記 転生/転移 チート 異能 ハーレム ロボット
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年5月18日 14時50分
最終投稿日 2019年6月15日 12時05分
文字数 210,923文字
ブックマーク登録 28件
コメント/スタンプ 20件
応援ポイント 8,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 女主人公がひたすらひどい目に遭います

    ♡5,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・11話 辛之川敦盛

    2020年7月10日更新

    こことは違う、遠い世界。 籠城の都市コロニアの片隅で暮らすノエミは、思わぬことから奇跡の力を身に宿した。 それは、千変万化の像を生み出す粘液の能力。 謎の戦闘集団『銛士隊』に能力を見出され、市の防衛戦に身を投じていくノエミ。 しかし疑念は尽きない。銛士隊は正義なのか? この力は本当に、神に与えられた奇跡なのか? 正か邪か。本物か贋物か。 迷信と因習、そして猜疑が渦巻くこの世界で、ノエミは何者になったのか。 変容する少女の異聞奇譚。

  • 英雄王、しかし…彼は望んでいなかった…

    ♡7,200

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・78話 三毛猫ミィーミ♪

    2020年7月10日更新

    [表紙&タイトルロゴ:桜崎優月様作] ✴︎小説家になろう先行連載中・アルファポリス・カクヨム・セルバンテス連載中✴︎ ・あらすじ・ 俺は、ガルド=フレイ 18歳。 早くに両親を亡くし、1人で生きてきたせいか 人と関わるのは苦手。 そんな俺でも、自分の力が皆に必要とされれば断れない性分。 ある日、村の外で魔獣が現れた時も 俺は村の人々の為に立ち上がった。 魔獣の討伐が、いかに危険であるかは理解している。 しかし、誰かに必要とされる事に、俺は生き甲斐を感じていた。 そして・・・運命の日が訪れる。 俺はいつものように頼まれて村の外壁の修理をしていた。 すると山の洞窟の方から、女性の悲鳴が聞こえ俺は悲鳴のする方へ向かった。 そして俺は急いだ。 洞窟の入り口付近に、倒れている女性を見つけた。 その女性は、魔物に襲われ致命傷では無かったが深い傷を負っていた。 そして女性は洞窟の中にまだ仲間がいるから助けて欲しいと言い、俺は洞窟の中に入って行った。 そこには女性の仲間が魔物に襲われ血を流し倒れていた。 俺はその魔物と戦い倒す事は出来たが、死闘の果てに生死の狭間をさまよう事になった。 そして意識が遠のく中、誰かの声がした。 それは神の声だった。 神は俺に選択を迫った。 世界を救い英雄王となるか、このまま死を選ぶのかと。 俺は世界を救い英雄王となる道を選んだ。 だが今に思えば本当にそれで良かったのかと思っている。 ……そうこれは英雄王と呼ばれたガルドの物語である……