恋愛/ラブコメ 長編 完結済

キコちゃんはちょっと小さい

作者からの一言コメント

毎日更新でよろしくお願いします!

キコちゃんはちょっと小さいの表紙

児之原一也、18歳。天涯孤独の高校生。人付き合いは嫌いだ。でも、もしかしたら人ではないのではないかという美少女と、出会った。 「小説家になろう」などの投稿サイトにも、アップロードしております。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 キコちゃんはちょっと小さい
作者名 桐生甘太郎
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 男主人公 高校生 純愛小説 恋愛小説 同居 ほのぼの ピュア 完結済み HJ大賞2020後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月12日 9時50分
最終投稿日 2021年1月30日 22時20分
完結日 2021年1月30日 22時21分
文字数 58,263文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 8,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 高校生たちの恋愛物語です

    ♡1,100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・2話・9,099字 うづきいちご

    2021年3月9日更新

    0distance-ラブ ディスタンス- 彼らの不器用な距離感。離れたり近付いてみたり、また離れてみたり。誰かとゼロ距離の仲になりたい。だけど誰にも踏み込まれたくない。 女子高生にしては大人びた雰囲気の遠山(とおやま)あえかは、援助交際や爛れた噂が絶えない、人付き合いが苦手な少女。 クラスメイトの近藤恭介(こんどうきょうすけ)は、クールが売りのイケメンモデルとして人気だが実生活でもどこか冷めた少年。 その友人の中野琉生(なかのるい)は、恭介と同事務所で人気を二分している公私ともファンサービス多めの甘い美少年。 あえか唯一の親友の波佐間麻衣(はざままい)は、あえかの幸せは願っているものの面白いことに興味を惹かれがち。 そんな四人を中心に繰り広げられる不器用な恋愛ストーリー。

  • シュン君に私の全てをあげる。私の事好き?

    ♡10,600

    〇50

    恋愛/ラブコメ・連載中・47話・250,710字 Tsukihira_haruhi

    2021年3月9日更新

    芽吹く春。初雪の積もった湿原から顔を出す溝蕎麦《みぞそば》のように薄い濃淡で描かれていて、触れたら手に吸い付くような肌。長い睫毛《まつげ》と、桃花色をさらに薄くしたような唇が、肺の奥底を締め付けた。 スキャンダルにより無期限の謹慎に陥った人気絶頂のアイドル『花神楽美月』が、同じクラスに転校してきた。花神楽美月は『花鳥風月プリズムZの』のリーダーで八万年に一人の逸材と言われた、超絶美少女である。 それどころか、花神楽美月は訳あって、我が家に居候することになってしまった。これは大事件。どうやって、これからの高校生活を送ればいいの。同級生の目が怖い。 花神楽美月に、「ダンス部に入部するから、僕——倉美月春夜——も一緒に入ってほしい」と頼まれる。ダンス部に入部した僕は、少しずつ、“あの日”失ったものを取り戻していく。 花神楽美月と三日で恋に落ちて、四日後には恋人になっていた。硝子玉のようなブラウンの瞳に吸い込まれた僕の心が、彼女の色に染まるとき、僕は誓いを立てた。彼女がアイドルに戻るときは、決して引き留めない、と。彼女に恋をしてしまったことをどれほど後悔したことか。結ばれない運命など、はじめから無かったほうが良かった。 * 僕がこの高校に転校してきたのは一年生の頃。高校生ながらプロのダンサーとして活躍していた僕は、ある日、重い病により倒れてしまう。医者は言った。 「運動はもう諦めなさい」 そこから僕の引きこもりの生活が始まった。幼少の頃から同じダンススクールで幼馴染の『花鳥風月プリズムZ』のメンバー『鳥山志桜里』に救われて、彼女の恩に報いらなければならないという想いから、将来の結婚までを考えていた。花神楽美月と出会うまではそう信じて疑わなかった僕は、ダンスの夢を取るのか、志桜里がくれた写真家の道に進むべきなのか。 ダンスと写真と、どちらの道に進むべきか。花神楽三月と鳥山志桜里と、どちらを選ぶべきか。 幾重にも絡んでいく恋模様が、僕を中心に渦巻いて大きく動き出す。 安心して読んでください。ハッピーエンドです。ただ、容赦ない描写と、辛い描写が入ると思います。あしからず。