詩/短歌 短編 完結済

読書キャンペーン開催中!

🦵眠らずのアスファルト🦵

作者からの一言コメント

競技場のアスファルトを見て書いた

読了目安時間:1分

総エピソード数:1話

ちょっとした詩 なろうにもあります。

総エピソード数:1話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 🦵眠らずのアスファルト🦵
作者名 ギャラクシーごみぶくろ
ジャンル 詩/短歌
タグ アスファルト 競技場 マッチョ 夜 SS ショートショート 短編
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年1月8日 23時07分
最終投稿日 2022年1月8日 23時08分
完結日 2022年1月8日 23時07分
文字数 322文字
読了目安時間 1分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 2件
コメント 3件
スタンプ 5件
ビビッと 6件
応援ポイント 10,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界の果てで愛を謳う

    空気の読めない男は『見える』ようになった

    88,300

    1,100


    2022年5月29日更新

    うた─う【謳う】:人の注意や興味を引くために長所・効果などを強調すること。 女には『言って欲しい言葉』というものがある──。 恋人にこっ酷くフラれた俺を、親友がそう言って慰めてくれた夜に、俺はトラックに突っ込まれて死んだ。 俺は空気が読めない。感情の機微が分からない。告げられてもいないのに『言って欲しい言葉』なんて気づけない。 じゃあ、気づける力でもあれば、人生変わったのか? 勝手にトラック突っ込ませて、俺の現世での余生を奪った女神は何か『チートスキルあげるから魔王を倒せ』だの言ってたが知ったことか! 俺はこの『言って欲しい言葉が分かるスキル』で百人斬りをするっ! その先に、親友の言っていたような幸せと安らぎが本当にあるのか確かめる為に── 俺は、この異世界の果てで愛を謳う。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む

  • 脳を食べられる幸せ。

    東大女子×藝大女子 訳アリ、期間限定の恋

    300

    0


    2022年5月29日更新

    才女の二人を繋いだのは、「地獄の季節」だった。 東大と藝大の合同演劇グループ「アンフィニ」で、東大生の三船陽色(ひいろ)と藝大生の中原ゆずきは出会う。 共に文豪達を主人公とした恋愛劇の練習を重ねていくうちに、お互いに興味を持ち、互いに絵と詩を描いている事を聞き急速に距離が縮まっていく。 訳アリの期間限定の恋。 「Acceptance〜本当に好きになりたいと願うなら」に登場した、ゆずきを主軸とした短編になっていますが 作品を読んでいなくても楽しめます。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む