現代/その他ファンタジー 短編 完結済

一介の魚は竜の門を登る

作者からの一言コメント

吾輩は魚である……?

読了目安時間:3分

吾輩は魚である。名前はあるかもしれないが、知らない。そこまで大きくない魚である。 どこかの川で生まれたことは分かっているがどこに向かえばいいのかも分からず彷徨っている。 魚拓は文字、いいね?

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 一介の魚は竜の門を登る
作者名 火ノ鷹
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ギャグ シリアス ノベプラオンリー 登竜門 文字の魚のコンテスト
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月20日 0時22分
最終投稿日 2020年9月20日 13時59分
完結日 2020年9月20日 13時59分
文字数 1,635文字
読了目安時間 3分
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 11件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 僕の取材旅行は彼女と幽霊と母親と!

    第3部開始!

    88,500

    680


    2021年6月22日更新

    若手ライター綾部勝明は、『趣味の歴史研究』というWebメディアで記事を書いている。タイトル通り歴史をポップにライトに取り扱うメディアだから、勝明は日本全国を取材旅行に出かけないといけない。 勝明の彼女で金髪碧眼日本語ペラペラのイギリス人メアリー・ホイットレー、度々勝明に取り憑いているロリババア幽霊上村凪、そして知性と腕力で勝明をフォローする偉大なる母親、恐怖の悪役レスラーマックス流子。パワフルでダイナミックな女性の皆様に囲まれた勝明は、今日もカメラを持って日本のどこかへ出かけるのだった。 何か大変なことが起こるかと見せかけて、実はまったりゆったり高速道路を暴走しながら旅行しているだけだったりする現代コメディ作品。いろんなクルマやバイクが出てくる予定!

    読了目安時間:8時間31分

    この作品を読む

  • やがて坏は満たされる〜精霊宿りの呪術医戦〜

    掬わなければ全てが地に沈む

    65,700

    290


    2021年6月22日更新

    人の命を救う存在であるはずの呪術医たちの争いが始まった。呪術医が集まる『塔』が出来、人々の命がそこに集約させられているようだった。貴桐たち呪術師は、呪術医の使う呪術を訝しがっていた。そんな中、貴桐の元に、親同然であった呪術医を塔に殺されたと一人の少年が助けを求めてやって来た。 貴桐たちは不穏を感じながらも、呪術医が行う呪術に何が使われているかを探り始める。 生かすも殺すも『塔』次第。 貴桐たちにも危険が迫っていた。 『僕の事を知ってはいけない』クライマックスに重ねる為の、主人公違いの過去編。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:2時間53分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る