ホラー 短編集 連載中

1分で読めるブラックジョーク!

作者からの一言コメント

短く、ブラックなジョークを。

ブラックで笑えるジョークを投稿します。 一つでも読んでいただいて、少しでも笑っていただけたら幸いです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 1分で読めるブラックジョーク!
作者名 灰クマ
ジャンル ホラー
タグ ギャグ コメディ シリアス ダーク ショートショート ホラー 恐怖 怪談
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年1月26日 17時34分
最終投稿日 2021年3月4日 21時00分
完結日 -
文字数 8,597文字
ブックマーク登録 37件
コメント 34件
スタンプ 187件
ビビッと 2件
応援ポイント 112,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 読んでくれた皆様に感謝です。

    ♡4,100

    〇0

    ホラー・連載中・6話・13,272字 ナポリタン

    2021年3月6日更新

    オカルト雑誌『ノノメセタ』のNo1人気ライター鬼村ルミ子。 豊満わがままボディの彼女は今日もシャツの襟を立てて心霊スポットに赴く。本物の幽霊を求めて。 助手のユウイチ、ゴーストライターのナナセと共に非日常を探求するホラーエンターテイメント! 4つのオムニバス形式のストーリー 「事故物件」「公衆電話」「廃村」「小学校」

  • 愛の重たいストーカー少女に気をつけましょ

    ♡100

    〇0

    ホラー・連載中・3話・5,002字 英雄譚

    2021年3月5日更新

    それは傲慢なファンタジー作家の身に起きた奇妙な出来事。 人気作家『神谷慎也』はある日、担当編集者と次回作の打ち合わせをしていた。 『テンプレ』を完全に無視したファンタジーな世界観で人気を博した神谷はジャンルを切り替え、突然ホラー系の作品を書きたいと告げる。 担当編集者はなにかの冗談なのかと理由を問うと、神谷は不機嫌ながらもホラー系の執筆意欲のワケを話しだした。 「ただのホラー話を書きたいのではない。この私の身に起きた、実話を参考に物語を創作したいのだ。あれはバレンタイン間近の出来事———」 人気作家にはファンは付き物だ。 中には無論、奇妙なファンも存在していた。 そんなファンとの奇怪的で甘い体験を記したホラー短編である。