異世界ファンタジー 長編 連載中

Re:D.A.Y.S.

作者からの一言コメント

一人の少女を救うための異世界ファンタジー

読了目安時間:4時間55分

総エピソード数:79話

足音、車のエンジン音、カラスの鳴き声。草の匂い、魚の焼けた匂い、香水の香り。 体を包む熱、服がこすれ合う感触、肌を撫でる風。電柱を照り付ける夕日、長く伸びた影、 闇に染まっていく空。そのすべてが調和したこの平凡な世界に、自分という人間は存在する。 今日も何事も無く、家へ帰り、風呂に入って、飯を食べて、寝るのだろう。 それは、もう決まりきったことだ。だから、今日という日が何か特別な意味を持っているというわけではない。たぶん明日だって、明後日だって、一か月後だって、一年後、三年後だって、自分を取り囲む環境や状況は変わったとしても、本質は変わることは無いと思う。それが良いことなのか、悪いことなのかは分からない。ただ、この世界が、そういう風に出来ているだけのことだ。そんなこと、当たり前で、何気ない普通の出来事だと、そう思っていた。 はずだった。 気が付くと、そこは森の中。何故か記憶喪失となって目覚めたユウトは、どこか見覚えのある仲間と共に、自分は剣士として行動していた。わけも分からず付いて行くと、未知の化物と遭遇し、ユウトたちは危機に瀕してしまう。なんとか切り抜けることができたものの、ユウトは気を失ってしまった。 次に目が覚めた時は、いつもの教室。何事も無く笑い合う仲間を前に、ユウトは違和感を覚えるが…? それは、これから始まる物語の、序章にすぎなかった。 これは、二つの世界が交錯する、たった一人の少女を救うための異世界ファンタジー。

前へ

1-79

次へ

前へ

1-79

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 Re:D.A.Y.S.
作者名 結月亜仁
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス アクション/バトル 男主人公 学園 転生/転移 異能 剣士 魔術 異世界 現実 HJ大賞2021後期
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年12月4日 8時33分
最終投稿日 2022年1月22日 19時00分
完結日 -
文字数 147,401文字
読了目安時間 4時間55分
総エピソード数 79話
ブックマーク登録 61件
コメント 84件
スタンプ 541件
ビビッと 50件
応援ポイント 234,494pt
ノベラポイント 3,892pt
応援レビュー 1件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 勇者の死霊術

    死霊術の糸が交錯する、勇者と魔王の物語

    24,500

    3


    2022年1月15日更新

    ~物語は、王の娘マイティアの日記から始まる~ 「勇者を迎えにいきなさい。彼の者と共に歩むのです」復活した魔王によって滅ぼされた筈の女神、その予言が王国に下された。 女神の宿る聖剣を持ち、予知夢を見る勇者ネロスは、彼を迎えに来た王の娘マイティアと行動を共にするが、何故かネロスは王の下へ向かいたがらない。 待ちきれなくなった王がネロスからマイティアを連れ戻すが───彼の予知夢は、血塗られた未来を予見していた・・・。 女神に捧げる贖罪と懲罰 死霊術の糸が交錯する、勇者と魔王の末路とは ※挿絵を一部追加しました(2022/1/11時点 1話、4話、10話) ※この作品は、小説家になろう、カクヨムにも投稿されているものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:13時間13分

    この作品を読む

  • 誰が為のベルカント

    独りじゃない! 俺がティアを守る!

    2,200

    0


    2022年1月23日更新

    「彼女の美しい歌声は世界を救い得るだろう」 聖魔神を呪歌で封印し冒険に身を投じなくなってから九十九年と七ヶ月が経った。 人類は忘れた歴史を思い返すことなく第二の過ちを繰り返そうとしていた。 なんと聖魔神の封印があと三ヶ月で解けそうだった。 世界各地で復活の予兆が確認されており早急に更なる封印を施す必要性があった。 そこで選ばれたのが聖魔神を呪歌で封印したと言われている一族の少女ティアだった。 護衛役にと幼馴染みのジークは共に行くと決意するがこの時はまだティアの過酷な運命を知る由はなかった。 果たして二人は無事に聖魔神の封印を施し終えるのだろうか。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8分

    この作品を読む