連載中 長編

朽ちた空中庭園の片隅で、今日も魔法の歌が擦れて響く

作者からの一言コメント

魔法の歌を、あなたと僕のリアルな歌を

空中庭園、龍、魔法、剣、そんなファンタジーに絡めながら 言葉遊びをしてみたいのです。 当たり前の言葉や、当たり前の感情を、 ありったけの言葉魔法にこめて。 例え擦れて、聞くに耐えないメロディーだとしても。 そんな詩集はいかがでしょうか? ※カクヨム、マグネットにも掲載しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 朽ちた空中庭園の片隅で、今日も魔法の歌が擦れて響く
作者名 尾岡レキ
ジャンル 詩/短歌
タグ 言葉遊び 魔法 ファンタジー
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年9月26日 21時19分
最終投稿日 2020年5月23日 22時19分
文字数 15,185文字
ブックマーク登録 12件
コメント/スタンプ 96件
応援ポイント 78,200pt
ノベラポイント 170pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る