文芸/純文学 長編 完結済

培養槽の玉座 朱色の喪失(二)

この作者は、貢献ポイントプログラム未参加の為、ノベラポイントを付与する事はできません。

作者からの一言コメント

儚く脆い青春の一頁に邪神の影が忍び寄る。

読了目安時間:4時間53分

培養槽の玉座 朱色の喪失(二)の表紙

その昔大きな災厄があって、隔離施設で再び目覚めた大塚巧は、様変わりした見慣れぬ人類の姿に戸惑いを覚えながらもいままでどおりの生活を送っていた。そんな日常にあるとき転校生がやってくる。彼はどの人類にも当てはまらぬ『立体投影型』で、巧はなぜか彼に親近感を持ち、転校生・蓮との交流を深めていく。儚く脆い青春の一頁に邪神の魔の手が忍び寄るクトゥルフ神話的人間ドラマ『朱色の喪失』第二部。第一部である『祈りの門』の続きです。『祈りの門』を読んでからこちらを読むとより物語を楽しめるかと思います。全46話。セルバンテスにもあります。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 培養槽の玉座 朱色の喪失(二)
作者名 にしきた なつき
ジャンル 文芸/純文学
タグ 青春 近未来 コズミック・ホラー HL BL ポストアポカリプス ヒューマンドラマ ディストピア クトゥルフ神話 シリアス
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年11月6日 8時00分
最終投稿日 2019年12月20日 8時00分
完結日 2019年12月20日 8時00分
文字数 146,483文字
読了目安時間 4時間53分
ブックマーク登録 6件
コメント 2件
スタンプ 23件
ビビッと 0件
応援ポイント 33,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • わたしとワンコ

    どうぶつ小説部門、参加させて頂きます。

    100

    0


    2021年8月2日更新

    がっこうへいくとちゅう、いつもこわいこわいイヌのまえをとおらないといけません。 わたしは、いつもビクビクしながらイヌのまえをあるいていました。あるひ、いつものようにそのまえをとおると、イヌはいつもとちがっていました。 ☆☆☆ 動物文芸フェア、8月の小説部門にて初参加させて頂きます。 ──これは通学路で出会った、小学生のわたしとイヌとの何気ない日常のお話。 本当に短いお話です。気になった方はぜひ本編もご覧下さい。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • 百人一首物語

    難波津に咲くやこの花冬ごもり

    400

    10


    2021年8月1日更新

    難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今を春べと 咲くやこの花。 これはそれぞれが紡ぐ物語。 百人一首の裏側に隠された物語である。 一話完結ですので、どこからでも詠んでいただいて構いません。 ※個人的なお気に入り 6句目の『かささぎの~』の和歌と7句目の『天の原~』の和歌です。 18句目から21句目までの物語も気に入っているので、どうぞ見ていってくださりまし。

    読了目安時間:22分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    856,211

    3,743


    2021年8月1日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間28分

    この作品を読む

  • 君の手を掴んで離さないように

    執事×お嬢様のラブコメです。

    65,410

    120


    2021年7月26日更新

    箱入り娘のお嬢様女子高生・白樺柚葉は、ある日父親に「親元を離れて暮らしなさい」と命じられた。 ファザコン気味の柚葉はすんなりと承諾。しかし電車の切符も一人では買えない彼女に一人暮らしは何かとハードルが高い。 そんなお嬢様の元に、かつて遠くに旅立った幼なじみの少年であり、捨て子でもある秋賀野尋斗が帰って来た。 十年ぶりの再会に柚葉は多いに喜んだものだが、大きく立派に成長していた彼は、彼女が必要としていない執事になっていた。白樺には代々執事を婿として迎え入れる慣わしがあり、つまり尋斗は柚葉の婚約者ということになる。 「私は執事なんていらないわ」 「俺と結婚してくれ」 そして始まったルームシェア。何だかちょっと噛み合わない二人だが、どうにかこうにか同棲生活を送っていく。 ある日、尋斗の本当の両親が現れて彼とやり直したいと口にする。けれど彼自身は実の両親を拒絶しており、柚葉はその事で頭を悩ませる。 世の中、どうにもならない事はある。それをすんなり受け入れられるほど彼女は大人ではない。けれど、この問題を上手く解決出来ないのもまた事実。 そんなお嬢様の気持ちを知っていながら、執事は求愛を止めたりはしない。 「わたしの執事になって欲しい」 幼い頃に交わした口約束を、彼は愚直に守り続けているのだから。 恋愛クソザコお嬢様のラブコメディ、始まります。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間28分

    この作品を読む