詩/短歌 短編集 連載中

詩の欠片

作者からの一言コメント

心に響いたら嬉しいな

詩の欠片の表紙

昔HPに載せてた詩を集めました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 詩の欠片
作者名 黒鉦サクヤ
ジャンル 詩/短歌
タグ 自由詩 ポエム ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年12月14日 19時08分
最終投稿日 2021年3月11日 22時21分
完結日 -
文字数 6,632文字
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 24件
ビビッと 5件
応援ポイント 12,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • それは、敵と和解できるVRMMORPG。 ◇ 動物を愛する少女「ケイカ」は、リアルでは動物アレルギーでペットを飼えないため育成ゲームを主に遊んでいた。 しかしあるとき彼女は幼馴染に動物系だからと紹介され、PVを見て気に入った「神獣郷オンライン」というVRゲームを遊んでみることに! そのゲームのコンセプトは「どんな敵とも和解できる」優しい世界であること。 悲しみや憎しみが聖獣を魔獣へと変えてしまう世界。しかし、その逆もまた然り。 負の感情で暴走した魔獣の心は言葉や行動で癒し、聖獣へと浄化し戻すこともできるという。 そんな魔獣を仲間の聖獣として「スカウト」することができる特殊システムを活かし、ケイカは聖獣達と共に暮らす「共存者」となって世界を駆け巡る! 聖獣を愛でるために「器用値」が関わる? ならとりあえず極振りで! 聖獣の進化の為には認知度も関わる? なら配信を始めて「不殺」の「魅せプレイ」を目指してみよう! これは、和装の舞姫となった「ケイカ」の情熱と動物愛を捧げる優しい物語。 ――情熱を心に灯し、不殺の勝利を貫き通せ! 【一話目に表紙付き】 小説家になろうにてブックマーク7800以上! 好評連載中! ◇ 最初の山場は【三匹目!『清らかなる絶対王蛇!』】なのでそこまでお試しで読んでいただけると幸いです! ◇ ※ 現在感想が多くなったこともあり、返信を停止しております。 ただ、感想は全て読み、いいなと思った部分は本編に反映されます。ご了承くださいませ。 *最新話に追いついている皆様には『読者参加型』の企画をして本編に反映することがございます。 また、「時雨オオカミ」の名前でTwitterをやっており、DMは解放済み。そちらに書いたり、@IDをつけてツイートしてくだされば必ず反応いたします。

    読了目安時間:32時間57分

    この作品を読む

  • ある日、仕事中に眠気に襲われた七緒は気付くと見た事のない洞窟に立っていた。ぼんやりと光る壁は見た事も聞いたこともなく、戸惑っていると金髪の男に声を掛けられ、異界人と呼ばれる。 金髪の男は自らを勇者と名乗り、七緒をパーティーに加える。異界人が持つと呼ばれるユニークスキルに期待するもそれらしきものは発現せず、七緒はその日のうちに追放されてしまった。しかし他のパーティーメンバーの助けにより、新たな職を得る。 七緒が再就職した職業、それは多くの死者が眠る町の『墓守』だった。 職業訓練を受け、順調な滑り出しで仕事を始めた七緒。しかし墓守は深夜に働く夜勤スタイルの激務だった。 過酷な現場。嘆く七緒。襲い来るアンデッド。更に嘆く七緒。 そんな七緒を追い打ちするように発見された地下ダンジョン。そしてやっぱり嘆く七緒。 しかしそれは、こらから始まる物語の序章にすぎなかった。 ※2月以降、この作品は小説家になろう様にて平行して投稿していきます。 ※HJ小説大賞後期2020参加中!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間59分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ゼンマイ仕掛けの箱庭絵本

    箱庭の少女が綴る心映しの絵本。

    5,900

    0


    2021年4月11日更新

    ――「ようこそゼンマイの森、彼女の空想庭園へ」 ゼンマイ仕掛けの箱庭で 紡がれる絵本の本当の言葉は きっとあなたにしか届かない きっと意味なんて無いのでしょう ですが心に留めてくれたら その言葉は意味を持つのです 箱庭の戯言は空想を描いて 物語となるでしょう どうか暫しのご閑談を * 色杷がツイッターで書き溜めた詩のような(約)140SSまとめです。 不定期かつ気まぐれに更新します。 これは言ノ葉遊びのらくがき帳。 自サイトでも更新してます。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • ヤマアラシのジレンマ

    素直になり切れないけどホントはね

    99,327

    316


    2021年4月11日更新

    別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

    読了目安時間:2時間31分

    この作品を読む