ひいらぎ観察日誌

読了目安時間:2分

エピソード:59 / 193

一周まわって王道

 えー。 「 銀二十枚分、愛してください。 ~奴隷の少女の剣風録~ 」、月曜から投稿を再開しました。今後は週1~2話ペースで更新していこうと思っております。  あ、あと。 「 10年続けてたけど挫折した元BL書きが、やさぐれつつBLについて語ってみる 」、本日無事完結しました。BLフェアのなにがしかの参考になれば幸いです(真の目的はこそっと隠しつつ)  えーと。  はい、そんな事務連絡をしている場合ではありませんね。  推し活クトゥルフこと 「 新感覚2.5次元ミュージカル「GREAT OLD ONES」超降臨祭20XX ~大千秋楽公演~ 」  クトゥルフの呼び声短編コンテスト入賞ありがとうございました!!!  いや、まさか入賞するとは――  ――実を言うと1%ぐらいは思ってました。  コンテストって、大抵「斬新なネタ」の入賞枠があるじゃないですか。  完成度よりも何よりも、とにかく目を惹くネタを出した人が選ばれる枠が。  その枠に、ひょっとしたら1%ぐらいの確率で引っかかる可能性があるかも……とは思っておりました。  2.5次元舞台を題材にするのなんて私以外いないでしょうし、最近の流行り物ってことで目は惹きやすいでしょうから。  で。  選評を読ませていただいたのですが  えーと。 「お手本のような王道作品」  ちょっと……いやだいぶ、目が点になりました。  偶然なのか何なのか、今日完結した「 10年続けてたけど挫折した元BL書きが、やさぐれつつBLについて語ってみる 」。  これの余談、というかオチ部分って「王道が書けなくて心が折れた過去」なんですよね……。  よもや、それを投稿したのと同じ日に「お手本のような王道作品」と言っていただけるとは。  もしも賞をいただけるとしたら、絶対「斜め上のネタ」枠だと思っていたのに……  一周まわってネタから王道が生まれたということなのか。  いや、ほんとに感慨深いです。  ホラーもクトゥルフもほぼ触れたことがなくて、参考図書を買ったりしつつ勉強したことも。  仕事が死ぬほど忙しかった9月、アイデアはあってもなかなか書き進められず、結局締切30分前の駆け込み投稿になってしまったことも。  諸々とても感慨深いです。  公式の企画で賞をいただくのはこれが初めてなのですが、初めてもらう自分の文章への賞金=Amazonギフトカードは何に使いましょうかねえ……  いま一番欲しいのはSwitchですが売ってないですし。  何にしようかゆっくり考えます。  健康診断が終わったら、祝杯もあげたいところですね。  ちょうど先日、和泉守兼定の日本酒(刀剣乱舞コラボ)を注文したところなので。  この推し活クトゥルフ、着想元が昨年末にあった刀ミュのライブだったので、祝杯としてはちょうどいいかなと。  それにしても、これでますますアバターをクトゥルフから変えられなくなりそうです(笑)  あらためまして。  選んでくださった選者の皆様、お祝いコメントをくださった皆様、本当にありがとうございました!!!!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む

  • 「なぜ日本経済は絶対に破滅しないのか?」について宇宙戦艦ヤマトの世界観を使って、イヤになるほど説明する!

    日本が破綻するわけ「ない」(# ゚Д゚)

    2,934,988

    19,923


    2022年5月21日更新

    対GDP比200%もの債務を抱えているとされる日本。もう日本は破滅するしかないのか? …という不安に対し、 「実は全然大丈夫なんですお(≧∀≦)」 …という事実を、世界各国の現状と過去の歴史から詳述しています。 キーワードは『国債』。 国債には意味があり、無駄に発行している訳ではないということと、日本に比べて世界の方が遥かに危険だという真実、なによりも日本の債務総額は、日本の純資産3,300-兆円(うち現金資産で1.800兆円。そのうち半分は即金出来る流動資産)に比べても小さいので「増税覚悟なら、そんなに心配ない」だけでなく、「他の国は既に債務超過」で死にかけている…という2020年以後の世界の債務と破綻について検討していくつもりです。お楽しみにね。 なお日本を含めた世界各国の現状について、全く情け容赦なくぶった切っていきますので、表現上、不愉快で不適切に感じる場合もあるかもしれません。しかし、こういう場所は自らの確信と信念を披瀝する場だと認識しており、以って偽善や綺麗事を排除し、正確かつ切迫感を持たせるために「政治的に正しい表現」は致しません。ご理解を頂きたく思います。合わせてコメントには可能な限りレスを付けます。コメント数が(嬉しいことに)多数頂いていますので、もしかしたら確認ミスからレスが付いていないコメントもあるかと思います。もし抜けがあったらご報告ください。 なお、この内容は別のWeb投稿サイト「カクヨム」でもUPしていますが、内容は少し異なります。相互に補完する関係にあるのですが、乖離が大きくなりましたらその都度、内容を修正していくつもりでいます。常に新しいのが良い…ということです(^^) がんばりますので、皆さん、よろしくお願いいたします…m(_ _)m ちなですが、「なぜ〜ヤマト」はCXの「カノッサの屈辱」のオマージュです…m(_ _)m

    読了目安時間:19時間6分

    この作品を読む