前へ

目次

次へ

夢に溺れる

――まだ小説家志望なのか。 ――夢を見るのはかまわんが、現実は厳しいぞ? ――正直まともな進路書いてくれないと、こっちもどうすりゃいいか・・・。 ――まぁいい、お前にもいつか分かる日がくるさ。 ――それじゃ、気をつけて帰れよ。 陰りが覆う帰り道。 自分を守るよう、傘を握りしめていた。 どうやら、僕は「まとも」じゃないらしい。 夢を堂々と語る僕に、昔は誰もが手を打った。 今はもう、臆病にしがみつくのが精いっぱいで。 賞のひとつも取れたことのない、下手の横好き。 馬鹿の一つ覚え。無名の落書き。 そんな言葉が反芻し、自分がどんどん嫌になる。 諦めろと、楽に生きろよと、自分に背中を押されている。 嬉しくもない気遣いに内側が熱くなる。 本当は。衝動を、憤りを、悲しみを。 無理にでも冷まさないと、どうにかなってしまいそうだった。 いっそ大声をあげて、雨に打たれながら走ってみようか。 傘をかなぐり捨て、息が切れるまで駆けようか。 それも思うだけ。これはただの空しい妄想。 分かっている。ここで全てを置き去りにできないのは ぼくが「」だからだ。 堪えていた感情が、口からすっと抜け出した。 息をひとつ吐いてしまうと、もうとどめることはできなくて。 雨音で嗚咽が消える。夢の残骸が、頬を確かにつたっていた。 家に着いた後、自室に戻り倒れこむようにベッドへ身を投げた。 雨音だけが鳴る箱が、今は何より心地いい。 このまま閉じこもってしまいたい。 そんな卑屈な寝返りの先で見つけた一冊の雑誌。 買った理由は単純。夢をくれた人が載っていたから。 感動から買ったそれを、無機質な心で読み返す。 ――では、その時思いついたと。 ――そうですね。降りてきたっていうやつだったのかも(笑) ――今となってはありがたい話ですね。夢が叶ったわけですから。 ――ご家族を早くに亡くされて、途方もない苦労の中で書き続けた作品がこちらだったんですね。 ――いや・・・すいません・・・思わず涙が。 ――ははっ、ありがとうございます。 文字の海の向こうでは、星が燦然と輝いていた。 その眩く煌めく様に 僕は強い苛立ちを覚えてしまった。 不当なのはわかっている。 素直に「良かった」と思えないことの異常さを悔やまずにはいられなかった。 目の前にある届かない存在に、やるせなくなる。 夢はドラマじゃなきゃ駄目なのか。 憧れて自分もなりたいじゃ叶わないのか。 僕には、無理なのか。 ――ただ、両親がいないから書けたかというと少し違いますね。 ――それに、僕も駆け出しの頃は売れないだとか、負け組だとか。さんざん言われましたよ。 ――それでも書き続けるのは、自分が書きたいから。 ――エゴ、言ってしまえば私の我が儘なんですよ。 ――賞も取れない、人気も出ない、そんな状況でもただ一つ思っていたのは。 ――負けたら終わりじゃなくて、やめたら終わりなんだ、と。 ――――――声が出ない。 ――最近よく聞くフレーズ、ありますよね。好きなことして生きていく、でしたか。 ――好きなことして生きる、最高じゃないですか。それに夢なんてみんな見てますよ。 ――警察官や宇宙飛行士、アイドルや声優さんもいいな。もちろん、物書きだって。 ――でも、夢を叶えられるのは自分だけ。 ――それに、夢を見続けられるのも自分だけ。 ――放っておくとさめちゃいますから。夢も、わたしも。 ――――――息が継げない。 ――誰かに呆れられて、どこかで嗤われて。 ――恥ずかしくて、情けなくて、立ち止まったとしても。 ――自分の夢には、胸を張ってやらなきゃいけない。 ――だから、今日も必死に息を切らすんです。 ――苦悩も挫折も後悔も涙も。全部わたしの、わたしだけの色にして。   息を、ひとつ。 ベッドがきしむ。ガラガラと椅子は鳴り、掛けられた重さに底が軋む。薄ぼんやりと明るくなる部屋に響く機械的な音。部屋に満ちた雨音は既になく。泥にまみれた惨めな水たまりには、鮮明な空の色が塗られていた。 少年は、夢に溺れる。

前へ

目次

次へ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 女魔法使い

    板皮類

    ♡6,000pt 2020年11月17日 1時37分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援してるよ!

    板皮類

    2020年11月17日 1時37分

    女魔法使い
  • イルティミナ

    月のうさぎ

    ♡3,000pt 2020年10月4日 7時43分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    月のうさぎ

    2020年10月4日 7時43分

    イルティミナ
  • ひよこ剣士

    新雲凪

    2020年10月4日 16時42分

    沢山のポイントと応援ありがとうございます。近々新作も更新できればと思いますので、今後とも宜しくお願いします。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    新雲凪

    2020年10月4日 16時42分

    ひよこ剣士
  • 探偵

    マサユキ・K

    ♡100pt 2020年10月28日 11時15分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    応援しています

    マサユキ・K

    2020年10月28日 11時15分

    探偵
  • ひよこ剣士

    新雲凪

    2020年10月28日 13時25分

    応援ありがとうございます。現在新作も執筆中ですので、気長にお待ちいただけると幸いです。今後ともよろしくお願いします。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    新雲凪

    2020年10月28日 13時25分

    ひよこ剣士
  • イルティミナ

    月のうさぎ

    ♡100pt 2020年10月9日 20時54分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは期待

    月のうさぎ

    2020年10月9日 20時54分

    イルティミナ
  • 女子作家ちゃん

    藤原 アオイ

    ♡100pt 2020年10月5日 12時02分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    にゃかにゃか良い

    藤原 アオイ

    2020年10月5日 12時02分

    女子作家ちゃん
  • ひよこ剣士

    新雲凪

    2020年10月5日 20時21分

    応援ありがとうございます。これからも精進いたしますので、今後とも宜しくお願いします。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    新雲凪

    2020年10月5日 20時21分

    ひよこ剣士

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 葵の戦神八姫~アンカルネ・イストワール~

    小説のキャラが現実世界に飛び出してきた!

    151,450

    620


    2021年4月11日更新

    文芸部に所属する佐賀野葵(さがのあおい)は留学生のシノから妙なことを頼まれる。 一冊の本に手書きで小説を書いてくれというものだ。 小説を完成させた日、学校に異世界からの侵略者、魔族(グリデモウス)が現れる。 魔族に襲われ、傷つき、倒れていく生徒たち。 そんなとき、葵の本からひとりの少女が飛び出し、魔族を倒す。少女の名は雛形結(ひながたゆい)。 葵が書いた小説、葵の戦神八姫のキャラクターだった。 葵が小説を書いた本は小説のキャラクターを具現化できる魔導具アンカルネ・イストワール。 魔族への対抗手段を持たない人々は葵を救世主と呼ぶようになる。 魔族の軍勢から人々を守るため、アンカルネ・イストワールから戦姫を喚び出して戦う少年の物語。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間58分

    この作品を読む

  • メンタル病んでる事は判るが、歴史までは判らねぇよ!!

    タイムスリップしたなら変えてやらぁ!!

    35,400

    350


    2021年4月10日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 「もう私には歴史すら関係ねぇ!!」 命の価値を、本当の意味を、未来に託す事を。 信じる事を、愛する事を、幸福を。 そして新たな歴史へ。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:17時間45分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ボドゲ世界に転移しちゃう系女子とボドゲ好き男子がただボドゲで遊ぶ

    ボドゲ紹介に恋愛要素をほんのり添えて

    8,700

    0


    2021年4月15日更新

    ボードゲームの中に入り込んじゃう体質の大須瑠々(だいす・るる)は、ボードゲーム好きの角八降(かど・やつふる)と一緒に、ボドゲ部(仮)で遊ぶ。 体質のせいでゲーム全般を避けてきた大須さんは、だけど角くんとボドゲを遊ぶようになって、遊ぶのが少し楽しくなってきた……かもしれない。 そんな高校生男女が、いろんな実在するボードゲームの世界に入り込んでボドゲをただ遊びます。 近代ボードゲーム・ドイツゲーム・モダンユーロなどと呼ばれるゲームの流れを汲んだ新作ボードゲームがメイン──あ、これらの言葉がわからなくても大丈夫。角くんがルール説明とゲーム紹介をしてくれます。 「こんなゲームもあるんだ」って、読んでもらえたら嬉しいです。 恋愛・ラブコメ要素は、自覚なし〜微妙に自覚くらいのところを行ったり来たり。 ◇◇◇ 小説家になろう・カクヨムでも公開しています。

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む

  • 雨にも負けず

    デコボコ三人組の奇妙な日常。

    2,900

    0


    2021年4月15日更新

    「失っても失っても、希望はある。だから、前を向いて生きるしかないんだよ」 NYの満員電車から逃れる為、常盤霖雨は、同居人を募集していた同い年の青年、神木葵の家に転居した。快適な生活に安心した頃、ひょんなことから蜂谷和輝を拾い、三人での奇妙な生活が始まった。 理想と現実の間でヒーローを目指す和輝。異世界の妄想に取り憑かれて疑心暗鬼の霖雨。そして、家主である葵は凄惨な過去を抱え、ある事情から他人との交流を絶っていた。 過去の因縁や生きていく意味を問い掛ける、希望と救いのお話。 ※『小説家になろう』にも投稿しています。 ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間4分

    この作品を読む