創作とメンタルケアについて

読了目安時間:2分

どの投稿サイトを選ぶか

 世の中には多くの小説投稿サイトがあります。  基本的な機能はどの小説投稿サイトも変わらないと思いますが、その特色は小説投稿サイトごとに違うはずです。  もちろん会社が運営する小説投稿サイトであれば、最終的には利益に繋げるというゴールがあるとは思いますが、理念はそれだけでは決してないと思います。  おいおい、このエッセイはメンタル系のエッセイだろ?  なんで小説投稿サイトの記事を書くんだ??  と思った方も多数いらっしゃるでしょう。  実はこれ、すっごく関係があるんです。  小説投稿サイトはある意味、どの職場で働くかに近いのです。  だから当然、相性がある。  孤高に1つの道を究める職人気質の方が、みんなでワイワイやりながら仕事する職場に放り込まれたら、肉体的にも精神的にも大変なように。  その小説投稿サイトの指針とその指針の下にどんな人たちが集まっていて、自分と合うかどうかは見極めたほうがいいと思います。  書籍化を目指しているのであれば、書籍化のチャンスが多い場所に身を置くほうが理にかなっている。  みんなでワイワイ楽しみながら創作ライフを過ごしたいのであれば、殺伐とした小説投稿サイトからは離れるのがいいでしょう。  例えば、ノベルアップ+は自分に合わないと思ったら、ノベルアップ+を変えようと動くよりも、自分に合った小説投稿サイトに行くほうがエネルギーだったり時間のロスも少ないです。  大きな物を動かすには、それに見合うだけのエネルギーが必要です。  100Kgの鉄の塊と10gの鉄の塊では、動かすエネルギーは違って当たり前です。  ですので。  自身のメンタル不調が環境に由来しているのであれば、環境を変えることをお勧めします。  しかし、抜本的な解決策ではないことは頭の片隅に置いておいてください。  なぜ抜本的な解決でないのかは機会があればエッセイにします。  その答えは非常に取り組みづらいもので、理想形に過ぎないと思われるかもしれませんが、結局、みんながこれがいいと真に思っていることが正解で、そのルートから外れたものは、それなりの効果しかないわけです。  ちょっと長くなりそうなので今日はここまで。  ではまた!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    107,900

    230


    2021年6月18日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間43分

    この作品を読む

  • Dual World War

    異世界転移×SF (毎週水曜更新中)

    19,000

    162


    2021年6月16日更新

    主人公:水奈 亮(17)はごく普通の高校2年生。そんな彼にも異世界への扉が開かれた。 そこは私たちが住まう世界とはわずかに、でも、確実に異なる世界。。。 わずかな違和感とそれを薄めるような安心感との連続で次第に自分を見失いつつあるなか、 何の脈絡もなくソイツは姿を現した。 突如課せられた使命。 5年前に終息したはずの【外来生物】の再来と、 滅びを水際で食い止めし人類が用意した対抗策:外来生物特務機関NAVISとは一体何か!? 等身大の高校生が世界の命運をかけて戦う異世界転移型SFストーリー ぜひご一読を!

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る