完結済 短編

お風呂のふたと、いつも隣にいてくれたキミの身体のぬくもりを

作者からの一言コメント

ペットを飼っている、これから飼いたい方へ

※「心と身体」フェア参加作品※ トイプードルのあずきと、そこへ新たにやって来た同じくトイプードルのマロンの物語です。 主人公の犬目線で書いていますが、実際に叔母の家で起きた出来事を参考にしています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 お風呂のふたと、いつも隣にいてくれたキミの身体のぬくもりを
作者名 柳成人(やなぎなるひと)
ジャンル 文芸/純文学
タグ 心と身体フェア シリアス 人外 現代日本 日常 百合
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月27日 14時59分
最終投稿日 2020年6月30日 17時22分
文字数 9,831文字
ブックマーク登録 18件
コメント/スタンプ 44件
応援ポイント 20,900pt
ノベラポイント 350pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 日本の平和を守る少年のドタバタコメディ

    ♡15,700

    〇150

    SF・連載中・31話 ハの字

    2020年7月8日更新

    日比野 比乃。最年少の人型機動兵器乗りにして、通称「狂ってる師団」の期待株である彼の気苦労は絶えない。 多発するテロ、過激な市民団体の暴動、更には正体不明の敵まで出現し、休む暇もない。 彼の周囲にいるのは、びっくり人間ばかりの愉快なチームメンバーと、行く先々で知り合う立場も個性も豊か過ぎる友人たち。 これらの対処に追われる毎日、日比野三曹は東西南北と日本中を駆け巡り奮闘する。 だが、戦うだけでは現代社会を生き残れない。学校生活やご近所付き合いに国際交流と、やらねばならぬことが目白押し。 日比野少年の明日は、ついでに世界の明日はどうなるのか。それは、この小さい自衛官の頑張り次第なのかもしれない。 ▼表紙:鳩羽紫苑 様

  • 歴史シミュレーションゲームの、VRMMO

    ♡75,135

    〇1,698

    SF・連載中・10話 kikazu

    2020年7月5日更新

    近未来、生徒数一万人を誇る関東第7学校のエリートでちょっとイタイ男子高校生、木ノ下翔太は国家的プロジェクトのMMOシミュレーションゲーム「天下統一」のプレイヤーとして強制的に参加させられることになる。 彼の扮する、戦国大名オダさまのスペックは完全にポンコツ。 固有のSSSスキルの「トンズラ」とSSスキル「逆ギレ」など使えそうにないものばかりで、まったく役立ちそうにもない。 軍師のアマバネは見た目こそ美少女だが、一言でいうと残念そのもの。 そんな彼の天下統一の可能性は0%と判定される始末だが、運営を手玉に取って一攫千金とさっさの脱出を狙う。果たして木ノ下翔太は、ゲームクリアの条件、天下統一をできるのか?なぜサブタイトルがふるさと納税なのか?作者が見切り発車でいざ出陣!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 転生や俺強のない、硬派なハイファン冒険譚

    ♡4,700

    〇0

    文芸/純文学・連載中・28話 にぃ

    2020年7月9日更新

    この世界には色の異なった4つの月が存在している。 月は30日の周期で、赤・青・白・金の順番に光の色をかえて現れる。 「赤い月」は、狂気と破壊を── 「青い月」は、悲哀と衰退を── 「白い月」は、無垢と再生を── 「金の月」は、幸運と栄華を── いつしか月の色には、そんな意味があると云われていた。 実際に月の力がそうさせるのか、それぞれの月の色でそのような事象が起こりやすく、この世界の住人にとってもそれは疑うことのない、それこそ子供でも知っている世界の理だった。 ******************** 4つの月の周期に起こる、月に伴った様々な事件や奇跡に、冒険者たちが巻き込まれて立ち向かう冒険ファンタジー。 それは時に美しく、時に儚く、時に冷酷な神秘の冒険譚。 異世界に転生をしたり、魔王や帝国といった圧倒的にして巨大な敵対勢力などとは戦いませんし、主人公が無双するような強さはありませんが、一応それなりの敵が出たりしつつ、シティ・アドベンチャーや冒険者達の生業、仲間たち一人ひとりのドラマや成長、悲哀や恋愛模様を描いていきます。

  • マイノリティーの想いに生きる人たちを描く

    ♡295,150

    〇12,350

    文芸/純文学・連載中・119話 九藤 朋

    2020年7月9日更新

    二人だけの閉じられた世界で過ごす、瑠璃と樹人の双子の物語。 教師である坂崎が瑠璃に執着を見せることでそこに介入し、更に従兄妹である黄吉と亜衣もまた禁断の想いを抱えていた。 禁じられた恋が、散らばっている。