詩/短歌 短編 完結済

読書キャンペーン開催中!

らくがきもぐら

作者からの一言コメント

詩、小物語など

読了目安時間:47分

総エピソード数:100話

書きたくなったら何かを綴る、そんな感じでの詩集です。 詩文のつもりで手短にしていこうと思います。 内容は日々、時々によりけりです。 なるべく明るく前向きなものを書こうと思いますが、感情にまかせて自由に思いつくままですのでその限りでないことも。 拙い文に加えて、似たような内容がくりかえされる可能性があります。 そして、必ずしも意味のある文章に仕上がる保証もないので ご理解の上、ページをめくってください。 タイトルの通り、視力のよわいもぐらの落書き程度に思っていただければ、楽になります。 注:不定期更新です。 初投稿作品をジャンル日間3位などに押し上げて頂けて大変光栄に思います。 皆様の応援のおかげで喜びと感謝の中、執筆しています。本当にありがとうございます。

総エピソード数:100話

作品情報

作品名 らくがきもぐら
作者名 すいっちひったぁ
ジャンル 詩/短歌
タグ 日常 ファンタジー エール ゲーム 恋愛
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2022年4月30日 8時59分
最終投稿日 2022年5月9日 19時00分
完結日 2022年5月9日 22時32分
文字数 23,686文字
読了目安時間 47分
総エピソード数 100話
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 15件
ビビッと 2件
応援ポイント 7,900pt
ノベラポイント 50pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私、メリーさん。今、あなたと色んな物を食べているの

    特に、お味噌汁と唐揚げが好きなの

    11,100

    0


    2022年5月18日更新

    「私、メリーさん。今日、不思議な人間に出会ったの」 都市伝説であるメリーさんが出会ったのは、背後に立っても慄かず、一杯の味噌汁を差し出してきた人間。 その味噌汁を飲んだメリーさんは、初めて食べた料理に衝撃を受け、もっと色んな料理を食べてみたいと願い始めた。 片や、毎日を生き延びるべく、試行錯誤を繰り返す楽天家な人間。 片や、ただ料理を食べたいが為だけに、殺す事が出来ない人間の家に毎日現れる都市伝説。 互いに嚙み合わないずれた思考が平行線のまま続くも、一つの思いだけが重なっていく日常。

    読了目安時間:53分

    この作品を読む

  • Lost World〜時空使いの少女〜

    空間と時間を操る少女の物語

    20,700

    100


    2022年5月20日更新

    異世界ルーンフェルク。そこに住む少女、聖月は自分の世界と別世界を繋いだり、時間を操る力を使って、人々の依頼を受けることで生活していた。 ある日、彼女の前に現れた謎の青年、煌翔は、聖月の持つ力が危険なものであると告げる 。 2022.5.16 今更ですが、登場人物が多くなってきた為、登場人物紹介追加しました。 話が進むごとに追加していきます 多少のネタバレ含みますので、嫌な方は本編から

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間22分

    この作品を読む