ホラー 短編集 連載中

いざなぎ流陰陽師山葉の事件簿

作者からの一言コメント

下北沢のカフェで陰陽師が営業している!?

主人公の徹は大学の准教授の依頼で下北沢のカフェでひそかに営業している陰陽師を調べるために潜入捜査を試みるが、やがてその陰陽師に惹かれていき、様々な心霊がらみの事件に巻き込まれていく。 2~3万文字でエピソードが完結する中編オムニバス集です。 エブリスタ、小説家になろう、pixiv、ノベルデイズ、ノベマ等に重複投稿中 

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 いざなぎ流陰陽師山葉の事件簿
作者名 楠木斉雄
ジャンル ホラー
タグ ほのぼの 神様 心霊 お仕事 カフェ 陰陽師 いざなぎ流 下北沢 実在の地小説コン 飯テロ注意
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月10日 14時29分
最終投稿日 2020年10月27日 22時55分
文字数 242,438文字
ブックマーク登録 9件
コメント 0件
スタンプ 41件
ビビッと 0件
応援ポイント 10,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 人類は『キョンシー』と手に入れた。

    ♡19,900

    〇0

    SF・連載中・115話・339,757字 満月小僧

    2020年10月27日更新

    舞台は近未来。札型のデバイス【蘇生符】の発明により、人類社会に科学的【キョンシー】が普及していた。 キョンシー用の素体が生活する町、シカバネ町では日夜キョンシーに纏わる犯罪が多発している。 【人類最強】清金 京香は、相棒のキョンシー、霊幻と共に日夜【超能力バトル】を繰り広げる。 そんなある時、シカバネ町に所有者が不明な野良キョンシーが潜伏したという情報が対策局に届く。潜伏していたのは二体の全く同じ顔をした姉妹のキョンシーだった。 パイロキネシスを操る姉のキョンシーのホムラと未知のPSIを操る妹のキョンシーのココミ。 彼女達の出現により、京香達の戦いに苛烈さが増していく。 ざっくりとした世界観説明 ① 死体をキョンシーとして蘇らせる技術が発明され、世界中に普及しています。 ② 稀にキョンシーは超能力(PSI)を発現して、火や水や電気や風を操ります。 ③ 労働力としてキョンシーが世界に普及しています。 ④ キョンシー用の素体を生産する地域が世界各地にあります。 ⑤ 素体生産地域では、住民達を誘拐したり、脳や内臓を抜き去ったりする密猟者がいつも現れます。 ⑥ そんなキョンシーに関わる犯罪を取り締まる仕事をしているのが主人公達です。 ※現在、タイトル模索中! ※第一部完結済みです。 ※第二部完結しました!。 ※小説家になろう、エブリスタ、カクヨム、ノベリズムでも同作品を投稿しています。

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡61,800

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・53話・274,965字 普門院 ひかる

    2020年10月26日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、電撃的に勲功を重ねていく。 ついには第6騎士団長に就任する。彼が編成した騎士団は闇のダークナイトなどを含む異色の騎士団で、人々からは暗黒騎士団(ドンクレリッター)と呼ばれ畏怖されるのだった。 そんな折、次期皇帝を巡るホーエンシュタウフェン家とヴェルフ家の争いが激化するが、フリードリヒの活躍もあり、ホーエンシュタウフェン朝が復活し戦いは収束する。 これで帝国に平和な時代が戻ってきたかに思えるのだが、帝国にデンマーク軍が攻め込んできたのだった。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る