異世界ファンタジー 長編 連載中

異世界で非殺生主義を貫くのは無理!?

作者からの一言コメント

彼は誰も殺さない。いや、殺せない。

読了目安時間:4時間45分

総エピソード数:41話

楽しくも平凡な人生を歩んでいる高校生の    赤池 真司(あかいけ しんじ)は、普段通りに登校する。今日もまた日常が始まると思った彼だったが、STの時間に割り込んで来た男の一言で教室は一変する。  「お前ら、異世界行ってこい。」 変化する環境、クラスメイト各々が 力 を手にする中で、真司が得たのは 非殺生主義(ノーキルノーアラート)という、縛りにも近いものだった。 敵を倒すどころかその日の食事を手に入れるのにも難儀するこのチカラで彼はどう生き抜くのか、そもそも何が目的で、異世界送りにされてしまったのか。その理由に、たどり着くことはできるのか? つー感じのやつです。大層な事を言っておりますが あんまり期待せず、暇潰しにゆるーり見て下さい。 投稿ペース不定期で、一年ほどサボってましたが、最近復活しましたので是非是非ご覧下さい。 追記!初期に鈴城出てました、死ぬほど申し訳ないが初期鈴城は田中君になりました。二年サボってた弊害だ。すません。

総エピソード数:41話

作品情報

作品名 異世界で非殺生主義を貫くのは無理!?
作者名 ミタカ ナントカ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 男主人公 ギャグ&シリアス 異世界モノ アクション
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年12月29日 8時00分
最終投稿日 2022年10月12日 13時26分
完結日 -
文字数 142,272文字
読了目安時間 4時間45分
総エピソード数 41話
ブックマーク登録 3件
コメント 1件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 7,650pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 群青と赤紅色のリリィ

    コミュ障、陰キャでぼっちな魔女っ子のお話

    2,100

    0


    2022年12月8日更新

    駆け出しを脱したばかりの17歳の冒険者ギルド員エリクは、ある日森の中で不思議な少女に出会う。 10代半ばと思しきその少女はとても愛らしい容姿をしているものの、極端に無口で無表情。けれど使う魔法は一人前。 その出自は決して普通ではないと思われたのだが、少女は一向に身の上を明かそうとしない。 紆余曲折の末、ともに旅をすることになる二人。しかし当然のようにその道のりは平坦なものではなく…… コミュ障、陰キャでぼっちな魔術師の少女と、コミュ強剣士のふたり旅。 この二人が、いずれ世界を救う……かもしれない物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間53分

    この作品を読む

  • 変わりもの召喚士ユノの冒険譚 ~一度も戦っていないのに、最強になりました~

    変わりもの召喚士の成り上がりを見よ!

    40,170

    68


    2022年12月8日更新

    とある世界。 人々は魔変種(モンスター)の脅威に晒され、それと戦う宿命を背負わされていた。 剣や魔法を扱う者たちと並び、召喚士と呼ばれる職業の者たちも数多ある戦闘職の一つとして日夜魔変種と戦いを繰り広げる。 ……だというのに、召喚士ユノはあろうことか魔変種が「愛おしくて」攻撃できないという変人だった。 彼を待っているのは追放か、破滅か、それとも……?

    読了目安時間:2時間21分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 闇を憑ぐ

    遺された声を聴け

    103,300

    621


    2022年12月8日更新

    闇に飲まれそうだった僕に、光の灯し方を教えてくれた一人の女性との出逢い。その出逢いは奇なるものではあったが、運命的でどこか懐かしくもあった。 部活動と称した活動を介し、僕は僕自身の事と彼女の事を知っていく。危険な探し物と途方もない約束を抱えた彼女。何も知らない僕ができるのは、いつも隣に居る事と、器となる事だけ。それでもいい。 いつか、全てを知った時、全てが終わった時。隣に僕が居る事が、彼女にとって当たり前である事を願って。 例え、この身が果つるとも。

    読了目安時間:15時間17分

    この作品を読む

  • 輝鑑

    無事、凡そ二年半に亘る作品に完結を捺す。

    1,121,707

    10,335


    2022年12月8日更新

    輝鑑読みの講談師、語るに曰く。 時は神武天皇即位紀元に直して2142年。但馬に稀代の英傑が生まれようとしていた。 男の名は、垣屋続成。彼はのちに大陸の皇帝にまで上り詰める伝説の大英雄であった。 だが、その続成とて当初から英傑であったわけではない。彼もまた、幼少から無敵の軍神というわけではなかった。 だがそれでも、彼は最強と言いうる名将であった。 今宵は、彼の前半生を彩る一級史料を紐解いてみたいと思う。 その、書の名は「輝鑑」。自叙伝に近い体裁を取ったその書は、公的記録であると同時に、一級史料に相応しいだけの確たる反証を受け止められる名著である。何せ、ツッコミどころが物語という体裁を取ったことと続成特有の方言は多少なりとも誇張されているのではないかというところだけであったというのだから、推して知るべしである。 そしてこの輝鑑に乗せられた垣屋続成の前半生は、おおよそ現在の我々からは知る術のない、波乱に満ちたものであった。齢八十を超え、畳の上で死したとは到底思えない、危難の連続であった。 それでは皆様、お立ち会い。初代富良東皇帝にして、かの伝説の聖君の一生を語ろうぞ!

    読了目安時間:29時間53分

    この作品を読む