両手一杯のカルミアを君に

イラストのリテイク

前回投稿したイラストが手抜きすぎたので、改めて作画しております。 作風に合わせてアダルティーなテイストになればと思いますので、描き上がり次第、投稿します。 しかし、R15の線引きってどこなんでしょうね(´・ω・`)

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 王道異世界+追放モノです。鬱要素なし

    ♡87,630

    〇2,210

    異世界ファンタジー・連載中・82話 静内燕

    2020年7月13日更新

    ある日突然勇者として異世界に召喚され、世界を救った少年後藤陽平 彼は600族、素早さ102、Sランクの勇者となり世界を救う使命を女神から受けた。 そして向かった世界で勇者として死闘を繰り広げ傷つきながらも世界に平和をもたらす勇者となった。 しかし直後、平和となった世界に勇者はいらないと自分たちの権益を侵されると感じた権力者たちによって追放されてしまう。 一度目の召喚から3年。 大学に進学し平凡な生活を送っていた陽平にとある少女が訪れた。 それはかつて人間達から虐げられしものを結集させ、勇者だった自分と死闘を繰り広げていた最後の敵、魔王「ルシフェル」だった。 ルシフェルは叫ぶ。 異世界は魔王という共通の敵を失い、混乱している。 私を頼っていた身分の低い人達や、あなたを信じていた亜人達が救いの手を求めていると。 「みんながあなたを頼っているのよ──」 「わかった、やればいいんだろ!」 その言葉にやれやれと思いながらも、もう一度勇者として異世界に行くことを決断する。 そして彼は立場を失った王女様に頼られ恋人になったり、未知の古代遺跡を探検したり、かつての冒険仲間と再会したり、時にはドキドキ、時にはほのぼのとした異世界生活を送っていくのであった。 追放された「元勇者」が再び異世界に召喚され、今度こそは平和な世界を作るために奮闘する。 ドキドキ・ほのぼの・バトル&ラブコメファンタジー!!

  • 幼女とロリコンの魔法使いによる最後の純愛

    ♡109,611

    〇310

    異世界ファンタジー・連載中・14話 囲味屋かこみ

    2020年7月12日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言により、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ —————— ・いただいたイラストは全て、最後にまとめて掲載しております。そちらだけの閲覧も大歓迎です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • バッドエンド後に転生した元王女のお話。

    ♡1,000

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・14話 織本コウ

    2020年7月14日更新

    王都ミストルで生まれ育った王女、シエル・リィン・ミストルは逆賊であるザメク・リィン・ミストルによって処刑されてしまった。 そんな少女が最後に願ったのは「幸せで自由な生活」だった。 しかし奇跡的に転生できたのはいいけれど、前世の記憶を思い出したのはバッドエンドを迎えたすぐの同じ世界だった。 それでも前世で自由を求めたシエルは自由を求めてつき走る! 何故か巻き込まれ体質で望んでないのに騒動に巻き込まれるシエルは幸せに、自由になれるのか? そんな奇異な運命に捕らわれた少女の物語が始まります。

  • 少しでも楽しんで貰えたら幸いです。

    ♡700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・5話 マーテル

    2020年7月14日更新

    幼い内に両親を亡くした少年カインは物心着いた頃から傍にいた謎の少女に励まされ自身を鍛え続ける。 そして少年は早く大人になる事を強いられ、現実主義と面倒事を避けたがる性格へと成長していく。 しかし、そんな少年の想いとは裏腹に幼馴染の少女に振り回され、村に訪れた勇者パーティのプライドをへし折り、果てには少年の規格外さに目を付けた魔王が勧誘に来る始末。 しかし、人類最強や英雄に興味が全くないカインはその勧誘を悉くスルー。 トドメに聖剣や聖杖、魔剣や魔導書といった神器まで持ち主よりカインにすり寄ってくる始末。 そんな者(物)達にカインは告げる。 「英雄とか最強に興味がないので、帰って下さい」 これは規格外の力を得た少年が災難や面倒事に巻き込まれながらも少しずつ人の温かさを取り戻していく物語である。