両手一杯のカルミアを君に

表紙に色を塗りました(о´∀`о)

空いた時間で塗ってみましたが、もう少しで手は加えるつもりです。厚塗りの方が、この作品には合ってそうな気がします。加工アプリが行方不明で名前も忘れたので、まずはそれを探さないと…… あ、因みにこのキャラの頭に付いてるのは薔薇 (のつもり)なので、タイトルとは関連性はありませぬ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 一人?違うな、俺達が妖魔師だ。

    ♡13,800

    〇200

    現代/その他ファンタジー・連載中・16話 ぷりん頭

    2020年7月13日更新

    月の光が届かぬ闇の中、瘴気とともに現れる【怪魔】たち。 人や動物にも似つかない怪魔の魔の手が忍び寄る静かな世界。 そんな世界に彼らは現れる。 半面から覗くその鋭い目で、一体何を見るのか。 それは何者かと問われれば、彼らは自らをこう答える……我々は【妖魔師】であると。 風の町、春海の高校に通う東城寺の一人息子、東城 秋は普段の遅刻魔とは別の顔がある。 夜な夜な現れる怪魔を相棒の白狐の大妖魔 白蓮とともに戦う妖魔師だった。 そんな彼らを愛おしそうに瘴気の世界から見守る赤い瞳と、黒い狐を肩に乗せ、悲しそうに見つめる水色の瞳。 クラスメイトの峯川 瑠奈も薄々と感じる異変に徐々に飲み込まれていく。 戦う使命と確かな想いが、春海の風のように吹き荒れる。

  • 働かなくていい未来のMMOとは?

    ♡70,350

    〇350

    SF・完結済・24話 LED

    2020年7月7日更新

    時は西暦2070年――「カネ」と「労働」の概念が消滅した未来。 全人類は余暇と趣味こそが人生の全てとなり、SNSの「いいね」を稼ぐ事に躍起になっていた。 二十年前に開発されたRPG風のMMOアプリ「ブラックアート」(=黒魔術の意)は現在、静かにブームが再燃。 主人公・ウェインもゲームプレイヤーの一人だ。 だが一昔前はトップランカーの集団だったウェインの所属ギルド「αアヴァロン」も、現在はすっかり落ち目。 そんなある日、ウェインは奇妙な新人・エカードの育成をギルドマスターから押し付けられてしまう。 現在のトップギルド「γムーン」は、交通の要衝である第四階層・メインストリートの拠点を押さえ、他ギルドの追随を許さない。 そこでウェインは、多くのプレイヤーが注目していない、険しく未知のフィールドを調査・開拓し、現状を打開する案を思いつく。 ゲーム知識だけでなく、2070年代の常識も欠如気味の謎の少年・エカード。相棒のちゃっかり女騎士・ネヴィア。ポンコツ幼女のギルドマスター・ベストリア。 三人の仲間と共に、危険の伴う新規ルート開拓に挑むウェイン。 果たしてウェインたちは、落ち目になった貧乏ギルドを復興する事ができるのか? ※20/07/07 ひとまず完結です!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 少しでも楽しんで貰えたら幸いです。

    ♡700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・5話 マーテル

    2020年7月14日更新

    幼い内に両親を亡くした少年カインは物心着いた頃から傍にいた謎の少女に励まされ自身を鍛え続ける。 そして少年は早く大人になる事を強いられ、現実主義と面倒事を避けたがる性格へと成長していく。 しかし、そんな少年の想いとは裏腹に幼馴染の少女に振り回され、村に訪れた勇者パーティのプライドをへし折り、果てには少年の規格外さに目を付けた魔王が勧誘に来る始末。 しかし、人類最強や英雄に興味が全くないカインはその勧誘を悉くスルー。 トドメに聖剣や聖杖、魔剣や魔導書といった神器まで持ち主よりカインにすり寄ってくる始末。 そんな者(物)達にカインは告げる。 「英雄とか最強に興味がないので、帰って下さい」 これは規格外の力を得た少年が災難や面倒事に巻き込まれながらも少しずつ人の温かさを取り戻していく物語である。

  • 転生チート!毎日投稿頑張ってます!

    ♡4,800

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・45話 羅蘭

    2020年7月14日更新

    アルファポリスで投稿している作品のリメイクです! 日本生まれの日本育ちの俺、橋本〈はしもと〉 千里〈せんり〉は未知の病気にかかり、亡くなってしまう。 俺は死ぬと転生するときに望みはあるかと聞かれた。なのでイケメン、チート性能が良いなどと言ってみた。 次に目が覚めたらそこは病院ではなく全く見知らぬ土地。転生したのだと悟った俺は自分のステータスを見てみた。それには神様が間違えたのかと思うほどの馬鹿げたステータスが...。 この物語は、俺のチート性能で転生できた世界での話だ。