ミステリー 短編 完結済

電話

作者からの一言コメント

全ては偶然拾った携帯電話から始まった。

主人公である竹中は街を歩く最中、同級生だった吉田と偶然再会する所から物語は始まる。 昔話に花を咲かせた後、高校からずっと疎遠だった吉田は竹中へと電話番号を尋ねるが、竹中は持っていないと持っていないと首を横に振った。 このご時世に携帯電話一つ持たぬ事に不信感を抱く吉田。 しかし、旧友との再会に浮足立った竹中は今までずっと人に話す事が出来なかった、【自身が携帯電話を持たなくなった理由】を吉田へ打ち明けるのだった。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 電話
作者名 ぼさつやま りばお
ジャンル ミステリー
タグ ダーク シリアス 男主人公 現代日本 日常 異能 短編 ミステリー 現代ドラマ ホラー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月7日 22時42分
最終投稿日 2020年10月7日 22時43分
文字数 8,361文字
ブックマーク登録 3件
コメント 4件
スタンプ 10件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,700pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 捧げられた少女、殺したのは僕。

    ♡125,900

    〇350

    ミステリー・連載中・82話・275,070字 木田沙彩(氷ロ雪)

    2020年10月28日更新

    「さぁ、ゲームを始めようか?」 深い深い森の奥、笛吹男は少女二人を誘拐し、殺し合いを強要した。両者の間に置かれた小さなナイフが鈍く光りを放っている。 後に生贄ゲーム事件と呼ばれた監禁殺害事件、その四件目に被験者の一人として選ばれた少年が居た……。 憎しみは悲劇を呼び、慟哭は連鎖し世界を灼き尽くすのか。 これは一つの事件を根底に描かれる被害者達の足掻きと贖罪の物語である。 血は流れ、想いは運命を斬り拓く。 (本作は幼馴染みと隠しナイフ:原罪の圧縮版という名のリメイク版です。)

  • 山奥の洋館を史学部卒の素人探偵が探索

    ♡500

    〇0

    ミステリー・連載中・5話・15,970字 涼格朱銀

    2020年10月28日更新

    かつて通っていた大学の付近の山奥で発見された古い洋館。その調査を行っていたラザロ教授が忽然と姿を消した。これは事件なのか、それとも洋館の呪いや、棲まう悪魔の仕業なのか!? この恐るべき洋館を調査すべく、かつてラザロゼミに在籍していた3人の教え子達が立ち上がった! 彼らの調査の行方は、そしてそこで見たものとは!? ……という感じの内容だが、わりと地味に淡々と調査している話。