恋愛/ラブコメ 長編 連載中

インターポール・コンプレックス

作者からの一言コメント

親愛なる貴方へ、この手紙が届きますように

帯刀 咲良(たてわき・さら)は、高校2年生の少女。 ある春の夜、実家の剣術道場にお客様が来ていた。 お客様の名は、ジョン・リンデン。 インターポールの捜査官、ジョンには秘密があった。   ◆ キャラアイコンは【CHARAT様】を使って、作成しました。 ◆ 表紙・挿絵で使用したフリー素材サイト様 【ぱくたそ】https://www.pakutaso.com 【イラストAC】https://www.ac-illust.com/ 【写真AC】https://www.photo-ac.com/ 【いらすとや】https://www.irasutoya.com/ 【罫線FREE LINE DESIGN】http://free-line-design.com/ ✿商業未契約作品です。  ❤Thank you very much❤ 

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 インターポール・コンプレックス
作者名 旭山リサ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ コメディ ほのぼの 現代日本 日常 ハッピーエンド 純愛 恋愛 手紙 アクション HJ大賞2020後期 ノベプラオンリー
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年7月12日 14時11分
最終投稿日 2020年11月17日 22時59分
完結日 -
文字数 203,519文字
ブックマーク登録 57件
コメント 151件
スタンプ 628件
ビビッと 63件
応援ポイント 312,330pt
ノベラポイント 4,368pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 村を失った村人Aは何になる?

    ♡85,250

    〇1,510

    異世界ファンタジー・連載中・65話・161,350字 月島かな

    2020年12月1日更新

    西暦があれば1800年頃――竜紀400年 「共生」を愛する〈オリギ・マギカ〉 「秩序」を重んじる〈X-FL〉 「調和」を示す〈薄氷〉 かつて世界を揺るがした〈塔〉を監視する三つの魔法協会 それらは世界を三分割し、統治していた 「戦争なんてあるはずがない」 少年ジッカの平和の日々はある日、〈災害〉によって一瞬で壊された その〈災害〉はこの世界特有の、魔法を使ったものに下る罰則、〈竜災〉 〈勇者〉を巡る世界の陰謀に巻き込まれたジッカは、世界を旅する謎の少女――リオンと出会う ただの村人が仮そめの平和を暴くため、世界に挑む冒険譚 これは、ハズレくじを引いた者たちの魔法世界への反抗記録 第Ⅰ部 糸を辿る物語 第一章 結ばれた糸 全10話 第二章 時鐘つきのいない村 全15話 第三章 邂逅、衝突 全19話 第四章 錬金術師の屋敷 全11話 第Ⅱ部 〈賢者の石〉 第五章 〈オリギ・マギカ〉潜入 連載中 ※第一部完結ありがとうございます! ※表紙はみゃこ様(@myako_crafts)よりいただきました。 ※ジャンル日間3位ありがとうございます。 ※スキル・チート要素はありません。 ※現在、固有名詞とふりがなの混在が発生しております。順次修正していきます。 ※二日に一度の更新ペースです。 ※次回更新→12/3㈭ スタンプはもちろん、コメントお待ちしております!!

  • 福岡を元に戻す為、彼等は奔走する

    ♡9,850

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・10話・19,192字 潤翔

    2020年11月17日更新

    俺はおまえ達のチームを潰す!! 福岡市は学生達が4つのエリアに分け場所争いをしていた。博多・東エリアのチームblasting crewにかつての友人が所属していることを知った嶺井悠斗はチームを潰し、汚れた福岡を元に戻すべく戦う為、街中の人々を巻き込んで行く!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年12月1日更新

    「一目惚れしました!俺と付き合ってください!」 「そんな非科学的な理由で私のことを好きになったのかしら? 私の何を知っているの? まさか自分の好みを私に押し付けるつもり? その俺様な態度が人生を破滅に導かないことを祈ってあげるわ」 そうやって辛辣な言葉で告白してくる男子を一蹴する学校一の美少女、姫宮愛。見た目はいいが性格はとてつもなくキツいという意味で彼女は生徒の間で「魔王」と呼ばれている。 そんな彼女に俺は罰ゲームに負けて最低のセリフで告白することになった。 「日給10円で俺の彼女にならない?」 俺の最低の告白にまさか彼女はオーケイした。きっとこれはなにかの陰謀だ。彼女は俺に油断させて、俺が心を開いたときに俺をこっぴどく振って高笑いするつもりに違いない。 幼なじみの有栖芽依にこの件を教えたら、彼女はドン引きした。なぜなら、俺は中学校のときも付き合っていた彼女に毎日金を渡していたからだ。芽依を安心させるため、そして、二度と女に弄ばれないように、俺は姫宮に別れを切り出した。 「解雇したい」 「いまさらもう遅いわ」 なぜかそれは姫宮に断られてしまった。こうやって、雇い主である俺と雇われ彼女である姫宮の変な恋人関係が始まった。 これは最低の告白から始まる最高の恋の物語である。 ※皆さんのおかげで、11/23になろうの日間ランキング8位に入りました!

  • 百合神がお送りするBL!

    ♡6,311

    〇100

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・7,069字 早見春流

    2020年12月1日更新

    高校生のある日、僕は突然クラスで一番の美少女に告白されてしまう。 しかし、その兄がとんでもない曲者だった!? 「妹と付き合う前に、俺と付き合ってみろ。そして認めさせてみろ。──妹が見込んだ君なら、できるはずだ」 彼女の兄による熱くて甘くて、少しドSな恋愛指導が始まった! 百合神の一柱がお届けする、「どうしてこうなった!?」なBLラブコメ!