ホラー 長編 連載中

Brain Free : Paranoid Blues / 脳髄自由人の殺戮パラノイド・ブルース

作者からの一言コメント

復讐は健康と気分改善に効果があります。

十年もの間監禁され、ナゾのクイズを解かされていた佐野佐平次。 ようやく解放された先に広がっていたのは元号『霊和』の世界。 復讐を開始した佐平次に待っているのは法が通用しない好事家/異常者たちのパラダイス。 居残り佐平次、あるいはサベージ(残虐野蛮人)の異名で聞こえる佐平次の狂気に満ちたスリラー・ワールドがはじまる。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 Brain Free : Paranoid Blues / 脳髄自由人の殺戮パラノイド・ブルース
作者名 水城正太郎
ジャンル ホラー
タグ ダーク 男主人公 現代日本 ノベプラオンリー スリラー サスペンス
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年6月29日 13時26分
最終投稿日 2021年1月24日 14時55分
完結日 -
文字数 147,482文字
ブックマーク登録 42件
コメント 27件
スタンプ 255件
ビビッと 15件
応援ポイント 324,400pt
ノベラポイント 1,480pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 戦死した幽霊は妻を洗脳し逆恨みを晴らす

    ♡600

    〇0

    ホラー・連載中・6話・33,484字 穴鎌たまえ

    2021年1月26日更新

    吉川藤次郎。幽霊。昭和19年大阪。戦死してから幽霊として2年間、寡婦となった妻八重とともに暮らす彼は、自分を殺した米兵に恨みを抱くが亡者ゆえそれを晴らせずにいる。そこに飛んで火に入る夏の虫のごとく転がり込んだ米軍捕虜(ビル・テイラー:実は軍人ではない)。アメリカ人全てに逆恨みの彼は千載一遇とばかり妻を洗脳してその捕虜を殺させようと画策する。Unusual Lane第3章。 この物語は、フィクションであり、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

  • ただ一行で紡ぐ怪談。

    ♡1,738,426

    〇8,295

    ホラー・連載中・559話・27,507字 水沢ながる

    2021年1月26日更新

    吉田悠軌・著『一行怪談』にインスパイアされて、自分なりに作ってみたワンセンテンスの怪談。 元になった本には「一行怪談凡例」というものかある。 ・題名は入らない。 ・文章に句点は一つ。 ・詩ではなく物語である。 ・物語の中でも怪談に近い。 ・以上を踏まえた一続きの文章。 なるべくこれに沿うようにしているつもり。 気が向いた時に更新します。 この作品は、他サイトでも公開しています。