ホラー 長編 連載中

Brain Free : Paranoid Blues / 脳髄自由人の殺戮パラノイド・ブルース

作者からの一言コメント

復讐は健康と気分改善に効果があります。

十年もの間監禁され、ナゾのクイズを解かされていた佐野佐平次。 ようやく解放された先に広がっていたのは元号『霊和』の世界。 復讐を開始した佐平次に待っているのは法が通用しない好事家/異常者たちのパラダイス。 居残り佐平次、あるいはサベージ(残虐野蛮人)の異名で聞こえる佐平次の狂気に満ちたスリラー・ワールドがはじまる。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 Brain Free : Paranoid Blues / 脳髄自由人の殺戮パラノイド・ブルース
作者名 水城正太郎
ジャンル ホラー
タグ ダーク 男主人公 現代日本 ノベプラオンリー スリラー サスペンス
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年6月29日 13時26分
最終投稿日 2020年9月16日 16時18分
文字数 88,521文字
ブックマーク登録 30件
コメント/スタンプ 170件
応援ポイント 155,900pt
ノベラポイント 880pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ハーレムと言えばこの作品!美少女挿絵多数

    ♡1,340,212

    〇49,122

    異世界ファンタジー・連載中・445話・1,436,391字 氏家 慷

    2020年9月21日更新

    総応援ポイント120万&PV10万達成感謝‼ 【最高成績】 総合月間1位 ジャンル月間1位 総合年間3位 ジャンル年間2位 総合累計9位 ジャンル累計6位 ちょっとエッチなハーレムもの! 戦乱の世が続く異世界にて、各国は戦争に勝利する為に一人ずつ異世界から勇者を召喚するが、職業と転生特典はガチャで決まる!? 最弱の職業と転生特典を引いた勇者は、努力とチート嫁達の力で成り上がる! 140万文字以上あってまだまだ連載中なのでごゆっくり! 面白かったら❤マークの無償応援、ブックマーク、Twitterで拡散等お願いします! 絵は全てイラスト専門ライトアーツという業者さんに発注しています。

  • 少女達の異能捕縛劇 くたばれ無敵チート

    ♡108,874

    〇25,355

    現代/その他ファンタジー・連載中・43話・158,143字 兎野熊八

    2020年9月6日更新

    表紙制作 よのね 様 『乙女達よ、この現実を護り、チートを狩れ』 大正初期、突如として異世界へと人間が転移し、 そして異能の力を授かり現実へと戻ってくる、 【 異世界問題 】 が日本の一学園にて発生。 異世界より帰還した少年少女、授けられた異能、その絶大な力に目を付けた時の政府は、 彼ら彼女らを軍事利用し、日本を世界唯一の列強国へと押し上げた。 大正九年の事である。 ――、それから百年後となる現代日本。 異能者を産む学園は世界各国のスパイ、犯罪組織が集い始めていた。 その無敵とも思われる異能の力を欲し、各国が謀略を企てる中、 日本は異能者の【捕獲】【保護】【管理】を目的とした組織をいち早く発足、 事件の発端となった【御影学園】にて異能者達による 【生徒会執行部】を設立。下部組織に、 【風紀】【清掃】【保健】【図書】を置き、 この現実世界の守りの要とした。 時は2020年、夏――、 過去に2度の異世界転移に巻き込まれ、二つの異世界を救い、二つの異能を授かった少女 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 そのチート能力と異世界を二度も救った功績を買われ、異世界転移者を救出する部隊、 【図書委員】へと所属し、仲間と共に救助活動を行っていた。 同じく、過去に異世界を救った少女、 『獣神の英雄』と唄われる少女、皇之火色《きみのひいろ》こと『ヒロ』 『マッドピーシー』と恐れられる名を捨てた少女『ピーシー』 三人の乙女達は、今日も世界を護るため、 現実と異世界を行ったり来たりの日々を過ごしていた。 然しそんな彼女たちも女の子、想う所は一夏の想いで 巡る季節に募らせるは――、恋心。 この夏、ついに意中の彼への『告白』を決意したメクルでしたが……。 現実世界へと現れた『死者蘇生』の能力者を巡り、事件は思わぬ方向へ――。 チートとは卑怯者 可愛い乙女達による、全ての世界《げんじつ》を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、スタンプ、ポイント、大変に励みになっております。ありがとうございます。 なろうでも、同時更新 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る