恋愛/ラブコメ 長編 完結済

読書キャンペーン開催中!

人魚の春川さんは×××をご所望です

作者からの一言コメント

彼がいちばん望んでいるもの。それは――

読了目安時間:2時間2分

総エピソード数:32話

人魚の春川さんは×××をご所望ですの表紙

「不本意かもしれないけど、俺と結婚しよう、秋野さん」 代々女性社長を有し、女性向けの経営戦略で他の追随を許さないグループ企業・株式会社miumi《ミウミ》 社長一家は女系家族で、80年ぶりに生まれた男・春川覚人《さひと》さんは美形で高学歴、仕事のデキるモテ男子。 ところが、春川家の人々には大きな秘密があった。 その秘密のせいで、恋人ができてもすべてを明かすことのできない春川さん。今日も彼女のいない独身生活。 実はひそかに想う相手がいるけれど、彼女は恋愛に興味がないらしい。好きな人にモテないなら、モテたところでむなしいだけ。 一方、miumiの開発研究部で働く秋野七菜子《ななこ》さん。 服装もメイクもばっちりだけど、心は冬枯れている。 それというのも男運がすこぶる悪く、友人たちからは「ヘンタイホイホイ」と呼ばれる始末。 だったら一生ひとりのほうが幸せだと悟りを開き、仕事に邁進する日々。 研究大好き、リケジョの血がうなる! ある日、同期の飲み会で酔ったふたりはそういう関係になってしまう。 ところが、これは一夜の過ちでは終わらない。終われない。 とある秘密を知った秋野さんは、春川さんからプロポーズされて―― 恋愛戦線から離脱していた秋野さんは、春川さんと結婚するのか? そもそもこんな理由で結婚していいのか!? さらに春川さんが夢見る×××とは―― ------------------------------------------------------------------------ 【乙女チックコミック原作恋愛小説コンテスト最優秀賞受賞】 コンテスト用書き下ろし。 2021.09.10に当該コンテスト結果発表。最優秀賞を受賞しました。 読んでくださった皆さまに心から感謝を。 ※春川さんの秘密については、タイトルバレですみません ∇Special thanks to Huyuko Aoi (Illustrator)

総エピソード数:32話

作品情報

作品名 人魚の春川さんは×××をご所望です
作者名 麻生ミカリ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 乙女チック原作コン 人魚(男性) 現代日本 ノベプラオンリー R15 ハッピーエンド オフィスラブ 結婚
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2021年5月27日 10時21分
最終投稿日 2021年5月31日 20時00分
完結日 2021年5月31日 20時02分
文字数 60,991文字
読了目安時間 2時間2分
総エピソード数 32話
ブックマーク登録 17件
コメント 30件
スタンプ 157件
ビビッと 1件
応援ポイント 73,500pt
ノベラポイント 375pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 孤高の天才役者にして、学校一の美少女。俺はそんな彼女と、秘密の『恋人ごっこ』をしている―― 橋本蒼(ハシモトアオ)の通う高校に、かつて天才子役と称され一世を風靡した『青木瑠依(アオキルイ)』が転校して来た。 芸能界を引退しまだ日の浅い彼女に学校中の注目が集まるなか、瑠依は廃部寸前の演劇部へ入部することに。 「演じてみたい役があるの。恋するヒロイン」 恋愛作品に出たことが無く憧れを抱いていた瑠依は、唯一の演劇部員である蒼へ『彼女』役の演技指導をして欲しいと頼む。 降って湧いたような奇跡の展開に、蒼は戸惑いつつも瑠依との『恋人ごっこ』を受け入れるのだが……。 「あの……てっ、手を、繋ぎたいのだけれど……っ!?」 (下手すぎる……) 定評だったクールでミステリアスな雰囲気が、なぜか蒼と一緒にいると台無しになってしまう瑠依。 幼少期から仕事一筋。恋愛経験ゼロの瑠依をいつの間にか本気にさせてしまったことに、彼だけが気付いていなかった。 ヒロインになりたい少女と、道化しか演じられない少年。 嘘とアドリブに塗れた恋人ごっこの行方は。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:34分

    この作品を読む

  • やぶ医者の女房 〜あたしの正体が妖狐だと知られたら、離縁されてしまうでしょうか〜

    妖狐とやぶ医者の純愛もの

    107,100

    2,124


    2022年5月21日更新

    お葉さんの亭主・良庵はやぶ医者である。 それはもう、やぶ医者の中のやぶ医者と呼ばれる程にひどい野巫《やぶ》医者。 野巫医者とは、呪《まじな》いなんかで怪我や病気を治そうという怪しい医者の事。 けれど、お葉さんがお嫁に来てからというもの、どうもその評判に変化が見え始め、町の人もちらほらと、良庵の描く呪符を欲しがり訪れてくれる様に。 それというのも、良庵の女房・お葉さんは、実は上位の妖魔である妖狐だったのです。 その尾は六本、なんと六尾の妖狐。 お葉さんは効かない呪符を今日も効く呪符へと、せっせせっせと不思議な力を使います。 いつか自分の正体が知られやしないかとドキドキしながら日々を送る、お葉さんこと六尾の妖狐のお話。 ◇◇◇◇ 水曜と土曜の朝、週二回更新でのんびりやっていこうと思います。 良かったらちょこちょこ覗いてやってくださいませ。

    読了目安時間:4時間12分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る