現代/その他ファンタジー 長編 連載中

最底辺であがく僕は、異世界で希望に出会う~自分だけゲームのような異世界に行けるようになったので、レベルを上げて、みんなを見返します

作者からの一言コメント

最底辺から最強目指しても良いですか?

流星雨が降り注いだ夜、モンスターが徘徊するダンジョンが、世界中に出現した。 平和な日々は終わりを告げ、ダンジョンに潜り、モンスターを狩る事は、人々の義務となった。 最低ランクの能力しか持たない僕は、馬鹿にされながらも、強者の荷物持ちとして、ダンジョンに潜る日々を送っていた。 希望も何も無いそんな日々は、偶然手にした一枚の紙によって、終わりを告げた。 これは、最弱だった僕が、最強を超えて、二つの世界を救うまでの物語。 イラストは、ココナラのちろりるら様に描いて頂きました。 小説家になろう、アルファポリス、カクヨムでも公開中

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 最底辺であがく僕は、異世界で希望に出会う~自分だけゲームのような異世界に行けるようになったので、レベルを上げて、みんなを見返します
作者名 風の吹くまま気の向くまま
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ やがて最強主人公 男主人公 エルフ 現代日本 異世界 転生/転移 チート ハーレム? 行ったり来たり レベルアップ ご都合主義 ざまぁ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年5月16日 22時35分
最終投稿日 2020年10月28日 10時56分
文字数 678,920文字
ブックマーク登録 27件
コメント 5件
スタンプ 230件
ビビッと 0件
応援ポイント 84,300pt
ノベラポイント 110pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 全てを許して忘れることが幸せなのだろうか

    ♡13,500

    〇110

    現代/その他ファンタジー・連載中・28話・27,041字 松宮 奏

    2020年10月28日更新

    両親を洪水。祖父母を地震。妹を雷。 幼少期の頃、災害により、肉親を全て亡くしたデスパイア王国のバキュラ王は、万物憎み、神を恨んだ。 朝になれば日が差し、夜になれば月が出る。雲が空を覆えば雨が降り、地盤が割れれば地面が揺れる。 望んでもいないのに勝手に与えられ、時に理不尽に奪われる。そんな生まれた時から疑問を抱いたバキュラ王。 王として暴虐の限りを尽くし、災害や自然といった人間の人智を超えた存在ーーすなわち『神』と民から崇められる存在になることで、万物の神々を討つことを生涯の目標としていた。 一方、傍若無人な王ーーバキュラの暴君により、故郷と最愛の母を奪われたルキア。ルキアもまた神として人々から崇められている『バキュラ』という存在に疑問を抱き、復讐を誓う。 剣の腕を磨き、憎きバキュラ王のいる王都の兵士として働きながらチャンスを伺っていた。 十六夜の月が絢爛と輝く空の下で対峙したバキュラとルキア。 バキュラはルキアを見つめて口を開く。 「人間は神々が手にしていない物を一つだけ持っている」 復讐の連鎖の渦の中で生きる人々の物語の結末やいかに。

  • 慣習が正しいとは限らない。

    ♡300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・17話・42,325字 daidroid

    2020年10月28日更新

    焔神柚香は死んだーそして、ある女神により復活した。 救われた事を機に自らの一族に纏わる真実を知り彼女は独自の動き、一族纏わる真実と因縁にケリをつけるべく女神から託された蒼い槍を振る。 2020年10月13日 06:47 更新