今日も自由な世界はなにかと騒々しい~古池商事第二営業部仮想現実対策室(仮)~

ある意味で運命の出会い

「ねえ、ちょっといいかしら。 武器を扱っているお店を、あなたはご存じ?」 「は、はい! その先の角を左に曲がると、矛盾屋っていうプレイヤーが店を開いていますよ」 「そう、助かったわ。 ありがとう」  中身が男だと気付かれないよう、気をつけてしゃべっているつもりの幸男。  しかし反対にその言葉遣いは、物凄くあやしい。  だが話しかけられたプレイヤーの方は、妻の姿に見惚れてそのことに気付いてない様子である。  教えてもらった通りに進むと、5分ほどで矛盾屋の看板が掲げられた店に無事辿り着いた。 「ごめんください」  恐る恐る中に入ると、幸男の他に5~6人のプレイヤーが商品を物色している。  店内には剣と杖、槍に弓も置かれていたが、幸男が求める武器は無い。  幸男は奥のカウンターに座っている、仏頂面のプレイヤーに話しかけた。 「ねえ、あなたがここの店主さん?」 「そうだが……なにか用かい?」 「ここには、銃は置いてないの?」  幸男の問いかけに店主はもちろん、近くにいたプレイヤーも笑い始める。 「おいおい、この剣と魔法の世界に銃なんて代物があるわけ無ぇだろ! 顔がいくら美人でも、素人丸出しじゃ笑われるだけだぜ」 「お姉さん。 僕で良ければ、他の武器を手取り足取り教えてさしあげますよ」 「無いのでしたら結構、他をあたります」  その後も色々なプレイヤーに声をかけながら、幾つかの店を回ったものの銃を置く店は存在しなかった。 (そういえばたしか、自分だけのオリジナル武器も作れるって言ってたな。 無いのならば、自分で銃を作ってみるのもアリか)  幸男はまず始めに、簡単な鍛冶スキルと攻撃魔法スキルを取得する。  街の中の練習場でスキルアップを繰り返し、最下級の炸裂魔法を会得すると、今度は補助魔法を覚え始めた。  そしてプレイ開始からわずか3時間、幸男は銃の試作品を完成させてしまう。 (火薬の代わりに炸裂魔法、銃身は補助魔法で強化すれば発射の衝撃にも耐えられるはずだ。 考えが正しければ、これで弾が飛ぶはず)  安全地帯を抜けて、人目のつかないエリアで幸男は銃の試し撃ちをしてみた。  彼の計算上では銃の暴発が起きる確率は限りなく低い、引き金を引くと乾いた音がして10mほど先の木の幹に小さな穴が空く。  銃身にも異常は無く、試し撃ちは無事に成功した。 「それでは私だけの、オリジナル武器の製作をはじめよう」  こうして、本格的な武器の製作が始まったのである……。 「……ふぁ~」 「朝からあくびをするなんて、パパにしては珍しいわね。 夜更かしでもしたの?」 「あ、ああ。 ちょっと大事な仕事を思い出してね、寝るのが遅くなってしまった」 「ふ~ん。 パパもいつまでも若くないんだから、無理はしないでね」  娘の問いかけに思わず嘘をついてしまった幸男、その訳は……。 (娘にはさすがに言えん。 銃の製作に夢中になるあまり、寝たのが深夜3時だったなんて……)  凝り性な性格の幸男は娘に近づく悪い虫を確実に退治出来るよう、銃のカタログを片手に実銃を上回るスペックのオリジナル武器を作ろうとしていた。  ベースに選んだのはバレットM82、大口径の対物狙撃銃である。 (炸裂魔法と補助魔法による二段加速、空気抵抗の軽減に弾丸と銃身の耐久強化。 これだけやっておけば、きっと実用に耐える性能を発揮するに違いない)  ほとんどのプレイヤーは、オリジナル武器を自作しようとは考えていなかった。  それに費やす時間があるのなら、より多く狩って金を稼ぐ方が早いからである。  しかし幸男の場合は違った、娘に近づこうとする悪い虫を退治するのが彼の目的。 (どうせなら昼夜兼用のスコープも取り付けてみよう、弾も徹甲弾やダムダム弾など各種用意して……。 射程も倍にしたいものだ)  そんなことをやっているうちに、気付けば時計の針は3時を回っていた。  初日からここまでやってしまうプレイヤーは他に居ない、そして翌日ある意味運命の出会いは起きた。  その日、第二営業部内にかつてない激震が走る。  部長の丸林が、仕事中にも関わらず居眠りをしているのだ。 「部長、どこか体調でも悪いのですか?」  部下の1人、菅田幸夫(かんだゆきお)が皆を代表して話しかける。 「……あっ、すまない。 私としたことが、つい居眠りを。 問題は無いから、すぐに業務に戻るように」 「……はい」  言われたとおり席へと戻る菅田、しかし1時間もしないうちに丸林はまた居眠りを始めてしまう。 (これはきっと、何か重大なプロジェクトを始めようとしているに違いない)  ゲームで夜更かししたとは知らない部下達は、担当している仕事を大急ぎで片付け始めた。  部長が睡眠時間を削って準備する案件、その規模に見合うだけの人員がきっと必要となるはず。  勘違いした部下のおかげで、今月の営業成績もトップが確定したのである……。  帰宅して夕食を済ませた幸男はカラスの行水のように風呂に入ると、昨夜の続きをする為ゲームにログインした。  射程距離の調整をするため、今日は街の東側にある広い平原へと向かう。  周囲を見渡せる低い丘の上に到着したサチは、早速銃のセッティングを始めた。  オリジナル銃の名前は、バレットM(マジカル)82。  モデルにした銃の名前そのままの気もするが、作った本人は真剣だ。  銃架と特製のスコープを取り付け、射撃体勢を取る。  丁度良さそうな獲物を探していると、巨大な怪物に追われている女性プレイヤーを発見した。 「きゃあああっ! ちょっと、もういい加減追いかけてくるのは止めて!」 「グォオオオオオッ!」  逃げられないと判断したのか、その女性プレイヤーは剣を鞘から抜いて対峙する。 果敢にモンスターに攻撃をしかけたが、装備していた剣はモンスターの硬い皮膚を斬ることすら出来ずに折れてしまった。 「きゃっ!?」 (あぶない!)  サチはとっさにモンスターの頭部に照準を合わせる。  そして引き金を引くと、まるでビームライフルを撃ったかのような軌跡を残して、モンスターの頭部に着弾。  モンスターの頭は粉々に吹き飛び、その後本体もバラバラに砕け散るエフェクトを起こして消え去った……。 「な、なにこれ。 モンスターがいきなり死んだんだけど!?」 「ふぅっ! どうやら間に合ったみたいだな」  サチは安堵のあまり、地が出ていることに気付かない。 【ユニークモンスター ジャイアントオーガをたおしました】 【サチは経験値100 ユキは経験値50を手に入れました】 【サチはレアアイテム オーガの首飾り を手に入れました】 (ユキ?)  どうやら、助けた女性プレイヤーのキャラネームらしい。  おそらく相手にも助けた自分の名が、知らされているはず。  サチは銃を専用ケースに入れると、呆然としているユキに近づいた。 「そこのあなた、大丈夫だった?」 「えっ!? あっ、はい、大丈夫です。 もしかして……あなたがサチさんですか?」 「そうよ。 それにしても、あなた1人であんな怪物と戦おうとするなんて無茶よ」  優しく注意すると、ユキは頭をかきながら笑って答える。 「実はうっかりあのモンスターのリンク範囲に入ってしまいまして、追いかけられていたんです」 「それは見たからわかるわ」  サチは溜息を吐いた、この調子ではいつまた危ない目に遭うか分からない。 「あなた、一緒にプレイされるご友人とかおりますの?」 「い、いやぁ、残念だけど一緒にする人は居ないかなぁ……」  急に口調がおかしくなるユキ、サチの顔を興味深そうに見ているようにも思える。 「私も昨日から、このゲームを始めたの。 だから私とパーティーでも組まない? 1人でやるよりも、2人の方がきっと楽しいわ」 「誘ってもらえるのは有り難いですけど、本当にわたしなんかでいいんですか?」 「これもきっと何かの縁よ。 明日もこのくらいの時間にログインするから、一緒に楽しみましょう」  フレンド登録を済ませたサチは、明日に備えて早めにログアウトした。  2日連続で仕事中に居眠りするのは、プライドが許さないからである。 「そういえば、彼女の時間の都合を聞くのを忘れていたな。 まあ何か不都合が有るのなら、彼女の方から連絡が来るだろう。 それはそうと……」  幸男はスマホを取り出すと、会員ページにアクセスした。  目的は決済方法の変更。 「私から誘っておいて、娘の確認だけして去るのは失礼な話だ。 自動引き落としにして、しばらくプレイしてみよう」  なんだかんだいって、このゲームにハマりつつある幸男であった……。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 全てを失った英雄を巡る、奇妙な運命。

    ♡11,200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・24話・80,767字 ジャバウォック

    2021年1月16日更新

    飛行船により、浮遊大陸から人々が空へ駆け出して二世紀以上。 空中連合都市“バラクシア”の首都、工業都市“レガリス”はバラクシア国内で勃発した奴隷制度を巡る浄化戦争を乗り越え、奴隷制度を存続させる事に成功していた。 黒羽の団と呼ばれる抵抗軍の撲滅と奴隷制度の推進を掲げ、レガリスの帝王と帝国軍による帝国は益々隆盛を極めていく。 そんな中、“レガリス”において全てを失った男が居た。

  • 正しく生きるための戦い方

    ♡5,900

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・61話・251,342字 霜月みさき

    2021年1月16日更新

    「いいか、お前の力は何かを守る力だ。何かを奪ったり誰かを傷つけたりする力じゃ決してない」 この世界の人間は、炎や雷などの能力を生まれながらに持つ。 そんな世界で自分が異世界である日本という国の女子高生だったことを思い出した少女の人生は一変していく。 記憶と共に出現した少女の能力である「青い炎」はこの世界では禁忌の能力とされ恐れられ、かつてとある国のとある女王が最強の名を欲しいままにしていた能力だった。 月日は経ち、絶滅したはずの魔族の襲撃で大切な育ての親を失った少女は魔族への敵討ちを誓い騎士団に入団する。 しかし、禁忌の能力「青い炎」の使用を禁止された少女は仕方なく剣の腕を磨きながら魔族を倒すために任務をこなすことになる。 思い出した記憶の自分も今の自分も変わらないことが1つだけある。 「助けてと言われたら絶対に助ける」 それが自分の命を削ることになったとしても。 自分が本当は誰なのか、どこからきたのか分からなくても生き方はずっと変わらない。 大切な人との約束をずっと守り続けるだけだ。 そんな少女…井神みぃが世界を変えてしまうまでの話。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 陰謀マシマシのバディものサスペンス

    ♡0

    〇0

    SF・連載中・4話・20,042字 かんばやしいずひさ

    2021年1月17日更新

    【 あらすじ 】 19年前、世界大戦の最中に突如地球を襲った電磁波災害は、人類に電気の使用を封じ、科学技術の発展を大いに遅らせた。いつしかそれは〈天の火〉と呼ばれるようになり、科学者や宗教家が様々な解釈を試み続けているけれども、未だ原因も対策も解き明かされないままだった。 茨野商会の副主任エアロンは、行方不明になったエルブール町長の捜索と町に現れた不審な集団を調査するよう依頼を受ける。調べを進めるうち、彼らが見たこともない装置を用い、翌朝何かを実行しようとしていることを突き止めた。そして、事件を追うエアロンの前に謎の少女が立ちはだかる。 「あたしの名前はメルジューヌ。あたしはあなたに、殺されに来たの」 彼女はこれから彼らが巻き込まれる悲劇の幕開けを告げる。 白の神官を巡るヴァチカン教会の闇。その背後に潜む研究所の存在とは。 小さな町から始まった事件はやがて世界を巻き込む陰謀へと繋がっていく。 【 コメント 】 遥か昔に書いていた短編シリーズを長編化リメイクしました。 がっつり長編全10話+番外1話。完結までは既に書き上げているので、ちまちま更新していくつもりです。 ジャンルは該当するものがわからなかったので、サイエンス要素はほぼファンタジーですが… 実際はアクションもりもり陰謀マシマシのバディものサスペンスです。 このお話が誰かの目に留まり、ほんの一時でも楽しみを提供できますように。 ※実在の人名、国家、団体、宗教とは一切関係はありません。また、なにものをも貶める意図はありません。 ※pixivでも公開中です。

  • 初作品なので拙いですがよろしくです♪

    ♡100

    〇0

    SF・連載中・16話・46,675字 susanowa

    2021年1月17日更新

    俺の名前は鋤灼(スキヤキ)。うまそうな名前ってよく言われる。 通称”ゲーマー特区”で、特別講座”VRエンジン概論”を受講中の高校生だ。 「鋤灼君、クエスト行きまぁしょぉう!(謎の美人講師/子供声)」 「ちょっと、鋤灼、アンタいつになったら、クライアントインストールするのよ(謎の男前系美少女)!」 「おう、鋤灼ホントだぜ。そろそろパーティー組もうぜー(すっげーイケメンの旧友)」 ハイテク満載ゲーマー特区の日常。突然襲ってくる謎の美少女&小鳥。謎の地下都市空間、謎のフルダイブRPG。そして――謎の宇宙服。 ※構想は2015年7月21日 10:02投稿のWEB漫画から。初投稿はシンゴジまえの2016年2月25日 07:20から。