今日も自由な世界はなにかと騒々しい~古池商事第二営業部仮想現実対策室(仮)~

サチが生まれた日

『部長、距離およそ1500。 まもなく射程内です』  インカム型の無線機に相棒からの連絡が入る、20代前半の若い女性の声だ。 「ユキ、今の私は部長ではなくてサチ。 それと2人でコンビを組む際は、私のことは【お姉さま】と呼びなさいと言ってるでしょ。 ほんとうに困った子ね」  色香ただよう大人の女性の声で、やさしく注意するサチ。  すると2人の会話にまだあどけなさの残る、少年の声が割って入る。 『ちょっとパパ! 娘の前で、その口調で話すのはやめてもらえる? それから幸夫さんを、ユキと呼ぶのもNGだから』 「久美、今のアナタはタクミよ。 もっと男らしくしゃべりなさい」  今は少年を演じている娘に、こちらの世界での暗黙のルールを教えるサチ。  すると(むすこ?)のタクミの大声が、無線機のスピーカー越しに響き渡る。 『パパと幸夫さんが女性キャラを使うのも変だし、私まで男性キャラを使わせる必要が本当にあるの!? ネカマコンビは、早くこのゲームから引退しちゃえ!!』  タクミの機嫌をどうやって直すべきか、頭を悩ませるサチ。  彼女()の本当の名前は丸林幸男(まるばやしさちお)、45才。  ユキこと菅田幸夫(かんだゆきお)の上司であり、古池商事の第二営業部部長である……。 「菅田くん。 11時に1人で、第三会議室に来てもらえないか? 少し話がある」 「は、はい。 わかりました……」  出勤早々上司に呼ばれた幸夫は、周囲の同僚達から哀れみの眼差しを向けられた。 部長の丸林 幸男は異例のスピードで部長まで昇進した辣腕で、1人娘の久美以外には非常にきびしい男である。  数分の遅刻も認めず、甘えや妥協も許さない。  徹底した情報管理で部下を掌握しているこの第二営業部は、古池(ふるいけ)商事で毎回トップの成績を収めており、【丸林帝国】の異名まで存在していた。 (部長から直接の呼び出し、別の部署に移動させられるかもしれない。 最悪の場合リストラ宣告の恐れも……)  そんな不安を抱きながら、幸夫は指定された時間に会議室の扉をノックする。 「……部長、菅田です」 「うむ、はいりたまえ」 「失礼します」  おそるおそる中に入ると、急に部長の幸男は外の廊下を見回すと扉に鍵をかけた。 「部長、どうかされたのですか?」  どこか挙動があやしい部長の態度を見て、幸夫は思わず質問してみる。  すると幸男は照れくさそうな顔で、こう答えた。 「う、うむ。 実は……娘がこのゲームを始めたみたいでね、心配だから様子を見に行こうと思うんだ」  そう言いながら懐からスマホを取り出して見せたのは、とあるVRMMOのCM。  そのタイトルの名は、自由世界~フリー・ワールド・オンライン~  キャラメイクの多様さや自由度の高さが売りの、最新VRMMOである。 「先日、君が他の者達とこのゲームの話をしていたのを思い出してね。 登録の仕方を私にも、くわしく教えてほしいんだ」 (いくら娘が可愛いからって、ここまでするか普通!? 心配して損したよ)  幸夫はユーザー登録やキャラメイクのやり方は教えたが、自分のプレイヤーネームなどは教えなかった。  のちに最初に教えておけば良かったと、死ぬほど後悔することとなる……。 「ほう、これがVRギアか。 まるでヘルメットだがこれさえあれば、娘を悪い道に誘おうとする輩を私の手で退治出来るのか」  幸男は帰りながら電器屋に立ち寄ると、フリー・ワールド・オンラインのプレイに必要なものをすべて買いそろえた。  VRギアとゲームパッケージに仮想通貨、このゲームは毎月一定金額を払う仕組みとなっており、1ヶ月から1年の単位で更新が可能である。 (とりあえず1ヶ月分だけ購入するか、余った分は安全を確認出来たら娘にあげても良いだろう)  これからわずか数日でカードの引き落としによる自動更新に切り替えるほど、このゲームにのめり込むとはさすがの彼も思わなかった。  ところが娘の久美はパッケージの購入を忘れており、まだゲームを始めていない。 「準備も出来たし、さっそくゲームを始めるとしよう」  幸男はVRギアを被ると、ダブルベッドの上で横になった。  1人で眠るには大きすぎるベッドの枕の傍らには、今は亡き妻利佳子の写真。  娘の久美がまだ小さい頃、妻は当時原因不明だった病に冒されこの世を去った。  その時からずっと彼は大切な娘を、男手1つで守り育て上げてきたのである。  ギアの電源をオンにして仮想世界へダイブすると、ゲームのメインオペレーターが幸男を出迎えてくれた。 『自由世界~フリー・ワールド・オンライン~へようこそ、まず最初にプレイヤーの性別とキャラネームを決めてください』 「性別は男性だけじゃないのか?」 『いいえ、こちらでは好きな性別でプレイすることが可能です。 男性が女性に女性も男性に性別を変えてプレイされており、この自由な世界を楽しんでおります』 (これはいかん。 性別を偽って娘に近づく輩が出るかもしれない、それとなく娘を諭せるように私も女性を選ぶとしよう)  娘に性別を偽る必要などない筈だが、何故か幸男はこのとき女性を選んでしまう。 「性別は女性で名前は……そうだな、私の名前が幸男だからサチ。 サチにしよう」 『キャラネームはサチ、性別は女性でよろしいですか?』 「ああ、それで頼む」  キャラ作成が承認され、プレイヤー・サチが誕生した。 『無事プレイヤー・サチが誕生しました、次にサチの容姿を決めてください。 ギアの外部カメラを使って、写真を取り込むことも出来ます』 「そんなことまで出来るのか!? では枕元に置いてある写真から、妻の姿を取り込むことも可能か?」 『それでは外部カメラ映像をリンクさせますので、取り込む写真を選んでください』  操作にとまどいながらも、亡き妻の写真を取り込ませる幸男。  画像解析の結果作り出されたその姿は、生きていた頃の妻とそっくりだった。 『これでよろしいですか?』 「もちろんだ、まるで死んだ妻が甦ったかのようだ」  妻そっくりの外見に思わず涙ぐむ幸男、自分がその姿でプレイすることに気付いていない……。 『それではキャラクターも無事完成しましたので、始まりの街アレムに転送します。  ここから先、あなたには無限の未来が広がっています。 剣で戦うもよし、魔法で戦うもよし、自分だけのオリジナルの武器だって作れます。 また鍛冶屋や魔法具屋など、職人に徹するプレイも可能。 あなただけの特別な自由をお楽しみ下さい』  オペレーターの案内が終わると、幸男はアレムに転送された。  試しに頬を指でつねってみる、痛みまで本物に近い。 「なるほど、ここがアレムという街か。 思った以上に人も多いな」  周りを物珍しそうに眺めていると、周囲のプレイヤーの視線が自分に集まっていることに気が付いた。 「どうかしたのかね? 私の顔をジロジロと見て」 「い、いえ、なんでも、なんでもありませ~ん!」  幸男の問いかけに、顔を真っ赤にしながら走り去るプレイヤー。  さすがに変に思った幸男は、近くにあった噴水で自分の姿を確認する。 「な、なんじゃこりゃあ!?」  ようやく自分が妻の姿をしていることに、幸男は気が付いた。  困惑したものの娘の久美を見つける方が先決、幸男(サチ)は周囲の男達の視線を集めながら街の散策を始めたのである。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幻想的な一夜を覗いてみませんか?

    ♡60,900

    〇10,670

    童話/絵本/その他・完結済・2話・6,132字 丹羽 すず

    2020年10月20日更新

    私が出会ったのは、夜を仕立てる魔法使いだった

  • ★1/16更新『漫画を読む様に小説を』

    ♡425,950

    〇20,570

    現代/その他ファンタジー・連載中・21話・50,592字 degirock

    2021年1月16日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!!★ ☆みんなを笑わせたいのだ!!!☆ ◤◢◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢ 右上の『最新話を読む』ボタンで案内される話は最新話ではありません! お手数ですが、目次を下って頂き、【★NEW★】と冒頭に打ってあるタイトルをご覧下さい(・∀・) ==================== 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== イラストで戦う相棒:とうま (https://twitter.com/ZqAiZkftprcAKcp)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 陰謀マシマシのバディものサスペンス

    ♡0

    〇0

    SF・連載中・4話・20,042字 かんばやしいずひさ

    2021年1月17日更新

    【 あらすじ 】 19年前、世界大戦の最中に突如地球を襲った電磁波災害は、人類に電気の使用を封じ、科学技術の発展を大いに遅らせた。いつしかそれは〈天の火〉と呼ばれるようになり、科学者や宗教家が様々な解釈を試み続けているけれども、未だ原因も対策も解き明かされないままだった。 茨野商会の副主任エアロンは、行方不明になったエルブール町長の捜索と町に現れた不審な集団を調査するよう依頼を受ける。調べを進めるうち、彼らが見たこともない装置を用い、翌朝何かを実行しようとしていることを突き止めた。そして、事件を追うエアロンの前に謎の少女が立ちはだかる。 「あたしの名前はメルジューヌ。あたしはあなたに、殺されに来たの」 彼女はこれから彼らが巻き込まれる悲劇の幕開けを告げる。 白の神官を巡るヴァチカン教会の闇。その背後に潜む研究所の存在とは。 小さな町から始まった事件はやがて世界を巻き込む陰謀へと繋がっていく。 【 コメント 】 遥か昔に書いていた短編シリーズを長編化リメイクしました。 がっつり長編全10話+番外1話。完結までは既に書き上げているので、ちまちま更新していくつもりです。 ジャンルは該当するものがわからなかったので、サイエンス要素はほぼファンタジーですが… 実際はアクションもりもり陰謀マシマシのバディものサスペンスです。 このお話が誰かの目に留まり、ほんの一時でも楽しみを提供できますように。 ※実在の人名、国家、団体、宗教とは一切関係はありません。また、なにものをも貶める意図はありません。 ※pixivでも公開中です。

  • 初作品なので拙いですがよろしくです♪

    ♡100

    〇0

    SF・連載中・16話・46,675字 susanowa

    2021年1月17日更新

    俺の名前は鋤灼(スキヤキ)。うまそうな名前ってよく言われる。 通称”ゲーマー特区”で、特別講座”VRエンジン概論”を受講中の高校生だ。 「鋤灼君、クエスト行きまぁしょぉう!(謎の美人講師/子供声)」 「ちょっと、鋤灼、アンタいつになったら、クライアントインストールするのよ(謎の男前系美少女)!」 「おう、鋤灼ホントだぜ。そろそろパーティー組もうぜー(すっげーイケメンの旧友)」 ハイテク満載ゲーマー特区の日常。突然襲ってくる謎の美少女&小鳥。謎の地下都市空間、謎のフルダイブRPG。そして――謎の宇宙服。 ※構想は2015年7月21日 10:02投稿のWEB漫画から。初投稿はシンゴジまえの2016年2月25日 07:20から。