連載中 長編

マキナリー・ワン〜ヒーロー志望の俺がサイボーグに転生したら〜

作者からの一言コメント

剣と魔法と機械の世界でヒーロー爆誕!

就活生・辰巳シュウイチは、「ヒーロー」に対する憧れが人一倍強い男である。だが、正直者である一方で世渡りが苦手な彼は、面接で失敗する日々を過ごしていた。 そんなある日、トラックから子供を助けようとしたシュウイチは代わりに撥ねられ、死んでしまった。 ……そのはずだった。 そことは異なる世界に存在する帝国が開発していた魔動兵器「マキナリー」。辰巳シュウイチの魂はその1号機を新たな肉体として転生したのだった! 生まれ変わったシュウイチを「マキナリー・ワン」と呼び、最強の兵器として利用しようと目論む研究者たち。 彼らの手から逃れる途中で同じく研究所に囚われていたアルラウネの少女・リリーナを助け無事に研究所から脱出したシュウイチは、自らが手にした力で今度こそ「ヒーロー」を目指すことを決意する! 剣も魔法もロボットもなんでも有りな異世界に今、一人のヒーローが誕生した! ※序盤は、チート級の力を手にした主人公が前世とのギャップに苦悩する展開が続きます。この作品は、そこから成長して誰もが認める「ヒーロー」になるまでの物語です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 マキナリー・ワン〜ヒーロー志望の俺がサイボーグに転生したら〜
作者名 藤咲悠多
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル 男主人公 ロボット 転生/転移 異能 サイバーパンク 西洋風 シリアス 人外 アルラウネ サイボーグ 変身ヒーロー ノベプラオンリー
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年4月13日 20時30分
最終投稿日 2020年6月28日 17時37分
文字数 26,055文字
ブックマーク登録 7件
コメント/スタンプ 3件
応援ポイント 10,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ストーリー本編です。

    ♡12,400

    〇350

    SF・連載中・49話 一期一衛

    2020年7月5日更新

    異なる世界線に女子高生秋山世里凪(あきやませりな)として前世の令和から記憶を残したまま転生してきた、50のおっさんナオヤは同じ境遇の桐生真矢(きりゅうまや)とともに、特殊転生者を抹殺しようと目論む『あちら側の連中』に対し、否応無く自衛のための戦いを開始する・・。

  • 短歌を載せていきます。

    ♡101,998

    〇1,730

    詩/短歌・連載中・12話 s.h.n

    2020年7月7日更新

    はじめまして、s.h.nと申します。 今年の3月より短歌を始めたのですが、 ほとんどがtwitterが初出となっており、不定期で更新しております。 @shnsongwriter こちらにはある程度まとめたものを不定期で載せさせていただきます。 現在はテーマを絞り寄せ集めた「連作短歌」と、 日頃の短歌や、返歌させていただいたものを集めた 「短歌・返歌集」の、二つの形で投稿させていただきます。 ご指摘、返歌などいただけるととても嬉しいです。 以上、お楽しみいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。m(_ _)m

    タグ:

    短歌

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 鋼の狗よ、荒れ狂え。

    ♡230,000

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・42話 ミノ

    2020年7月10日更新

    神話の時代、人類は巨神族によって支配された奴隷であり、家畜であった。 絶対支配のくびきから自由を求めて反乱を起こした人類は、想像を絶する死闘の時代を経て、巨神族を打倒。 そして偉大なる”汎人類帝国”を打ち立てる。 ――時は流れ、数百年。 帝国の秩序を脅やかす異端勢力を排除するために作られた特務組織のことを、人は”ハガネイヌ”と呼んだ……。 ハガネイヌの一員、ヴァイはメイスを振るう戦士である。 錬金術師連続誘拐事件の捜査を命じられ、 エルフの錬金術師リノンを護るために派遣されたヴァイだったが、犯人の動きは早く……。 TRPGのプレイ感覚を意識したハイファンタジーポリスアクションです。 表紙絵および挿絵はハクア様 @shironamihakua に依頼したものです。感謝!

  • 今度こそ、充実した幸せな人生にするため。

    ♡2,900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・13話 都神 樹

    2020年7月10日更新

    カペル村で神童と呼ばれている少年――ヤクトが、十五歳を迎えた。 そんなヤクトには秘密があった。それは別の世界の日本という国で過ごした前世の記憶があること。 しかしその前世では、不治の病に罹り、人生の半分以上を病院で過ごし、十九歳で死んでしまった、というものだった。 だからこそヤクトは、今世こそ充実した人生にする、と心に決めていた。しかし、そんな望みは打ち砕かれる。今度は妹が不治の病に罹ってしまった。 妹の病を治す方法を見つけるため村を出ることを決意したヤクトは、その旅で様々な苦難を乗り越えながら奔走し、気が付けば世界最強へと至っていた。 空虚な前世の記憶を持つ少年が、在り来りだけど確かに充実している、そんな幸せを掴むために奔走する英雄譚が、幕を開ける。 ※主人公が最強の片鱗を見せるのは、二章終盤(二十話前後)からです。 ※毎日投稿します。 ※本作品は小説家になろう様でも投稿しています。