異世界ファンタジー 長編 連載中

俺のハクスラ異世界冒険記は、ドタバタなのにスローライフ過ぎてストーリーに脈略が乏しいです。

作者からの一言コメント

楽しく読んで貰えたら幸いです。

読了目安時間:39時間27分

総エピソード数:381話

ハクスラ異世界×ソロ冒険×ハーレム禁止×変態パラダイス×脱線大暴走ストーリー=前代未聞の地味な中毒性。 ⬛前書き⬛ この作品は、以前エブリスタのファンタジーカテゴリーで一年間ベスト10以内をうろちょろしていた完結作品を再投稿した作品です。 当時は一日一話以上を投稿するのが目標だったがために、ストーリーや設定に矛盾点が多かったので、それらを改変や改編して書き直した作品です。 完結した後に読者の方々から編集し直して新しく書き直してくれって声や、続編を希望される声が多かったので、もう一度新たに取り組もうと考えたわけです。 また、修整だけでは一度お読みになられた方々には詰まらないだろうからと思いまして、改変的な追加シナリオも入れています。 前作では完結するまで合計約166万文字で601話ありましたが、今回は切りが良いところで区切り直して、単行本サイズの約10万文字前後で第1章分と区切って編成しております。 そうなりますと、すべてを書き直しまして第17章分の改変改編となりますね。 まあ、それらの関係でだいぶ追筆が増えると考えられます。 おそらく改変改編が終わるころには166万文字を遥かに越える更に長い作品になることでしょう。 あと、前作の完結部も改編を考えておりますし、もしかしたら更にアスランの冒険を続行させるかも知れません。 前回だとアスランのレベルが50で物語が終わりましたが、当初の目標であるレベル100まで私も目指して見たいと思っております。 とりあえず何故急に完結したかと言いますと、ご存知の方々も居ると思いますが、私が目を病んでしまったのが原因だったのです。 とりあえずは両目の手術も終わって、一年ぐらいの治療の末にだいぶ落ち着いたので、今回の企画に取り掛かろうと思った次第です。 まあ、治療している間も、【ゴレてん】とか【箱庭の魔王様】などの作品をスローペースで書いては居たのですがねw なので、まだハクスラ異世界を読まれていない読者から、既に一度お読みになられた読者にも楽しんで頂けるように書き直して行きたいと思っております。 ですので是非にほど、再びハクスラ異世界をよろしくお願いいたします。 by、ヒィッツカラルド。

総エピソード数:381話

総エピソード数:381話

作品情報

作品名 俺のハクスラ異世界冒険記は、ドタバタなのにスローライフ過ぎてストーリーに脈略が乏しいです。
作者名 ヒィッツカラルド
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ハクスラ 異世界転生 ファンタジー コメディ バトル
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年1月1日 1時18分
最終投稿日 2023年2月5日 14時22分
完結日 -
文字数 1,183,574文字
読了目安時間 39時間27分
総エピソード数 381話
ブックマーク登録 10件
コメント 0件
スタンプ 63件
ビビッと 4件
応援ポイント 58,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • アーク・エクシーズ - 電弧と機軸 -

    招かざる災禍は夜明けを告ぐ

    7,300

    2


    2023年1月29日更新

    第陸世界(アスガルド)。 遙か上空に出現した『空の目』に突如人類は終焉を齎された。 然れど猶も暦は廻る。 人類絶滅から参世紀後、第漆世界(ワンス・ヒュイズ)である。 匣舟(アアク)に埋葬されて記憶を失った幽靈少女ソールと屍少年バンは、 眼を覚した処を謎の巨漢モリブデンに発見され、彼の邸へ匿われた。 其處は『陽龍の鄕(ドラコニア)』—— 新たな冀望を得たソールとバン。 その彼等の中で、不可思議な異能が目覚める。 ◆毎月第参日曜日更新 ◆「縦組み」推奨

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間5分

    この作品を読む

  • GAKU

    初めての投稿です。よろしくお願いします。

    14,900

    0


    2023年2月5日更新

    学校の帰り道を急いでいた主人公。いつもとは違う、近道である山道を帰っていると見に覚えのない寂れた神社があった。不思議に思い、急いでいながらも神社の鳥居をくぐる主人公。ここから物語は始まっていく。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間30分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る