完結済 長編

アフロデカ、ハワイへ行く! ~イタリアマフィアと金の美女~

作者からの一言コメント

シリアス・ギャグ混じりの刑事もの。

 女好きでアフロな国際捜査官、藻佐(もさ)打投椎(うっとうしい)。  世界を股にかけて事件に挑む彼が、次の仕事に指名された先は――常夏の楽園、ハワイ。  ガッツポーズを決め、喜び勇んで向かったその先で待ち受けていた仕事は、ハワイにいるイタリアマフィアの構成員を捕まえることだった――!  のんびりハワイで過激な事件。アフロデカ藻佐の仕事が幕を開ける! ※シリアスもあり、ギャグもありな、割ととんでも設定な刑事ものです。心の広い方にお読みいただけます。物語は丁寧故ゆったり進みますのであしからず。 ※それでも何かあれば作者迄どうぞ。 ※表紙絵は赤坂しぐれ様より頂きました!使用許可を頂きまして表紙絵にさせて頂いています。ありがとうございます!!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 アフロデカ、ハワイへ行く! ~イタリアマフィアと金の美女~
作者名 n00ne
ジャンル ミステリー
タグ ギャグ シリアス アクション/バトル 男主人公 警察 マフィア ハワイ
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年4月4日 17時56分
最終投稿日 2020年5月31日 19時30分
文字数 158,813文字
ブックマーク登録 39件
コメント/スタンプ 129件
応援ポイント 110,600pt
ノベラポイント 140pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ★総合月間1位感謝★ 小説×漫画の挑戦 

    ♡197,650

    〇5,490

    現代/その他ファンタジー・連載中・8話 degirock

    2020年6月29日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!! みんなを笑わせたいのだ!!!★ 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== この作品はノベプラオンリーではありません。 理由は、【小説寄りのスタイル】と【漫画寄りのスタイル】の両側面からの表現を試みている為です。 小説系としてはあたすことdegirockがここ、ノベプラに。 漫画系としてはイラスト担当のとうまがPixivに。 文字書きの物語と絵描きの物語、ご縁があればそのいずれもご覧頂ける事を切に願います。 Pixiv版については当方プロフ欄よりとうまのTwitterアカウントへ飛んで頂くか、Pixivでとうまを検索してください。

  • 雁のたよりまゐらせ候

    ♡58,500

    〇2,300

    エッセイ/評論/コラム・連載中・59話 夜霧醒客

    2020年7月3日更新

    #RTした人の小説を読みにいく という企画を安直でやったところ、100を越えるRTや依頼が来てしまい、引くに引けなくなってしまいました。 元々こういう批評レビューをやってみたかったので、いい機会と思い、来た作品を切捨て御免、マシュごめんする事にしました。 本作はTwitterの発言を加筆・改稿したものです。 妄言・戯言ご容赦。 ※注意※ 文字数の大小に基本的に差異はありません。誤差の範囲です。引用などすると長くなることがあるので、それで文字数が増えている事がありますが、別に贔屓しているというわけではありません。基本的にすべて目を通して評しております。 ※注意その2※ 読み切れないもの、如何にしても批評できないもの(一度やってしまいましたが宗教関係などでは当方の信条もあるのでスルーの可能性があります)、紹介してほしい作品をテンプレ的に送っているなどの理由で、選考から除外していることがあります。あまりに長い作品は読み切れないので、なるたけ短編にしてください。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 電脳世界が好きな”一般人”なのです。

    ♡400

    〇0

    ミステリー・連載中・58話 北きつね

    2020年7月4日更新

    簡単に自己紹介をしておこう。 俺は、高校生だ。確かに、親父に騙されて、会社の取締役社長をやっているが、俺だけしか・・・いや、幼馴染のユウキも社員になっていた・・・と思う。 俺の親父は、プログラマとしては一流なのだろうが、面倒なことはやらないとという変わり者だ。 そんな親父に小学生の頃から、プログラムやネットワークやハードウェアの事を叩き込まれてきた。俺が望んだと言っているが、覚えているわけがない。 俺が、パソコンやネットワークに詳しいと知った者からお願いという名の”命令”が届くことが多い。 プログラムを作ってくれとかなら、まだ話ができる。パソコンがほしいけど、何がいいくらいなら可愛く感じてしまう。パソコンが壊れた、辺りの話だと、正直何もできないことの方が多い。 嫌いな奴が居るからハッキングしてくれや、元カノのスマホに侵入してくれ・・・犯罪な依頼も多い。これは、”ふざけるな”断ることができるので気持ちが楽だ。それでも引き下がらない者も多い。その時には、金銭の要求をすると・・・次から話にも来なくなる。 でも、一番困るのは、”なんだだかわからないけど動かない”だ。俺は、プロでもなんでもない。 ただただ、パソコンが好きで、電脳世界が好きな”一般人”なのです。 そんな”一般人”の俺に、今日も依頼が入ってくる。

  • 個人的に初のホラーミステリー系

    ♡100

    〇0

    ミステリー・連載中・2話 よぞら

    2020年7月4日更新

    2014年(平成26年)5月7日、轟木町。とある県に位置するこの町は、最寄りの大型市街地からはそれなりに離れたところに位置しており、住人は千人ほどであった。この日、東京都内より一人の少年が、親に連れられて祖父母の住んでいた家がある轟木町を訪れた。少年の名前は、緑川修也。中学校に上がったばかりの13歳である。この日から一週間後の5月14日、この町特有のお祭りである「雛流し」と呼ばれるお祭りに参加するために轟木町を訪れたのだった。 ※不定期更新になります。